RSS

書評 『セクシーな時間術 魅力的な女になる55のルール』 中谷彰宏 ワクワクはスピードUpで

『セクシーな時間術 魅力的な女になる55のルール』 中谷彰宏


中谷彰宏さん

  • 中学時代から朝日放送やラジオ大阪に学生DJとして出演
  • 早稲田大学第一文学部演劇学科卒業
  • 4年で4000本の映画を観る
  • 博報堂でCMの企画演出
  • 独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立
  • 中谷塾を主宰
  • 俳優としてオスカープロモーションに所属


中谷さんの本は、目の付け所がピカイチですよね。 何度も「なるほどなるほどなるほど」と、とてもためになります。



スピードを上げると、クオリティーも上がる

  • 場に応じて「ちゃんとやる」と「早くやる」の選択ができることが大切
  • スピードを上げると、テンションが上がる
  • クオリティーはスピードに相反するのではなく、比例する
  • 時間をかけてじっくりやっても、クオリティーが上がるわけではない
  • 「ちゃんとやること」にこだわって、スピードを犠牲にしない


前倒しされると、ワクワクする

  • 「来年やりましょう」は「いつかやりましょう」と、ほぼ同じ意味
  • 前倒しすると「大変だな」と思いながらも、何か楽しくて、ワクワクする
  • アポイントメントも、「今度食事しましょう」より「今日、」と言われたほうが熱意を感じる


「集中」「テンション」「切りかえ」の中に、ワクワク、ドキドキがある

  • スピードアップすると、ワクワク、ドキドキする
  • ワクワク、ドキドキは「集中」の中にある
  • 時間が足りない時のほうが集中する
  • スピードを上げることで、テンションは上がる
  • テンションが上がらない時は、スピードアップすればいい
  • どこかで集中してスピードアップしているから、空いた時間をゆったり過ごせる


戻らない、立ちどまらない

  • 迷っている時間があったら、すぐやり直す
  • 最初の段階で迷う時間はそれほど長くない
  • やり直しの時に「これはどうしようか」と迷う時間が長い


1つの書類につき、読むのは1回

  • 読むスピードを速くすることで、書くスピードは必ず速くなる
  • 読むのに時間がかかるのは、何度も読んでいるから
  • 「何度も読む」は、別の言い方をすると「戻る」ということ
  • 同じ書類を、2回読まない


「。」を打つことでテンションが変わる

  • 通常、話し言葉の中で「。」がないことには気づかない
  • 「でもー、私はー、そのー」など、母音が長いと歯切れが悪い
  • スピード感のない人は、本来「。」のところに「、」を打つ
  • スピード感のある人は「、」でもいいところに「。」を打つ
  • 「。」を打つことで、発声も変わる
  • 「。」を打つだけで、思考回路も話し方も全部変わる
  • 語尾を明瞭にして最後まで言い切ることで、脳の回転が速くなる


常に「今」が最も貴重な時間

  • スピードの遅い人は、「来年こそ」とか「来月から」など、「来」で生きている
  • 「次回」ではなく、今日の残りの時間をがんばる
  • 明日でもなく、将来の大きな時間でもない
  • 未来でも過去でもなく、「今」という瞬間を一番大切にする
  • ワクワク、ドキドキは、今の中にしかない
  • ワクワク、ドキドキを、とっておくことはできない
  • 「今度」にとっておいたら、ワクワク、ドキドキは腐ってしまう
  • 時間の使い方は、その人の生き方



『セクシーな時間術 魅力的な女になる55のルール』 中谷彰宏

VITAさんのYouTube「オンラインVITA講演会」バンザイポーズで成功!

元気ハツラツVITAさんのYouTubeをご紹介します。
イマイチ元気のない方、テレワークでお疲れの方必見です。

VITAさん、とびっきりのゲンキをありがとうございます。


ノンスタイル石田さんが、VITAさんに「VITAの笑いはVITAにしかできへんで」と言ってくれた。 この言葉が人生を変えた一言だったとのこと。

あなたにはあなたにしかできないことがある

つまり、存在価値があるんだよ。自分にパワーがあるんだよということです。



聞き上手体操

  • うん、うん、へぇ~!
  • うん、うん、へぇ~!
  • すごい、最高! 天才!
  • 息を吸い込みながら後ろにそる


自分自身がパワースポット

  • 外側に意識がいきやすい
  • 自分に意識を
  • 広角を上げる
  • 自分が見えてるのは3%だけ
  • 97%は見えていない
  • 自分を探索してみましょう


行動が心を変える

  • 「成功」をググる → 両手を上げるポーズ
  • 「失敗」をググる → 頭を抱えるポーズ
  • その仕草は、DNAに刻み込まれている
  • 行動が心を変える
  • 先にバンザイのポーズをすれば、常に成功イメージが刻まれる


プレゼンテーション

  • プレゼント → 贈り物
  • プレゼント → 現在(今)
  • プレゼンス → 存在感


講演の締め

  • VITAさんが「オツカレライス!
  • みんなが「イエー!



