RSS

「世界がもし100人の村だったら」自分も村人の一員

「世界がもし100人の村だったら」という本をご存知でしょうか? この本は知らなくてもフレーズは聞いたことがあると思います。

この本は2001年に書かれたものですので少しデータは古いかもしれませんが、自分がどんなに幸せな国に生まれ、どんなに恵まれているのかを再認識できると思います。

何か感じることがあれば幸いです。



「世界がもし100人の村だったら」

  • 52人が女性です
  • 48人が男性です


  • 30人が子どもで
  • 70人が大人です
  • そのうち7人がお年寄りです


  • 90人が異性愛者で
  • 10人が同性愛者です


  • 70人が有色人種で
  • 30人が白人です


  • 61人がアジア人です
  • 13人がアフリカ人で
  • 13人が南北アメリカ人で
  • 12人がヨーロッパ人です
  • あとは南太平洋地域の人です


  • 33人がキリスト教
  • 19人がイスラム教
  • 13人がヒンドゥー教
  • 6人が仏教を信じています
  • 5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています
  • 24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているかあるいはなにも信じていません


  • 17人は中国語をしゃべり
  • 9人は英語を
  • 8人はヒンディー語とウルドゥー語を
  • 6人はスペイン語を
  • 6人はロシア語を
  • 4人はアラビア語をしゃべります
  • あとの半分はベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などをしゃべります



  • 20人は栄養がじゅうぶんではなく
  • 1人は死にそうなほどです
  • でも15人は太り過ぎです


  • すべての富のうち、6人が59%をもっていて、みんなアメリカ合衆国の人です
  • 74人が39%を
  • 20人が、たったの2%を分けあっています


  • すべてのエネルギーのうち、20人が80%を使い
  • 80人が20%を分けあっています


  • 75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがあります
  • でも、あとの25人はそうではありません
  • 17人は、きれいで安全な水を飲めません


  • 村人のうち、1人が大学の教育を受け
  • 2人がコンピューターをもっています
  • けれど、14人は文字が読めません



  • 銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭が転がっている人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です
  • 自分の車をもっている人は、豊かな7人のうちの1人です


  • もしあなたが、いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら、そうではない48人より恵まれています
  • もしもあなたが、空爆や襲撃や地雷による殺戮や武装集団のレイプや拉致におびえていなければ、そうではない20人より恵まれています



  • 1年の間に、村では1人が亡くなります
  • でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので
  • 来年、村人は101人になります



自分が、村人の一員だということを忘れないでください。

夢の設定は、脳の性質をうまく活用し、ワクワク感を持たせる

ゴールを設定する上で注意すべきことは、脳の性質をうまく活用することです。

  • 否定形はNG、肯定形で設定する
  • 「~しなければならい(have to)」ではなく「~したい(want to)
  • 「~したい」を「~だ」という進行形にする
  • 臨場感を高め、楽しくワクワクすること



「絶対にパンダを想像しないでください」

そう言われると、逆に「パンダ」をイメージしてしまうものです。 否定語を使っても否定してくれないのが脳の特徴です。

ゴール設定や目標設定の場合「間食をしないようにする」といった否定形を使った文では逆効果なのです。潜在意識の中では「しない」というものは無くなり、逆に「間食」という言葉を引き寄せてしまいます。


否定形を使わずに、肯定形で設定するのです。 ただし「運動しなければならない」といった後ろ向きの設定はいけません。

言葉通り、やる気が起きませんよね。自分のモチベーションがアップするようなゴール設定が必要です。

「運動してかっこよくなってモテたい」といった「want to」のゴール設定をします。「want to」なので、脳が無意識にゴールへの最短距離を選んでくれるようになります。


