RSS

うまい「あいづち」の技術

聞き上手になるには、相手の話をどんどん聞き出さなければいけません。 それには、うまい「あいづち」の技術が必要なのです。

あいづち一つで、バカにされたと感じたり、のりのりに聞いてくれていると感じたりします。


あいづちで大切なのは、同じあいづちを続けないということです。 「なるほど~」、「なるほど~」、「なるほど~」、「なるほど~」と同じことしか反応がないと、この人ちゃんと聞いてるのかな?と疑ってしまいますよね。

それから、上の空であいづちを打たないということ。 スマホ見ながらだったり、外をみながら「あ~」「それで」と言われても、もう話すのやめようと思いますよね。

そして、相手の話の腰を折るような逆説のあいづちもしないようにしましょう。「でも」「しかし」などですね。


単調にならないようにいろいろ織り交ぜなから、相手の話を聞きたいオーラをだし、身振りや手振りや声のトーンでも表現し、タイミングよくあいづちを打つのです。

  • 「そうなんですか」
  • 「へー」
  • 「ほうほう」
  • 「ふむふむ」
  • 「なるほど」


さらに、深く突っ込んで、相手に興味を抱いていることを伝えるのであれば、

  • 「それで?それで?」
  • 「それからどうなったの?」
  • 「もっと詳しく聞かせてよ!」

身をのり出して聞いている感じがしますよね。相手はどんどん喋ってくれます。


相手に共感するというのもあいづちの一つです。相手の話に「なになにが大変だったんだよ」といった感情の言葉がでたら、「大変だったんだね」と同じ言葉を繰り返します。特に女性は共感してもらうことが一番の目的だったりします。

  • 「それは大変だったね」
  • 「疲れたんだね」
  • 「いいですね、楽しかったんですね」


よく使ってしまうあいづちに「うっそ~」というものがありますが、使い方によっては否定的になってしまうので、使うときには明るくハイトーンで言いましょう。


あいづちのレパートリーに困ったら「あいうえお」作文のようにあいづちを作ってしまうのも手です。

  • っちょんぶりけ!」
  • かすー!」
  • そー!」
  • ~!」
  • ~!」

ただし、順番に言うとちょっとおかしいので、ランダムに。



あいずちの技術をまとめしょう。

  • 色々な種類
  • 相手の使った感情言葉
  • タイミングよく
  • 声のトーンや身振り手振りも


要は、心から楽しんで聞き、相手が話しやすいように、合いの手をうってあげるということですね。

聞き上手になる聞き方の極意「聞ききる」

どんな遊びでも仕事でも、世の中、人間関係を良好に保つことが大切です。 人間関係を良好にするための基本が「聞く」ということです。

「話す」ということの方が難しいと感じると思いますが、「聞く」ということのほうが数倍難しく、大きな努力を必要とします。

なぜなら相手の考えていることが正確にわからないからです。つまり相手を理解し共感するということが聞き取るということなのです。


神さまが人間を作るとき、口を1つにして耳を2つにしたのは、話す事の2倍聞くようにさせるためである。という話もありますね。

「聞く」の他に「聴く」という漢字もあります。「耳」と「目」と「心」という字が含まれています。耳だけでなく目も心も使いましょうということです。

デール・カーネギーが、「人の話を『聴く』ことにより人生の80%は成功する」と言っています。聞くことがいかに重要かということですね。


どうすれば聞き上手になれるのか、「聞く技術」にフォーカスしてみます。 プロのカウンセラーになったつもりで聞き方の極意を習得し、よりよい人間関係を築き、良好な関係を保ってゆきましょう。



聞いている時に、やってはいけないこと

  • 聞いているときに、相づち以外自分からしゃべらない
  • 相手の話をうばって、自分の話をしない
  • 聞かれた事しか話さない
  • 相手の話に反発しないし、反発を感じない
  • 聞いているときに、言い訳や「ちがう」と言わない
  • 正論は相手に痛みをあたえるだけ、評論家にならない