VITAさんのYouTubeは、サクッと見れますので、ぜひ覗いてみてください。 きっと、VITAさんから元気をもらい、自ら元気になれますよ。

【オンラインVITA講演会】【ハイライト】Stay Homeでも大丈夫!自らがパワースポットになる秘訣

VITAさんの講演 イキイキと毎日を過ごせる3つのポイント

お笑い芸人VITAさん(内藤紗弥花さん)の講演を聞きました。

Webで検索すると、SonyのVITAしか出てきませんが、 VITAさんは、子どもっぽく明るく元気な方です。

サンシャイン池崎さんまではいかないまでも、 もし、VITAさんが友達で、いつもこのテンションだったら、ちょっとうざいですね。そのぐらい元気パワーを感じます。



VITAさんの講演では、とても得るものがあったのでご紹介します。


  • 「このご時世、生き生き過ごせてますか?
  • 「テレワークや自粛で、どんより してないでしょうか?」
  • 眼を輝かせて生きていますか?
  • マンネリ化し、覇気がない毎日を過ごしてないでしょうか?


覇気がない」というのは、物事に積極的に取り組もうとする意気込みがなく、やる気を感じられないことです。

そういえば私も「最近のテンションは低空飛行のままだな~」と感じてます。



どうすれば、イキイキと毎日を過ごせるのでしょうか? 3つのポイントに絞ってみました。


「キラン」

自分の瞳から光線を出すように「キラン」とイメージしてみましょう。 「キラン」とは、赤ちゃんの瞳や、少女漫画の瞳のように、瞬きすると輝く星がたくさん放出されるイメージです。

特に面接では「キラン」と思いながら眼を輝かせ、面接官に光を飛ばすようにしてみましょう。 投げキッスならぬ、投げキランですね。

人と会話するとき、リモート接続の相手に対しても「キラン」です。

これだけで、自分もイキイキしてきますし、相手もそれを感じてくれます。

口元も自然に笑顔になりませんか?!



「ハイタッチ」

ハイタッチは、人とのコミュニケーションでとても有効です。 握手やハグよりも、気持ちが高ぶると思います。

手を肩より上にあげて、ハイタッチです。

腕を上げる行為は、普段することはまれですよね。腕を上げるだけで気分がイキイキしてきます。 更に、タッチすることで、共有、共感が生まれ、楽しさ、嬉しさ、気持ちよさ伝染させていきます。

もし一人だとしても、「バンザーイ」と、両腕を上げてみましょう。気持ちに変化を感じるでしょう。



「意識して言葉を使う」

普段、私達は無意識に言葉を使っています。ちょっとだけ意識して言葉を使うようにすると気持ちが変わるのです。

例えば、「できない」という言葉はネガティブですが、「できる」「できるかもしれない」「できないことはない」という言葉は、ポジティブですよね。

お笑い芸人の「ぺこぱ」のシュウペイさんと松陰寺さんをお手本にしましょう。



エクセルやプログラミング中であっても、PCの画面に向かって「キラン」です。



参考:

書評 『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』 苫米地英人 速読本の最高峰!

『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』 苫米地英人


私は、様々な速読本を読んできましたが、『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』は、その中ではピカイチです。説得力もあり、目的も明確で、実践的です。

もし「速読」にご興味があるのであれば、ぜひとも手に入れて読んでみてください。



苫米地英人さん

  • 認知科学者
  • 計算機科学者
  • カーネギーメロン大学博士
  • 株式会社ドクター苫米地ワークス代表
  • コグニティブリサーチラボ株式会社CEO
  • 角川春樹事務所顧問
  • 米国公益法人The Better World Foundation日本代表
  • 米国教育機関TPIジャパン日本代表
  • 天台宗ハワイ別院国際部長
  • 公益社団法人自由報道協会 会長
  • 人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ
  • 全米で4人目、日本人としては初の計算言語学の博士号を取得
  • 徳島大学助教授
  • ジャストシステム基礎研究所所長
  • 通商産業省情報処理振興審議会専門委員なども歴任
  • 故ルー・タイス氏の顧問メンバー