更に、すでに達成しているかのように現在形で設定すると、より脳をだませます。 「運動してかっこよくなってモテてている」

今まさにそうなりつつある自分をイメージできると、運動に関して考えるようになり、今まで見えなかったものが見えてきます

何気なく掃除をしていた週末が、運動を兼ねて掃除ができるようになり、掃除が楽しくなります。 後ろ向きな意識は一切なくなるのです。

ネットを見ていても、ついつい運動系のサイトを見てしまい、必要な知識や情報も収集するようになるのです。

ゴールへの関心が持続すると、見えていなかったものが自然に集まってくるように感じます。 これが「引き寄せの法則」の正体です。



ゴールの臨場感を強めていくと、五感を通じて入ってくる莫大な情報から必要なものだけを取捨選択してくれるようになります。

ゴールの臨場感を強めるということは、実際にその場に身を置いているかのような感覚のことです。 アスリートの人たちは、自分が1位でゴールする姿を試合前にイメージするといいます。

臨場感のあるイメージをするには、体感を伴わせるようにします。考えるだけでなく感じるのです。 映画「燃えよドラゴン」での言葉「Don’t think. Feel!」は、ブルース・リーの名言ですね。


そして現状よりもゴールのイメージの方が居心地の良い空間であることを脳にインプットします。

人は怠けものなので、現状がまあまあだと無意識にその場にとどまろうとします。 「現状よりもゴールがいいんだよ」と脳の教えてあげるのです。

臨場感が強まっていくにつれ、ゴールの方が自分にとって居心地のいい空間になり、脳が無意識に、ゴールと現状との乖離を埋めようとして、ゴールへと自動的に導いてくれるようになります。



最後に、やはりゴールは楽しくワクワクすることがいいですよね。「~しなければならない」から「~したい」に変えたことですでに楽しくなっていると思います。

ゴールは、義務でもなく、やりたくないことでもないのです。うまく言葉を工夫して、脳の無意識の部分にも夢への手助けをしてもらいましょう。



ワクワク感を目標にどう結びつけるかが、ゴール設定の肝です。

正しいゴールの決め方

自分が人生において、成し遂げたい夢やゴールを正しく設定できていますか?

夢の設定が間違っていると、とんでもないことになってしまいます。

2本の数直線があるとします。 2本はほぼ平行ですが、1度だけ角度を持っています。近くに見える2本の線は、あまり離れていませんが、数キロ先はどうでしょうか? 全く異なる場所にたどり着いているはずです。

家の壁にハシゴを掛けて、屋根に登ることを想像してみてください。 隣の家にハシゴを掛け間違えることはそうそうないと思いますが、もし間違ってハシゴを登ってから気づいたら? ハシゴを慎重に降りて、ハシゴを掛けなおして、一からスタートしなければなりません。


ハシゴを掛け間違えないように、人生のハシゴであるゴールの設定をしっかり正しく行うことが大事なのです。



ゴール設定で気をつけること

まずは「自分で限界を作らない」ことです。

「どうせ無理に決まっている」「私には才能ないから」と自分の能力を自己評価して限界をもうけないでください。

本当にやりたい事が隠れてしまうからです。

Google創業者のラリー・ペイジの「不可能なことなどない」「決まりきった枠からはみ出よう」「ものすごく大きい、バカみたいな夢を見ることは成功するためのキー」「夢が非現実的であればあるほど、競争者がいなくなる」という言葉もあります。



人生のゴールとは、自分が「本当にやりたいこと、なりたいこと」です。そして、今の自分の現状のままでは決して叶いそうにない夢であることが大事です。

簡単に叶うのであれば、今すぐ実行すればよいのです。それは夢ではなく単なるToDoになります。



ゴールの見つけ方

やりたいことは、そう簡単には見つけられません。 子どもの頃に感じていた夢は、親や周囲から押し付けられた偽のゴールの可能性がとても高いのです。

夢は、自分の過去の人生や環境の中に、必ずヒントがあります。そしてそれは、感情となって自分の心を動かしているはずです。

まずは、過去の感情を思い出してみましょう。 「うれしい」「楽しい」「気持ちのよい」「誇らしい」「すがすがしい」などの心が動いた出来事を思い出し、紙に書き出してゆくといいですね。


一生かかって何をしたいのか?」「自分が本当は何を望んでいるのか」をじっくり考えてみましょう。


それでも、よくわからないという場合は、下記の8つの分野をとっかかりとして考えてみるとよいです。

  • 家庭
  • 健康
  • 環境
  • 学習、自己啓発
  • 趣味、余暇
  • 仕事、キャリア
  • お金、経済
  • 人間関係



若い時は、ゴールの見直しをしても良いと思いますが、ある程度の年齢になってからは、出来る限りぶれないほうが良いです。もちろんゴールは複数あってもOKです。


じっくり時間をかけて、あせらず人生のゴールを考えてみましょう。

計画 目標 目的 の違い

計画目標目的の違いわかりますか?

