RSS

書評 『看る力 アガワ流介護入門』 阿川佐和子 大塚宣夫 認知症編

『看る力 アガワ流介護入門』阿川佐和子 大塚宣夫


ボケに対して、間違ったコミュニケーションをしていないでしょうか? 『看る力 アガワ流介護入門』から学ぶべきことがたくさんありました。



介護で避けて通れないのが認知症

  • 認知症は、ひと言でいえば記憶の障害
  • 自分の中に入ってきた新しい情報をうまく処理できなくなっている状態
  • 人間は過去の経験を記憶という形で残している
  • それと照合しながら、今起きていることに対してどう行動すべきか判断をする


  • 認知症は、その過去の記憶にうまくアクセスできない、あるいは即座につながらない
  • 記憶は全部なくなるわけではなく一部は残っているので、そこがややこしいところ
  • 少ない記憶をかき集めて情報を処理するので、普通の人とは違った行動になる


  • 目の前のことは見事に処理する
  • 囲碁や将棋が強かった人と対局すると、かなりの認知症であっても強い
  • 昔学習したことは、意外といつまでも頭に残る
  • 一方で、比較的新しいこと、ついさっきのことは忘れてしまう



認知症の対処法の基本

  • 赤ちゃん言葉は使わない
  • 最後の最後まで、きちんとした一人の大人として扱う
  • バカにしない、怒らない、とがめない
  • 本人がうまく処理できなくても非難しない
  • バカにされない、とがめられないという安心感を与えることが大事


  • まわりから見たら理屈に合わない発言や行動でも、本人にとっては、残った記憶と情報をもとに自分なりにベストの判断をくだし行動しているので整合性はある
  • 本人としては、怒られる意味がわからない
  • そこが私たちが最も理解しなければならないポイント



教育的な効果は、絶対期待してはいけない

  • 「いい加減に覚えてよ!」と怒っても、それは教育的指導なので、まったく効果はない
  • 何を言われても決して否定しないこと
  • 繰り返すだけでいい、同意しちゃえばいい



認知症の人は、体からにじみ出るような気持ちには極めて敏感

  • 前向きな気持ちは、相手が認知症でもしっかり伝わっている
  • どれくらい前向きな気持ちで接していたか、これによって患者さんの行動も決まる
  • 不穏な気持ちで接すれば、患者さんは落ち着かない
  • 認知症の人は、相手の感情がわかる



感情の記憶は、最後まで残る

  • 認知症の方は、言われたことは記憶できないけれど、相手が自分に対してどんな感情を持っていたか、怒りなのかイライラなのか愛なのか、そういうことだけは、きちんと記憶に残る
  • キツく接すると「この人は私に対して、いい感情をもってない」ということだけが残る
  • それを繰り返すと、その人に対する恐れや不信感だけがつのる
  • 介護する側の気持ちをフラットにしておかないと伝わってしまう
  • フラットが大事



状況判断力はある

  • ふだん一緒にいない人が来たらいいところを見せようとする
  • ちゃんと、つじつまが合うような話をする
  • その場を取り繕う能力もある
  • それが最大の誤解を生む原因



一人暮らしは老化防止の特効薬

  • 一人、あるいは高齢者同士の暮らしは、少々体調が悪くても自分で動かなければいけなくて、緊張感がある
  • 一見苛酷に思えるが、老化防止や認知症の進行を防ぐ特効薬でもある
  • 周囲の人間が、すべて手をさしのべたり、施設に入ると、そこまでの緊張感はなくなる
  • 結果として気力が落ちるし、体を動かさないから体力も低下する
  • 周りがよけいな世話をやくことで、結局何もできない存在にしてしまう
  • 周りの人が何かやってくれるとわかると、自分ではもう何もやらなくなる



本人が別に困ってなければそれでいい

  • かなり認知症が進んでも、ある程度のレベルを保つ生活は十分可能
  • 一人暮らしだと、お風呂はめったに入らない、部屋は汚いまま
  • きちんと生活できてないと心配
  • それは、周りが思う普通の生活、型にはまった暮らし
  • 本人が別に困ってなければそれでいい
  • ゼロとは言わないが、周りの人が思うほど危険なことは、まず起きない