本当の速読術

  • 本は一字一句飛ばさずに読む。しかも速く読む。これが本当の速読術
  • 読者が、もともともっている知識の量が速読を可能にする最大の条件
  • 既存の速読本ではこういった現実をハッキリ書いていません


先読み

  • 1行1行、目で追うのではなく、「2行目も意識する
  • 読んでいる行だけが網膜に映っているわけではない
  • 読んでいる行を中心に、左右2、3行分は自然に目に入っている
  • すぐ隣の行を、先に見てしまうのが先読みの基本テクニック
  • 1行目を読んだ時点で、2行目はパッと目に入れた瞬間理解できてしまう
  • 2行読みができるようになったら、次は3行読み、4行読みと、読む行数を増やしてみる


思考のイメージ化

  • 「思考」と「行動」そのものを加速化する
  • 特に重要なのは思考の加速化
  • 思考をイメージ化することで可能になる
  • 読んだ単語ひとつひとつの意味を理解しようとするのではない
  • センテンスごとに、あるいは段落ごとに、色や形でイメージしてしまう


知識

  • 「知識」とはデータとデータを意味づけしてつなげる力
  • つまり認識力
  • 同じデータをもっていても、関連づける力がなければ知識たり得ない


情報を分析する

  • それぞれに思う幸福を達成することが夢
  • メディアは常に正しいわけではない
  • メディアは情報を必ず加工する
  • その加工の仕方は負のイメージを好む
  • 夢を実現するためには、目の前に提示された情報をそのまま受け取るのではなく、きちんと分析する力が必要


二足のワラジ

  • 「二足のワラジ方式」はアバターを利用して、人生を2倍にする
  • 複数の職業を同時にするのがいい
  • ポイントとなるのは「同時に」の部分
  • 昼間は会社で働いて、夜は水商売というのは「同時に」にはならない
  • 会社で働きながら、頭の中でもう一つ違う仕事をするということ


著者の人格になる

  • 速く本を読むには、読書をしながら脳内でイメージをつくること
  • 究極のイメージをもっとも高める方法がある
  • それは「その本の著者の人格になってしまう」ということ
  • 最悪な本の読み方は「自分の人格で読んでしまう」ということ
  • 「自分の人格で読んでしまう」と、脳の情報フィルターが、悪いほうに作用してしまう
  • すると、自分で決めた重要な部分、都合のいい事実ばかりを拾い出しただけにすぎない
  • 自分の人格では見えなかったものが、著者の人格化に成功すれば見えてくる
  • しかも、最高の状態で見えてくる
  • 本を読んで新しい知識と出合うとは、このことをいっている
  • 著者の人格化に成功すれば、新たな世界をも手に入れることができる


速読 → 知識量 → イメージ力

  • 先読み法によって鍛え上げられたイメージ力こそが、もっとも大切
  • その力は自分の夢を叶え、世界を平和にする
  • そのイメージ力の源になるのは知識量
  • それは本を読むという行為によって蓄積される
  • 同時に、知識量があれば速読力も加速する
  • 速読力が上がれば、知識量はさらに増えてイメージ力は上がる
  • すべてはつながっている
  • 知識の差で、幸不幸が決まってくる
  • 知識がなければ絶対に成功しないということはいえる



『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』 苫米地英人

書評 『すごい読書術』 角田和将

『すごい読書術』 角田和将


『すごい読書術』速読の本ですが、下記ブルベア大賞を受賞したパンローリング出版の『出口から考えるFX』 もほしくなり、2冊とも購入しました。二足のわらじを履く?角田和将さんにも興味をもちました。


『すごい読書術』は、こんな肩書です。

  • 速読 日本一が教える速く読めて、覚えられる
  • 半分以下の時間で読めて、毎月30冊以上読める
  • 成功率95%以上
  • 15万人が実践
  • 一行1秒で読める
  • 1度に10冊読める
  • 300ページでも一気に読める
  • 最短で読書をモノにし「本の知識」を「自身の能力」に変えて高速に成長する