おそらくなんとなく漢字の意味から想像できますね。

  • 計画:計算、画を書く
  • 目標:標識
  • 目的:的(まと)


時系列で順番に並べると「目的 → 目標 → 計画」となります。 まず目的を決め、その目的のために目標を置き、実際に何をするのか計画して実行します。


身近なもので例えてみます。

  • 目的:ディズニーランドで新しいアトラクションに乗って楽しむ
  • 目標:舞浜駅、東京ディズニーランド、新しいアトラクション
  • 計画:何時の何線に乗って東京まで行き、何時何分の電車に乗り換え、、、


だんだん見えてきましたね。

  • 目的:最終的にやりたいこと
  • 目標:ゴールまでのいくつかの経過地点 → 一定期間後の到達点
  • 計画:各目標を達成するため、いつ、何を、どうやってするか


具体例をあげてみます。

  • 目的:ダイエットして異性にもてる
  • 目標:1年後に体重が55Kg、2年後に体重が50Kg、、、
  • 計画:最初の1ヶ月は間食を我慢、次の1ヶ月は軽い運動を始める、、、


目標は、目的にも計画にも類似点があります。目的までの小さなステップであり、いつ、どうなっているかということを決めます。

最後に、単純な言葉に置き換えてみます。

  • 目的:夢、理由
  • 目標:直近目指すもの
  • 計画:方法



目標を達成すると、次の目標が出てきます。目標を達成することが目的ではないのです。

計画は、何を、いつまでに、どうやってやるかという具体的な実現方法です。 「どうやってやるか」が抜けないようにしてください。

やらされている意識が強いと、計画は絵に描いた餅になってしまいます。 なぜやらなければいけないかという明確な理由(目的)が原動力になるようにすることが大事です。

目標は、目的に向かっていくためにクリアすべきステージであり、計画はその目標を達成するための道具なのです。



計画、目標、目的の違いわかりましたね。どれも必要で、大事なのです。

具体的な計画の立て方 3つの手順

勉強するにも、仕事するにも、お金儲けするにも、目的があり、そして計画があります。

計画って必要だと思いますか? 大事だと思いますか?

参考:なぜ計画するの? やることを考えなくてよいからです。計画のコツは締め切り意識


計画とは、目的地までのカーナビのようなもので、間違いなく確実にゴールにたどり着くためのツールです。



具体的な計画の立て方は、下記の3つの手順になります。ちょっとかっこよく英語で書いてみます。

  1. todo(トゥードゥー)
  2. priority(プライオリティ)
  3. schedule(スケジュール)


中身をブレイクダウンしてみます。

  1. todo → やること(タスク)を書き出す
  2. priority → タスクに優先順位をつける
  3. schedule → タスクの期日を決める



1. todo → やること(タスク)を書き出す

まず、やるべきことを全て書き出します。 書き出した全てのタスクを終わらせれば目的達成になるようにします。 つまり、必要十分なタスクです。

そして、大事なのは「粒度」です。

1週間後までの計画なのか、10年後までの計画なのかで、タスクの粒度は変わります。 1週間後までの計画であれば、1つのタスクは数時間で終わる単位ですし、10年後までの計画であれば、1年間や1ヶ月といった長いスパンでタスクを考えます。

もし2週間後のテスト勉強でしたら、「数学、英語、国語、、、」といった粒度では何をやっていいか分かりません。「数学の第2章の教科書理解、数学の第2章の教科書問題1回目解く、、、」と具体的に書きます。