ワンクッション入れる

  • 他人を絡ませたほうが、お互いにいい
  • 身内の世話こそ、他人に頼むほうが双方にとって幸せ
  • プロのスキルは違う、知識、経験、技術
  • 片手間では介護はできない
  • プロの立場からすると、体を起こす、位置を変える、食事の介助、排泄の世話、簡単そうに見えてすべてにコツがある
  • 素人が見よう見まねで「気持ちさえあればできる」みたいな感覚はもたない



介護後のことも考える

  • 独身の娘さんが会社をやめてまで面倒を見ても、何年か後に親が亡くなったら、そのあとどうやって過ごすのか?
  • 経済的な問題もあるけれど、社会との関わりが切れてしまうことの方が大きい
  • 自分の親はプロに預けて、自分はその支払い分を稼ぐぐらいのつもりで、仕事をやめずに、社会的役割をはたせばいい



必要とされる状況をつくる

  • 認知症は、完全に元に戻るということはない
  • 認知症が一直線にどんどん進行するのをある程度抑えることはできる


  • 「なんで起きなきゃいけないの?」「目が覚めたら、また昨日と同じようなことをしなきゃいけないんだよ」と認知症の方は言う
  • やり甲斐のようなものがあるのとないのとでは、ずいぶん違う
  • 自分はなんの役にも立たないでみんなの世話になって、一日一日、また生きなきゃいけないのはけっこう辛いこと


  • 最も効果があるのは、自分が周りから注目されること、必要とされること
  • 「自分がやらなければこの場は回らない」という状況におかれると、その人のもっている最大限の能力、残されたものが活性化される
  • 役に立つこと、期待される役割があることが、人間の生きる意欲の源
  • 必然が必要
  • 手芸やお絵描きなど趣味は必然がない
  • 趣味の会ではダメ
  • 内職ならお金を稼ぐという意味ではなく、やりがいを感じる



90歳を過ぎると7割は認知症

  • 脳血管が詰まったり破れたりすることで起こる脳血管性認知症と、脳神経細胞が死滅し脱落して起こるアルツハイマー型認知症がある
  • 治療法は似たようなもので、後者は今もって原因も不明
  • 認知症の発生率は75歳を過ぎると急激に上がる
  • 90歳過ぎた方でも、30%は認知症にならない
  • 90歳を過ぎると7割は認知症になっているとも言える
  • 最近癌の患者がすごく増えたというが、昔は癌になる前にみんな死んでいた
  • 認知症も同様



認知症の問題は、生活能力

  • 認知症かそうでないかという境目は、生活に支障があるかどうか
  • 本当に生活に差し障りがあるような物忘れが出てきたときに、初めて認知症ではないかと疑えばいい
  • 認知症の問題は、生活能力ともいえる



認知症の早期診断

  • 認知症の早期診断は、患者さんのためというより、ご家族のためにある
  • 早期診断は、ご家族が対処の仕方を早く学べるという意味で、メリットがある
  • 認知症の方の言動は全部、その人なりの理由があり、本人にとっては正しいこと
  • 周囲はすべてを受け入れて対処するしかない
  • 早く知っておけば慌てずに対処できる
  • ちゃんと受け入れるために腹をくくる時間もできる
  • 認知症のいちばん辛いところは、本人はともかく周囲が、それをなかなか受け入れられないという点



認知症として認識するのは難しい

  • 自分自身を認知症として認識することは、いつまで経っても難しい
  • 認識する頃には、認識したこと自体を忘れちゃう
  • 本人がそうなんだから、家族だってなかなか受け入れ難い



『看る力 アガワ流介護入門』阿川佐和子 大塚宣夫

書評 『看る力 アガワ流介護入門』 阿川佐和子 大塚宣夫 介護編

『看る力 アガワ流介護入門』阿川佐和子 大塚宣夫


『看る力 アガワ流介護入門』は、身内に要介護者がいないとあまり読まない本だと思います。 私もそうでした。しかし突然やってくるのです。

母が脳梗塞で入院しました。脳梗塞は脳の血管が詰まって起こる病気です。 介護なんて他人事だと思っていたのですが、今や自分事です。しかも私の人生のかなりの部分を占めるようになりました。