聞いている時に、相手に合わせる

  • 沈黙を恐れず、聞き出そうとせず、出てくるまで待つ
  • したくない話ほど前置きが長い
  • ボディランゲージを合わせる(ミラーリング)
  • 感情を合わせる(チューニング)
  • 素直に聞く
  • 話し手の波に乗る
  • 真剣に聞けるのは1時間以内
  • 教えるよりも教えてもらう
  • 聞き手の尊重の態度を相手が感じると、緊張をほどき安心感を高める


共感する

  • 態度、姿勢、視線など体を使って視覚的に「聞いていますよ」と伝える
  • 相手の気持ちや経験を100%理解しようという意識で聞く
  • 肯定的な相づちをうつ(「うそ~」は否定的ニュアンスになる)
  • 愚痴を自分に落としてもらい、避雷針になる
  • 相手の話に興味を持つ
  • 単なる表面上の言葉だけでなく、相手の持っているイメージも受け取る
  • 相手の鼓動を感じるという感覚をもってみるとよい



徹底的に相手の話を「聞ききる」ことで、濃密な信頼関係が作られ、よりよい人間関係を築けます。

初対面では、おそらく照れくさく、愛想笑いというコミュニケーションが取られると思います。しかし話を聞いたり話たりすると、その愛想笑いは消えます。ただ相手の話を聞くだけで、相手を受け入れることができるようになるからです。


聞ききる」です。

書評 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』 ふろむだ

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』 ふろむだ


ふろむださんは、有名なブロガーのようです。それ以上は著者についてはよくわかっていません。 ただ、本の内容は、結構エグいところをついていてそれなりに面白いです。

目からウロコの考え方が手にはいります。 錯覚資産という概念があるということに気付かされ、それが自分の人生に大きく影響していることもわかります。

本書は、図が多いので理解しやすく、もっと早い時期に読んでいたらなと思いました。


なぜ「ふろむだ」というペンネームで本を出したのかというと、本書の中に書かれていました。

実名で書くと、どんなに正直に書いているつもりでも、無意識のうちに体面や人間関係に配慮してしまって、ウソをついている自覚なしに、文章の中にたくさんのウソが混じるからだ。 ウソつきだからウソを書くのではなく、実名に絡みついている関係性がウソをつかせるのだ。 私は、人間関係に縛られず、「本当のこと」を書きたかった。 立場上、書けないことも、誠実に書きたかった。 だから匿名で書いたのだ。


なんと、無料で少し公開されていますので、ちょっと覗いてみることができます。



それでは、いくつか気になった内容についてまとめてみます。


  • 「自分の得になるような、他人の勘違い」を「錯覚資産」という
  • 錯覚資産は、生涯賃金に換算して、何千万円、何億円ものお金を生む
  • 思考の錯覚を敵に回すか、味方につけられるかで、人生は劇的に違ってくる
  • 思考の錯覚を武器として使いこなせば、それはステルス兵器のような、強力な武器になる
  • 思考の錯覚を味方につけるには、錯覚資産という概念がキーになる
  • 錯覚資産とは、「他人が自分に対して抱く、自分に都合のいい錯覚」のこと
  • なぜ、錯覚資産が重要なのかというと、それが、成功と失敗を分ける、極めて大きな要因だから


  • 「実力がある」から、よいポジションを手に入れられるのではない
  • 「実力があると周囲が錯覚する」から、よいポジションを手に入れられている


  • 錯覚資産によってよい環境が手に入り
  • よい環境によって実力が育ち
  • 実力があるからそれが成果を生み
  • その成果を利用してさらに錯覚資産を手に入れる
  • このようなループが回ることで、錯覚資産と実力が雪だるま式に増えていくという構造がある


  • 人は「運を実力だと思う思考の錯覚を持っている」という事実に、長い間気がつかなかった
  • このことを利用できれば、自由を手に入れ、自分の人生どころか、他人の人生すら、コントロールすることができる
  • 転職するにしろ、起業するにしろ、運を実力だと思いこむ思考の錯覚は、非常に重要な意味を持つ