できたらすごいことですね。



角田和将さん

  • 速読コーチ、ビジネス書著者、国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
  • 日本速脳速読協会主催の速読甲子園で銀賞(準優勝)
  • 特別優秀賞決定戦で速読甲子園優勝者を下して優秀賞(1位)を獲得
  • 大企業から学習塾など、様々な分野での研修も実施
  • ベストセラー『1日が27時間になる!速読ドリル』
  • ベストセラー『速読日本一が教える すごい読書術――短時間で記憶に残る最強メソッド』
  • ブルベア大賞を受賞『「〇pipsを狙うなら、どのルールが良いのか」を徹底検証! 出口から考えるFX』



速読との出会い

  • お金の勉強の一環で、投資家や実業家などの成功者や年収数千万円クラスの方々に会った
  • 成功している方に共通していたのが「本を読まない人がいない」こと
  • 成功している方の本の読み方は、学生のときに国語で習った読み方とは違うものだった


遅く読んで、本の内容が頭に残っているか?

  • 1回読んでも覚えられないなら速く読んだほうが圧倒的にいい
  • 遅く丁寧に読んでも、普通に1回読んでも、100%覚えることはできない
  • 「読書速度」と「頭に残っている情報量」との間には、そもそも関係性などない
  • 読書速度と頭に残る情報量に関係がないのであれば、速く読んだほうがいい
  • 「忘れる前に読み返す=忘れない」と考えれば、むしろ速いスピードで読んだほうが何度も読める


第三者に対して説明する

  • 小学生の頃「遠足は、おうちに帰るまでが遠足です」と言われた
  • 読書もまったく同じで「アクションを起こすまでが読書
  • 「読むまでが読書」ではなく「書き出すまでが読書」と心がける
  • 読書によって身につけた知識を、自身のスキルアップに変えていくために「書く」は必要な要素


読書のスキルで、人生が変わる

  • 「速読」を極めることよりも「速読を活かすこと」を極める
  • 「自分を変えたい」という自己成長に対する強い思い
  • そのキッカケとして速く読む(読書)習慣づけを始め
  • しばらく続けていくうちに、余裕を持てる時間が増えていることに気づく
  • 仕事を早く終えて、家族と過ごす時間をしっかり確保できるようになる
  • 精神的な余裕を持てるようになる好循環のサイクルになる



具体的な速読法は、ドリル等も出版されていますので、書籍を確認していただければ良いと思いますが、簡単にまとめると、文章の音声化をやめ「見て理解」し、1冊を3時間かけて1回読むところを、1冊を1時間で3回見ることです。



書評 『「もっと時間があったら……」と感じはじめたら読む本 ~同じ時間で人よりパフォーマンスを上げる35のテクニック』 西村克己

『「もっと時間があったら……」と感じはじめたら読む本 ~同じ時間で人よりパフォーマンスを上げる35のテクニック』 西村克己


今までやっていたからという理由でこれからも続けるのであれば、新しい仕事が加わって仕事はどんどん増えるばかりです。

時間は支配するという気持ちが大切。 時間がないのではなく、どうしたら時間を捻出できるかを具体的に示してくれる本です。



西村克己さん

  • 東京工業大学大学院経営工学科
  • 富士フイルムを経て、90年に日本総合研究所に移る
  • 研究事業本部主任研究員、経営コンサルティング、社員研修会などを多数手がける
  • 芝浦工業大学大学院教授を経て、客員教授に
  • 株式会社ナレッジクリエイト代表取締役
  • 昭和ホールディングス社外取締役
  • 著書120册以上、著書の累計販売数220万部突破



未来に時間軸を向ける

  • 未来時間に目を向けるのは攻め、過去時間に目を向けるのは守り
  • 攻めと守りのバランスは重要
  • まず攻めに目を向ける
  • 未来時間の攻めに目を向けることで、気持ちが明るくなり、発想力が高まる
  • 人間は夢がなければ、長期的で継続的に努力しようとする元気がわかない
  • 明日(未来)の準備には夢がある
  • 明日の準備をすると、ゆとりが持てる
  • 時間に支配されるのではなく、時間を支配しようとする気持ちが大切
  • 限られた時間をどのように使うか、そこが時間貧乏になるか、時間リッチになるかの境目


集中

  • いろいろな仕事を混在して進めると、今までやったことを思い出すのに時間がかかりロスタイムとなる
  • 1つの仕事に集中する時間を多く確保することで、パフォーマンスを高める