『看る力 アガワ流介護入門』は、要介護者にどのように接するのか、どのように対処するのかを、経験者の阿川佐和子さんと医師の大塚宣夫さんの対談形式で書かれた本です。


私は『看る力』を読んで、介護に対する認識が大きく変わりました。そして気持ちが楽になりました。良い本をありがとうございます。

親にして欲しいこと」と「自分にして欲しいこと」は違うんです。 自分が老後にして欲しいことを基準に考えてゆくとよさそうです。


介護のポイントは「後ろめたさをもつ」ことです。



阿川佐和子さん

  • 1953(昭和28)年東京都生まれ
  • 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒
  • 『筑紫哲也 NEWS23』のキャスター
  • 『ビートたけしのTVタックル』の進行役
  • エッセイスト、作家
  • 『聞く力』:年間ベストセラー第1位、14年菊池寛賞を受賞
  • 博物館明治村の4代目村長


大塚宣夫さん

  • 1942(昭和17)年岐阜県生まれ
  • 慶應義塾大学医学部卒
  • 井之頭病院 精神科医
  • 「親を安心して預けられる病院をつくりたい」との思いから青梅慶友病院を開設
  • よみうりランド慶友病院を開設
  • 慶成会会長



食べること

  • 食べることは、人間の最後まで残る楽しみ
  • それと同時に、生きる力を測る目安



医療が寝たきりをつくる

  • 医療の世界では、まず点滴で水分や栄養を補給
  • 点滴するとなると、できるだけ動かさないように寝かせておかなければいけない
  • 一週間もすると、皆ほんとうに寝たきりになってしまう
  • 医療をやればやるほど元気がなくなっていく



医療より介護、介護より生活

  • 一年ぐらい試行錯誤してたどり着いた結論は、お年寄りに必要なものは医療よりまず介護
  • 一人で生活ができなくなった人を、周りがサポートするということ
  • どんな状態になっても、豊かに過ごせるような生活環境を整えることが大事
  • 医療より介護、介護より生活、という方向に優先順位をひっくり返した


  • とにかく、朝になったら起こして着替えをして、日中は少しでもベッドから離す
  • そうするとだんだん、表情が変わってくる
  • とにかくお洒落をしてもらう
  • 身づくろいをする習慣を身につけることは「何かしよう」という前向きな意欲をもつことにつながる



介護は長期戦

  • この一年、仕事を減らして両親の介護に専念しようは間違い
  • ここを頑張ればなんとか乗り越えられるかもしれないは間違い
  • 十年かもしれない、いつ終わるかわからないのに全力で頑張ったら、自分がひっくり返るだけ
  • 自分の生活をちゃんと保ちながら、介護も長く続けないといけない
  • 介護は長距離走、マラソンのようなもの
  • 最初から全力疾走したらゴールできない



介護する側が極力いい精神状態を保つ

  • 手を抜くこと、全力でやらない
  • 一人で一生懸命、何もかも抱え込まない
  • たくさんの人を巻き込み、関わるみんながときどき休める仕組みをつくること
  • 介護する側が極力いい精神状態を保てるようにすることが、長く続けるための基本中の基本



後ろめたさをもつ

  • 「ちょっと仕事が忙しくて」と言いながら、本当はゴルフに行っているなど
  • その後ろめたさのせいで、優しくなれる
  • 私はこんなに頑張ってるのにと不満だけがつのると介護の疲れも倍増する
  • 介護に限らず「後ろめたさ」こそが、対人関係を良くする妙薬
  • 浮気をしてる亭主が奥さんに優しいのと同じ原理



息抜き上手は介護上手

  • 常に張りつめていると消耗が激しいし、逃げ場もない
  • 60点主義でいい、100点めざしちゃうと、間違いなく息切れする
  • 「本当は私、ちょっとズルしてるんだよね」という心を持っていると余裕ができる
  • 気分転換できる引き出しをいろいろもっておくといい
  • とにかく完璧をめざさないこと



