RSS

正しいゴールの決め方

自分が人生において、成し遂げたい夢やゴールを正しく設定できていますか?

夢の設定が間違っていると、とんでもないことになってしまいます。

2本の数直線があるとします。 2本はほぼ平行ですが、1度だけ角度を持っています。近くに見える2本の線は、あまり離れていませんが、数キロ先はどうでしょうか? 全く異なる場所にたどり着いているはずです。

家の壁にハシゴを掛けて、屋根に登ることを想像してみてください。 隣の家にハシゴを掛け間違えることはそうそうないと思いますが、もし間違ってハシゴを登ってから気づいたら? ハシゴを慎重に降りて、ハシゴを掛けなおして、一からスタートしなければなりません。


ハシゴを掛け間違えないように、人生のハシゴであるゴールの設定をしっかり正しく行うことが大事なのです。



ゴール設定で気をつけること

まずは「自分で限界を作らない」ことです。

「どうせ無理に決まっている」「私には才能ないから」と自分の能力を自己評価して限界をもうけないでください。

本当にやりたい事が隠れてしまうからです。

Google創業者のラリー・ペイジの「不可能なことなどない」「決まりきった枠からはみ出よう」「ものすごく大きい、バカみたいな夢を見ることは成功するためのキー」「夢が非現実的であればあるほど、競争者がいなくなる」という言葉もあります。



人生のゴールとは、自分が「本当にやりたいこと、なりたいこと」です。そして、今の自分の現状のままでは決して叶いそうにない夢であることが大事です。

簡単に叶うのであれば、今すぐ実行すればよいのです。それは夢ではなく単なるToDoになります。



ゴールの見つけ方

やりたいことは、そう簡単には見つけられません。 子どもの頃に感じていた夢は、親や周囲から押し付けられた偽のゴールの可能性がとても高いのです。

夢は、自分の過去の人生や環境の中に、必ずヒントがあります。そしてそれは、感情となって自分の心を動かしているはずです。

まずは、過去の感情を思い出してみましょう。 「うれしい」「楽しい」「気持ちのよい」「誇らしい」「すがすがしい」などの心が動いた出来事を思い出し、紙に書き出してゆくといいですね。


一生かかって何をしたいのか?」「自分が本当は何を望んでいるのか」をじっくり考えてみましょう。


それでも、よくわからないという場合は、下記の8つの分野をとっかかりとして考えてみるとよいです。

  • 家庭
  • 健康
  • 環境
  • 学習、自己啓発
  • 趣味、余暇
  • 仕事、キャリア
  • お金、経済
  • 人間関係



若い時は、ゴールの見直しをしても良いと思いますが、ある程度の年齢になってからは、出来る限りぶれないほうが良いです。もちろんゴールは複数あってもOKです。


じっくり時間をかけて、あせらず人生のゴールを考えてみましょう。

計画 目標 目的 の違い

計画目標目的の違いわかりますか?

おそらくなんとなく漢字の意味から想像できますね。

  • 計画:計算、画を書く
  • 目標:標識
  • 目的:的(まと)


時系列で順番に並べると「目的 → 目標 → 計画」となります。 まず目的を決め、その目的のために目標を置き、実際に何をするのか計画して実行します。


身近なもので例えてみます。

  • 目的:ディズニーランドで新しいアトラクションに乗って楽しむ
  • 目標:舞浜駅、東京ディズニーランド、新しいアトラクション
  • 計画:何時の何線に乗って東京まで行き、何時何分の電車に乗り換え、、、


だんだん見えてきましたね。

  • 目的:最終的にやりたいこと
  • 目標:ゴールまでのいくつかの経過地点 → 一定期間後の到達点
  • 計画:各目標を達成するため、いつ、何を、どうやってするか


具体例をあげてみます。

  • 目的:ダイエットして異性にもてる
  • 目標:1年後に体重が55Kg、2年後に体重が50Kg、、、
  • 計画:最初の1ヶ月は間食を我慢、次の1ヶ月は軽い運動を始める、、、


目標は、目的にも計画にも類似点があります。目的までの小さなステップであり、いつ、どうなっているかということを決めます。

最後に、単純な言葉に置き換えてみます。

  • 目的:夢、理由
  • 目標:直近目指すもの
  • 計画:方法



目標を達成すると、次の目標が出てきます。目標を達成することが目的ではないのです。

計画は、何を、いつまでに、どうやってやるかという具体的な実現方法です。 「どうやってやるか」が抜けないようにしてください。

やらされている意識が強いと、計画は絵に描いた餅になってしまいます。 なぜやらなければいけないかという明確な理由(目的)が原動力になるようにすることが大事です。

目標は、目的に向かっていくためにクリアすべきステージであり、計画はその目標を達成するための道具なのです。



計画、目標、目的の違いわかりましたね。どれも必要で、大事なのです。

具体的な計画の立て方 3つの手順

勉強するにも、仕事するにも、お金儲けするにも、目的があり、そして計画があります。

計画って必要だと思いますか? 大事だと思いますか?