  • 学生のうちは、勝敗は、錯覚資産など関係なく、かなりの部分、実力だけで決まる
  • 社会人になったら、錯覚資産を持つ者は、人生はイージーモードの神ゲーになる


  • わらしべ長者の戦略
  • まずは、小さなハロー効果を手に入れる
  • その小さなハロー効果をテコにして、もう少し大きなハロー効果を手に入れる
  • これを繰り返して、やがてすごく大きなハロー効果を手に入れる


  • ほとんどの人は、本当の実力ではなく、思考の錯覚で人を判断する
  • しかも、自分が思考の錯覚で判断しているという自覚がない


  • 「実力」という要因を、プラス方向であれ、マイナス方向であれ、「大幅に過大評価」してしまう認知バイアスがある
  • 実際の成功・失敗は、思っているよりも、はるかに「実力以外の要因」で決まっている
  • 誰がどう見ても明らかに無能、もしくは、誰がどう見ても明らかに有能でもない限り、実力という要素の影響力を、自分が思っているものの半分くらいに見積もったほうがいい
  • 未来のヒットが、過去にさかのぼって、現在の才能のあるなしを書きかえる


  • 判断が難しいとき、人間は考えるのを放棄して、直感に従ってしまう
  • しかし、判断が難しいときこそ、直感はアテにならない
  • なぜなら、判断が難しいときに直感が出す答えは、思考の錯覚に汚染されていることが多いから
  • だから、判断が難しいときは、「思考の粘り強さ」 が決定的に重要になる
  • 「思考の粘り強さ」がない人間が、難しい問題について考え抜くのを放棄して、思考の錯覚の泥沼に沈んでいく


  • 現状維持と、選択肢Aと選択肢Bが、どれも同じぐらいよさそうに見えたのなら、現状維持を選択肢から外してしまうほうが、成功確率は高くなる
  • なぜなら、「現状維持のほうを選びたくなる」という思考の錯覚のゲタを履かせられているせいで、現状維持の選択肢が、他の選択肢と同じに見えているだけだから


  • 人の「思い浮かびやすさ」をコントロールすることで、自分に都合のいい思考の錯覚を起こさせることができる
  • 人間の直感は、「すぐに思い浮かぶ情報」を過大評価するし、すぐに思い浮かばない情報を無視して判断する
  • できるだけ多くの人が、自分のことを「思い浮かびやすく」しておくと、意外なところから、意外なチャンスが降ってくる
  • そのチャンスが、人生を大きく変えるということが、よくある
  • 内向的な人は、これの威力を甘く見ていることが多く、非常に多くのチャンスを逃してしまっている


  • 人生がうまくいくかどうかは、かなりの部分、「環境」に依存する
  • いい上司、いい同僚、いい部下、いい顧客、いいポジション、いい課題に恵まれれば、人生のクオリティーはぐんと上がる
  • それらが手に入れられるかどうかは、かなりの部分、運と思考の錯覚で決まる


  • 真実を語れば語るほど、言葉は勢いを失い、魅力を失い、錯覚資産はあなたから遠のいていく
  • 大きな錯覚資産を手に入れたいなら、「一貫して偏ったストーリー」を語らなければならない
  • バランスの取れた正しい主張などに、人は魅力を感じない


  • 感情ヒューリスティック(好き嫌い)」の存在は、極めて重要
  • どんなに優れた作品を作っても、どんなにいいサービスを提供しても、どんなにいい成果を出しても、嫌われてしまうと、それは「つまらない作品」「ろくでもないサービス」「たいしたことない成果」だと知覚されてしまう
  • 逆に、いまいちな作品・サービス・成果でも、好かれていれば、「素晴らしい作品・サービス・成果」だと知覚される
  • 感情ヒューリスティックは、現実に換金可能な資産にしてくれる


『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』 ふろむだ