『看る力 アガワ流介護入門』阿川佐和子 大塚宣夫

書評 『死ぬほど読めて忘れない高速読書』 上岡正明

『死ぬほど読めて忘れない高速読書』 上岡正明



上岡正明さん

  • 1975年生まれ
  • 「表参道のパンケーキブーム」「ふとん専用掃除機レイコップ」「肉フェス」などをコンサルティング
  • 「笑っていいとも」「めざましテレビ」「王様のブランチ」「タモリのスーパーボキャブラ天国」「ズームイン」など人気情報番組の企画構成
  • MBA(多摩大学院経営情報工学修了)
  • 海外の外部研究機関で認知脳科学を研究
  • 東京都や成蹊大学、多摩大学、大使館などで講演
  • 一般社団法人日本脳科学認知協会 理事
  • 一般社団法人小児行動心理学学会 理事
  • 株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役
  • 現在まで約20年間、実業家として会社を経営
  • 三井物産、SONY、三菱鉛筆、日本瓦斯など200社以上の広報支援


上岡正明さんは、すごいキャリアの方ですね。

高速読書」ですが、脳科学から生まれたすごい読書術とのことで、本の表紙に惹かれ買ってしまいました。

読書術の本はいろいろ読みましたが、さて「高速読書」とはどのようなものなのでしょう。 「アウトプットノート」が鍵のようです。



  • ネット上に再編集されたコンテンツは、快適でサクサク読めるが、記憶に残らない
  • 答えを自分で見つけ出すというプロセスが完全に欠落しているから


  • 目的や課題を解決するための知識をインプットするための読書、それが高速読書
  • 本に書かれているすべてのことをインプットする必要はない
  • 主役は本ではなく、あなた自身
  • 高速読書とは、1冊を30分で3回読む方法
  • 目的が明確になればなるほど、すべてが大事に見えなくなり、必要でないものがわかる
  • 何が大切で、何が大切じゃないかを先に決める



「漢字だけリーディング」

  • 速く読めない人は、平仮名も漢字も、全部同じように上から丁寧に読んでいる
  • すべての文字を、一文字一文字、頭の中で音読しながら読んでいるから、速く読めない
  • 本を速く読む人は、読む文字と意識的に読まない文字をあらかじめ決めている
  • 脳の神経細胞研究では、漢字で構成された文章と、平仮名だけの文章では内容を理解するのに20倍もの差がある
  • 漢字を中心に読めば、平仮名を多少飛ばして読んでも、意味は9割理解できる
  • 平仮名で重要視するのは「逆接の接続詞



アウトプットノート

  • 読書ノートは、本を読んだ感想をダラダラと書き綴るもの
  • アウトプットノートとは、高速読書で得た知識を自らの血肉にするためのもの
  • 読んだ本を行動に結びつける際の指針やヒントになりそうなことをシンプルに書いていくもの
  • エッセンスをまとめて、多くても10個程度にして、箇条書きで書き出す
  • 所要時間は10分程度
  • 記憶への定着力も数段高まり、具体的な行動プランやアクションにもつながる


  • アウトプットノートは、人生のバイブルになる
  • 最終目的は、先人の思考回路を手に入れること
  • 行動するよりも先に思考回路を手に入れてしまえば、簡単にスキルはアップする
  • 人の脳は、問いを持つとその答えを勝手に見つけてしまう
  • その特徴を最大限に利用していく


アウトプットノートに書く内容4つ

  • 読書の目的
  • 書名やメモ
  • 本のエッセンスを20文字以内で箇条書き
  • 行動プランや具体的なアクションを箇条書き



『死ぬほど読めて忘れない高速読書』 上岡正明

大江英樹さん 「老後不安を解消するシンプルなルール」を聴講 老後をなくす!