参考:なぜ計画するの? やることを考えなくてよいからです。計画のコツは締め切り意識


計画とは、目的地までのカーナビのようなもので、間違いなく確実にゴールにたどり着くためのツールです。



具体的な計画の立て方は、下記の3つの手順になります。ちょっとかっこよく英語で書いてみます。

  1. todo(トゥードゥー)
  2. priority(プライオリティ)
  3. schedule(スケジュール)


中身をブレイクダウンしてみます。

  1. todo → やること(タスク)を書き出す
  2. priority → タスクに優先順位をつける
  3. schedule → タスクの期日を決める



1. todo → やること(タスク)を書き出す

まず、やるべきことを全て書き出します。 書き出した全てのタスクを終わらせれば目的達成になるようにします。 つまり、必要十分なタスクです。

そして、大事なのは「粒度」です。

1週間後までの計画なのか、10年後までの計画なのかで、タスクの粒度は変わります。 1週間後までの計画であれば、1つのタスクは数時間で終わる単位ですし、10年後までの計画であれば、1年間や1ヶ月といった長いスパンでタスクを考えます。

もし2週間後のテスト勉強でしたら、「数学、英語、国語、、、」といった粒度では何をやっていいか分かりません。「数学の第2章の教科書理解、数学の第2章の教科書問題1回目解く、、、」と具体的に書きます。

さらに、各タスクの作業にかかる時間も一緒に書いておきます。 例えば「単語帳を作る:2時間」「社会のノートの暗記1回目:2時間」などです。

時間よみはとても難しいですが、何度も経験していくうちに精度がよくなってきます。

とても面倒ですが、ここで時間をかけて整理しておくことこそが計画なのです。


2. priority → タスクに優先順位をつける

全てのタスクの優先順位を考えます。 時間が無く、やってもやらなくてもよい任意の宿題などは優先度が低くなります。

そして、ボトルネックを作らないようにします。 例えば読書感想文などは、時間がかかるものなので「どの本を読むか決める」というタスクが優先度が高いです。「単語を覚える」より「単語帳を作る」が優先度は上です。

依存関係を考慮して、これができてないから次ができないという状態にならないようにします。


3. schedule → タスクの期日を決める

各タスクの作業時間と優先度を考慮し、カレンダーに配置していきます。

その際、完了日を意識してください。 完了日から逆算してタスクをはめていくのです。パズルのようですね。

それと何もしない空き時間も必ずスケジュールに入れます。計画が破綻してもリカバリーできるようにするためです。

スケジュールを組むときは、キチキチに組んでしまいがちです。張り切りすぎず「こんな余裕でいいのかな?」と思えるぐらいの日程間隔がちょうど良いです。


計画なので、何が起こるかわかりません。柔軟に対応できるように、車のハンドルのようなアソビが大事なのです。

一般の車のハンドルには、少し操作しただけではすぐタイヤの角度が変わらないようになっています。これがハンドルのアソビです。アソビがないと常に車がフラフラすることになってしまいます。
ちなみに、F1等のレーシングカーには、アソビがほとんどありません。自分の意思がダイレクトに車に伝わるようにするためです。緊張感が半端ないと思います。



計画を立てるとは、とても面倒くさい反面、とても面白いものです。

なぜなら時間がかかりますが、やるべきことの量と時間を把握することで、全体のシュミレーションができるからです。実行する前に未来が分かるようなものでワクワクしますね。

計画をせず、出たとこ勝負で物事をすすめると、あとで時間がないとパニックに陥りがちです。 もしも「計画を立てる時間がない」ということが口癖でしたら、ぜひとも計画を立ててみてください。 手っ取り早い究極の効率化は計画を立てることです。


まずは「計画を立てる計画をする」ことからはじめてみましょう。