RSS

それでいいです。それがいいです。ちょっとしたニュアンスの違い

お友達の家に遊びに行った時など、 飲み物を出していただきますが、

  「紅茶とコーヒーどちらにする?」

と聞かれて、

  「コーヒーいいです」

と答えていませんか?


~でいいです」という言い方は、 なんとなく投げやりで、しかたがないから、というニュアンスに聞こえてしまいます。 まだ「コーヒーで」と、止めたほうが、いい感じを受けませんか?



では、「」を「」に変えてみましょう。

  「コーヒーいいです」

となります。 これも、なんだかあつかましく、わがままな印象を与えてしまいますね。


ちょっといい方を変えて、

  「コーヒーします」
  「コーヒーいただきます」

でしたら、いい感じですね。


更に、好意への感謝の気持ちを伝えるともっと良くなります。

  「ありがとうございます」
  「コーヒーお願いします」



ちょっとした助詞の使い方で、ずいぶん印象が変わってしまうんです。 大げさですが、味わいも変わってくるのではないでしょうか。

「コーヒーいいです」と「コーヒーいいです」では、 「」といったほうが美味しく感じると思います。


一文字変えるだけで、相手に対する印象も、も変わってしまうのです。


」に続く言葉でふっと思いつくのは、「でいいや」
」に続く言葉でふっと思いつくのは、「がいいね」

いつもの消極的な「で」の人生をやめ、積極的な「が」の人生へ切り替えましょう。 相手とコミュニケーションする場合は、 ニュートラルな「を」や「に」を使うとよいです。


人の心は、言葉の響きに引きずられます。 ちょっとした口癖が人生にも影響を与えてしまうんです。


まずは、身近なところから、変えていきましょう。

0 コメント:

コメントを投稿