さらに、各タスクの作業にかかる時間も一緒に書いておきます。 例えば「単語帳を作る:2時間」「社会のノートの暗記1回目:2時間」などです。

時間よみはとても難しいですが、何度も経験していくうちに精度がよくなってきます。

とても面倒ですが、ここで時間をかけて整理しておくことこそが計画なのです。


2. priority → タスクに優先順位をつける

全てのタスクの優先順位を考えます。 時間が無く、やってもやらなくてもよい任意の宿題などは優先度が低くなります。

そして、ボトルネックを作らないようにします。 例えば読書感想文などは、時間がかかるものなので「どの本を読むか決める」というタスクが優先度が高いです。「単語を覚える」より「単語帳を作る」が優先度は上です。

依存関係を考慮して、これができてないから次ができないという状態にならないようにします。


3. schedule → タスクの期日を決める

各タスクの作業時間と優先度を考慮し、カレンダーに配置していきます。

その際、完了日を意識してください。 完了日から逆算してタスクをはめていくのです。パズルのようですね。

それと何もしない空き時間も必ずスケジュールに入れます。計画が破綻してもリカバリーできるようにするためです。

スケジュールを組むときは、キチキチに組んでしまいがちです。張り切りすぎず「こんな余裕でいいのかな?」と思えるぐらいの日程間隔がちょうど良いです。


計画なので、何が起こるかわかりません。柔軟に対応できるように、車のハンドルのようなアソビが大事なのです。

一般の車のハンドルには、少し操作しただけではすぐタイヤの角度が変わらないようになっています。これがハンドルのアソビです。アソビがないと常に車がフラフラすることになってしまいます。
ちなみに、F1等のレーシングカーには、アソビがほとんどありません。自分の意思がダイレクトに車に伝わるようにするためです。緊張感が半端ないと思います。



計画を立てるとは、とても面倒くさい反面、とても面白いものです。

なぜなら時間がかかりますが、やるべきことの量と時間を把握することで、全体のシュミレーションができるからです。実行する前に未来が分かるようなものでワクワクしますね。

計画をせず、出たとこ勝負で物事をすすめると、あとで時間がないとパニックに陥りがちです。 もしも「計画を立てる時間がない」ということが口癖でしたら、ぜひとも計画を立ててみてください。 手っ取り早い究極の効率化は計画を立てることです。


まずは「計画を立てる計画をする」ことからはじめてみましょう。

ピーター・ドラッカーから学んでみる

ピーター・ドラッカー」とよく言われますが、正式な名前は「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」と言います。「P.F.ドラッカー」ともよく書かれますね。

ドラッカーは、世界的な経営学者で「マネジメント」の発明者といわれています。 今回は、ドラッカーの語録からわかりやすく役立ちそうなものをご紹介します。


咀嚼するように一文一文読んでみてください。 反論するところもあるし、共感するところもあると思います。

しかし、必ず得るものがあるはずです。



ピーター ドラッカー語録


  • 時間は常に不足するものである
  • 時間は他のもので代替できない
  • 重要なことは、明日何をするかではなく、今日何をしたかである


  • 何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかが重要である
  • 寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は幸福である
  • 毎日が心地良くなったときこそ、違ったことを行なうよう自らを駆り立てる必要がある


  • 人間は、自らが望む未来の大きさに合わせて成長する
  • 知識は消え去りやすいものである
  • 蛙の卵が池からなくならないのと同じで、アイデアは決して枯渇することはない
  • 複雑なものというのは、大抵うまくいかない


  • 成果をあげる人は、いくつかの習慣的な姿勢と基礎的な方法を身につけている
  • 成果をあげるには、何に自分の時間がとられているかを知り、うまく時間を管理することである
  • 成果をあげるには、優先すべきこと集中すべきことを決め、自らの強みを生かすことである


  • 成功する人に共通しているのは、ひたすらひとつの事に集中しているという点である
  • チャンスは、集中することによって見つけることができるものである
  • あなたが成し遂げたいことに必要な能力だけを身につければいい
  • この世で成功するためには、それなりの能力があれば十分なのである


  • コミュニケーションは、受け手の経験にもとづいた言葉を使わなければ成立しない
  • コミュニケーションで一番大切なことは、相手が口にしていない言葉を聞き分ける力である