大江英樹さんの 「老後不安を解消するシンプルなルール」を聴講しました。


大江英樹さん

  • 経済コラムニスト
  • オフィス・リベルタス代表
  • 25年間大手証券会社で個人資産運用業務
  • 確定拠出年金の草分け的存在(日本での導入第1号)
  • すかいらーく、トヨタ自動車などのコンサルティング
  • 年間100回以上の講演やテレビ出演、執筆活動
  • CFP(世界で信頼されるプロフェッショナルFPの証)
  • 企業年金連合会の「確定拠出年金継続教育実践ハンドブック検討会」の座長
  • 日本証券アナリスト協会検定会員


大江英樹さんはたくさんの著書があり、サンタさんのようなヒゲで、とても優しい感じでした。

大江英樹さん著書



サザエさんのお父さん(なみへいさん)は、とってもおじいちゃんに見えますが、なんと54歳なんです。 最近の芸能人で54歳といえば、香川照之さん、吉川晃司さん、沢口靖子さん、本木雅弘さんなどなど、若いですよね。

そうです。一昔前の54歳と今の54歳では全く違うのです。というエピソードから始まり、つかみは完璧でした。


さて、少しだけ講演のエッセンスをお伝えします。


老後の不安をなくすにはどうすればよいか?

→ 「老後をなくせばいい」のです。

つまり、可能な限り働き続けることです。働くことをやめたとき、老後が始まるのです。


サラリーマン時代は「仕事は苦行」ですが、独立して自営すると「仕事は楽しみ」になります。

ただし、キラキラ起業は禁物とのことです。 退職後は、そんなにお金に心配することはなく、したいことを好きなようにやれば良いのです。


大事なのは企業理念をしっかり持つこと。とりあえず「起業したい」ではダメです。

「どうしてもこれがやりたい」という思いが重要です。さらに「理念」があれば、ブレません。

ブレなければ信用されます。信用されれば仕事が続けられます。


GiveFirst

まず与えることが大切だといいます。 そして、そのGiveの仕事は絶対手を抜いてはいけません。それは、信用を勝ち取るためです。

大事なのは、「貯金」ではなく「貯信」です。

「信用」は必ずお金になるのです。



アメリカの実業家で雑誌『PLAYBOY』の発刊者、ヒュー・ヘフナー氏の言葉です。

I have no plans to retire.
It’s the perfect combination of work and play that keeps you young.
If I quit work it would be the beginning of the end for me.

「私には引退する予定はない。仕事と遊びの完璧なコンビネーションが若さを保つことになるから。もし仕事をやめたとしたら、それは私の終わりの始まりになるだろう。」

2019年 GrandSmile 年間ベスト記事ランキング(1位~15位)

2019年 GrandSmile ベスト記事ランキング



おまけ:姉妹ブログ gogoToRoTAN ベスト記事

2019年 GrandSmile 年間ベスト記事ランキング(16位~30位)

2019年 GrandSmile ベスト記事ランキング



おまけ:姉妹ブログ gogoToRoTAN ベスト記事

書評 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 ブレイディ みかこ

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 ブレイディ みかこ


私がこの本を知ったきっかけは、NHK「おはよう日本」での紹介でした。

エンパシー

というキーワードに「!!!」となったのです。 すぐに、アマゾンでポチりました。

他にも、「あさイチ」、「めざましテレビ」、「王様のブランチ」などで紹介されています。



エンパシーとは、他人の感情や経験などを理解する能力のことです。 シンパシーと言葉は似ていますが、意味は違うものです。

エンパシーとは、「自分がその人の立場だったらどうだろうと想像することによって誰かの感情や経験を分かち合う能力」なんです。

一方、シンパシーは、「かわいそうな立場の人や問題を抱えた人、自分と似たような意見を持っている人々に対して人間が抱く感情」のことなのです。


そして、読んでみるとわかると思いますが、主人公である中学生の息子が、鋭く、賢いんです。 息子の放つ言葉が、胸に鋭く刺さります。ものすごく深いそれでいて温かい秀逸な表現なんです。

エンパシーについて、息子は「他人の靴を履いてみること」と表現しています。

他人の靴を履いてみること

なんてすばらしい表現なのでしょう!