ゆとり

  • 納期に追われていると、目の前の仕事をこなすことで頭の中がいっぱいになる
  • 納期前に完了すると、心のゆとりが維持できる
  • ゆとりが、新しいゆとりを生み出す善循環を確立させる
  • 急性が低くければ、重要性が高い仕事に集中する時間が確保できる


やらないこと

  • やるべきではなかったことを効率的にやるほど非効率なことはない
  • 「それをやったら儲かるのか」「やらなかったらどうなるのか」を問いかける
  • やるべきこと、やらないことの判断基準を明確にする


ECRSで時間を生み出す

  • E(エルミネイト:排除)のE
  • C(コンバイン:統合)のC
  • R(リプレイス:置き換え)のR
  • S(シンプリファイ:簡素化)のS
  • ECRSは改善の指針であると同時に、改善の優先順位でもある
  • E → C → R → S


ダラリの法則

  • ダラリの法則とは、ムリ・ムダ・ムラで問題点を見つけ出す考え方
  • ムリ・ムダ・ムラを減らすことで、成果につながらない時間を減らす


目標を小刻みにすることで、スピード感、達成感を味わう

  • 新幹線に乗っていると、線路両脇の送電線の電信柱が高速で後ろに通り過ぎる
  • 一方、同じスピードで走っていても、遠くの畑や山の方を見ていると、ゆっくり動いて見える
  • 目標も同じ
  • 目標が小刻みで身近であれば、前に進んでいる実感を感じる
  • 一方で、大目標や中目標は、進むべき方向を見失わないために大切
  • 大目標を小目標まで具体的に要素分解すれば、何をやるべきか、今はどこの目標を達成するための取り組みをしているのか、位置づけがより具体化できる
  • 目標を小刻みにして、前に進んでいるというスピード感を楽しむ
  • 人は前に進んでいるという実感に、達成感や充実感を感じる
  • 達成感は、Bエンドルフィンを分泌し、やる気を持続させる


1日3分割法でメリハリをつける

  • 朝(午前中)、昼(午後の定時内)、夜(定時後)
  • 朝は、知恵を使う仕事、直感を働かせる仕事、企画的な仕事に特に向いている
  • 昼は、腰を据えて1つの仕事に時間を十分確保して、仕事に打ち込む時間帯
  • 昼は、あれこれ細々したことを考えるのは苦手、時間と共に判断能力と機敏性が失われてくる
  • 昼は、やり方が決まった仕事、オペレーション的な仕事、実施がともなう体力仕事に向いている
  • 夜は、自分の意志で時間の使い方を決められる、個人にとっては大切な時間帯
  • 惰性や義務感で残業するのはNG


1日4分割法

  • 1日3分割法から、朝をさらに2つに分割して、早朝1時間と午前に分割
  • 朝1時間早く起きて、自分がやりたいことをする時間を確保


「あとで」はない

  • 「後で見直そう」の「あとで」見直したためしがない
  • 限られた時間を一期一会の精神でベストを尽くす


自滅時間

  • 自滅時間とは、イライラ、不機嫌、怒りなど、思考が正常に機能していない時間
  • 自滅時間では建設的な考え方ができない
  • 自滅時間になりそうになったら、開き直る、忘れる、小さいことにくよくよしない
  • 頭の切り替えを心がける

『「もっと時間があったら……」と感じはじめたら読む本 ~同じ時間で人よりパフォーマンスを上げる35のテクニック』 西村克己

スティーブ・ジョブズに学ぶ フォーカス&情熱&シンプル

スティーブ・ジョブズは、アップルiPhoneが代名詞ですが、ピクサーというアニメの映像制作会社も作ってるんですよ。あとはプレゼンも有名ですね。



スティーブ・ジョブズの言葉を噛み締めながら、1行1行読んでみてください。


フォーカスする

  • フォーカスするとは、そのほかの100の良いアイデアにNOと言うこと
  • フォーカスは、1つのタスクに集中すること
  • 1日の計画を立てるときには、その日のうちに達成したい主要な目標を1つ決める
  • 週の計画を立てるときは、達成できる可能性が高い目標を設定する


情熱に従う

  • 自分が愛することをやる
  • 今していることに情熱を注く
  • 決断は、自分史を大きく左右する
  • 自分の直感に従う勇気を持つ


Time is LIFE

  • 時間は限られている
  • 無駄に他人の人生を生きない


すべてをシンプルに考える



再度、繰り返し読んでみてください。

迷ったら、直感を信じ、できるだけシンプルに考えてみましょう。限りある時間を有効に。