  • 成功する企業というのは「問題」ではなく「チャンス」に目を向けている
  • 組織の活動というのは、いかに世の中に貢献していくかという一点に集約される
  • 仕事ができる組織は仕事を楽しんでいる


  • マーケティングの理想は、販売を不要にすることである
  • マーケティングの出発点は、相手が何を望むか、相手にとっての価値は何か、成果は何かである


  • 市場において目指すべき地位は、最大ではなく最適である
  • 世界一になりなさい、さもなければ撤退しなさい



優れた医者は、正しい診断を多くする人ではなく、誤った診断を見つけ、直ちに改めることのできる人である。


あらゆる活動について「もし今日これを行っていなかったとして、改めて行うか」を問わなければならない。答えが否であるなら「それでは、いかにして一日も早くやめるか」を問わなければならない。


優先順位の決定には、いくつかの重要な原則がある。

  • 第一に、過去ではなく未来を選ぶ
  • 第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる
  • 第三に、横並びではなく独自性をもつ
  • 第四に、無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶ


最も重要なことから始めよ



ちょっと多かったですが、よく自己啓発書で書かれている内容と類似していますね。 共感した内容はすぐ実践です!。

読み手に伝わる文章のポイントはズバリ具体化! 2つの具体化方法とは

上手い文章というのは、小説家のように比喩や韻等の表現が豊かであったり、文章の中に引きずり込まれるような文章であったりします。

そのためには、読み手に対して、書き手が伝えたい事がしっかりと伝わっている事が必要なのです。


NHK Eテレの「テストの花道 ニューベンゼミ」のネタですが、とても有効な方法ですので、ぜひ自分のものにしてください。



まず、赤ちゃんを想像してみてください。 この赤ちゃんの様子を誰かに伝える場合、どのような文章を書けばよいでしょうか?


「かわいい赤ちゃん」


ほとんどの方が「かわいい赤ちゃん」と思ったのではないでしょうか。 文章を読んでいる読み手にとっては、赤ちゃんを実際に見ていないので、この文章だと抽象的な表現過ぎて何も伝わりませんね。

当たり前の表現、つまり表面だけの文章だと心を動かせないのです。


読み手に伝わる文章を書くポイント1つめは「形容詞を使わない」です。

形容詞とは、最後の母音が「い」で終わる言葉です。 例えば「美しい」「かわいい」「おおきい」「すごい」などです。

文章に、あえて形容詞を使わないことで具体性が生まれてきます。 「かわいい赤ちゃん」に対して、形容詞を使わない文章にすると、


「ほっぺがぽちゃぽちゃの赤ちゃんが、私にニコニコ笑いかけた」


赤ちゃんのかわいさを「かわいい」という形容詞を使わなくても、かわいらしい赤ちゃんの情景がありありと見えてきますね。



次は、怖い体験を伝えたい場合の文章表現の例です。


放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変なにおいがしたので、何だろうって思ってトイレの中をのぞいたら、赤い服の女がでてきて、追いかけられてすごく怖かった。 猛ダッシュで逃げ切ったけど、とても怖かった。


この文章も先程の赤ちゃんと同じで、具体的な怖さがあまり伝わってきません。


読み手に伝わる文章を書くポイント2つめは「五感に訴える」です。

五感というのは「視覚」「聴覚」「触覚」「嗅覚」「味覚」のことです。


さきほどの文章の冒頭を五感を使って表現してみましょう。

放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変な臭いがしたので、そのドアの前まで行ってピタっと触ってみると、何だかいつもよりヒヤッと冷たい感じがする(触覚)。 「わ、何だろう…」と思うと同時に、ギィー、音を立てて(聴覚)ゆっくりと開いていく(視覚)。 開いていくのに合わせて、そのにおいがモワッとキツくなり(嗅覚)ピチャン、ピチャンと何かが滴り落ちる音もする(聴覚)


五感を使うと、まるでその場にいるような文章になります。 そして「ヒヤッ」「ギィー」などの擬音語、擬態語をいれるとより臨場感が伝わります。



読み手に伝わる文章を書くポイントは、

  • 形容詞を使わない
  • 五感に訴える

の2つです。ブログや夏休みの宿題の読書感想文などにぜひ使ってみてください。