『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』は、ノンフィクションとのことなのですが、イギリスの差別問題、いじめ、LGBTQなどをテーマにした本です。

しかし、読んでいてとても気持ちよいのです。 中学生の主人公のふるまいが、すがすがしく、爽快なんです。

一部、カタカナ英語が多いので理解しづらい部分もありますが、ぜひとも子どもにも読ませたい本の一つになりました。さすがに大賞をとっただけのことはありますね。

最後に「ブルー」の色は別の色に変化しますよ。



ブレイディ みかこさん

  • 1965年福岡市生まれ
  • 96年からブライトン在住
  • 英国で保育士資格を取得
  • 保育士 ライター コラムニスト


受賞

  • Yahoo!ニュース本屋大賞2019
  • ノンフィクション本大賞受賞
  • 第73回毎日出版文化賞特別賞受賞
  • 第2回八重洲本大賞受賞
  • 第7回ブクログ大賞 エッセイ・ノンフィクション部門受賞


なんと、下記のサイトで、試し読みができます!

4章分全文公開『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ

書籍を読んていただかないとわからない所があると思いますが、ちょっとだけ私がエンパシーを感じた内容をご紹介します。ネタバレ含みます。



この本はそんな息子や友人たちの中学校生活の最初の1年半を書いたものです。 正直、中学生の日常を書き綴ることが、こんなに面白くなるとは考えたこともなかった。

というところから物語は始まります。


  • (息子)エンパシーとは何か「自分で誰かの靴を履いてみること
  • これは、英語の定型表現で、他人の立場に立ってみるという意味

  • シンパシーは、自分で努力をしなくとも自然に出て来る
  • エンパシーは、人々が何を考えているのだろうと想像する力
  • シンパシーは感情的状態、エンパシーは知的作業


  • (息子)「善意は頼りにならないかもしれないけど、でも、あるよね」


  • (貧乏の子ティム)「でも、どうして僕にくれるの?」
  • (息子)「友だちだから。君は僕の友だちだからだよ

  • おそらく泣いているティムに対して
  • (息子)「ティムも母ちゃんと一緒で花粉症なんだよね。晴れた日は つらそう」
  • (息子)「うん。今日、マジで花粉が飛んでるもん。今年で一番ひどいんじゃないかな」


  • 私が吹き出して笑った所
  • (息子)「グランダーッズ・ボンザーイ、ウウウ、グランダーッズ・ボンザーイ、ウウウー」
  • 「祖父の盆栽」というロックソングを作って歌っている


  • 授業でFGMについてのビデオを見せられて
  • 心配と偏見も紙一重なら、予防と偏見にも紙一重のところがある」


  • DVDを家族で借りに行ったとき
  • 「質問があったらこちらに聞いてください。他の人には聞かないでください
  • 片言日本語なので、店員さんに怪しまれての表現


  • (母)「人間って、よってたかって人をいじめるのが好きだからね」
  • (息子)「僕は、人間は人をいじめるのが好きなんじゃないと思う。罰するのが好きなんだ


  • LGBTQQとは、異性愛者か同性愛者かまだわからないひと


  • (母)「これって、そういう勝ち負けの問題なの? いじめって、闘いなの?」
  • (母)「闘いにしたほうが、一方的にやられているよりも屈辱的じゃない、っていう考え方じゃないかな」


  • 同じように差別された経験をもっていればもっているだけ、無意識のうちにもこの「仲間感」は強くなる
  • 人種差別というものは、他人に嫌な思いをさせたり、悲しい思いをさせるものだが、それだけではなく、怒りや「仲間感」で帰属意識を強め、社会を分裂させることにも繋がるもの



  • 「いや、XXXXXって、もちろん『環境問題』とか『嫉妬』とかいう意味もあるけど、『未熟』とか『経験が足りない』とかいう意味もあるでしょ」

  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとXXXXX。いまのところは。
  • きっとこの色は、これからも変わり続けるに違いない
  • XXXXXのところはぜひ書籍を手にとって見てください。


『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 ブレイディ みかこ