RSS

文句を言う人には、大人の対応を

いっつも、文句を言ってくる上司、ちょっと機嫌が悪いとすぐ文句を言う妻や夫、しかも過去の過ちも、いかにも今やったように永遠とつづく愚痴。

さて、このような人に対してどう対処しましょうか?


文句を言う人の傾向

  • プライドが高い
  • 自分は優秀だと思っている
  • 他人ごと
  • 完璧主義
  • 自分の思うとおりにふるまう
  • 相手の気持ちが読めない
  • 相手の気持ちを考えない
  • 差別区別をする
  • 上と下で態度が異なる
  • 自分より下だと思っている

こんなところでしょうか。



上司:「なんで、予定通りできなかった?」「こんなの簡単じゃないか?」
部下:「そんな事いうなら、やってみてくださいよ!」

妻:「なんなの、この洗濯の干し方、ちゃんとやってよ」
夫:「せっかくやってやったのに、じゃ、お前がやれよ!」

と言えるはずもなく、言ってしまったら降格決定、大喧嘩の始まりです。



相手の立ち場に立てない、他人ごとの上司や妻(夫)に対しては、自分ごとにしてしまえばいいのです。 つまり、主語を複数形にしてしまうのです。


「部長と一緒に練ったスケジュールは、あまかったですね」
「洗濯の干し方、もう一度教えて」「1回、一緒に干してくれない」


うまく、主語を「私たち」にできない場合もありますが、もしできれば「あなたにも責任があるんですよ」と暗に示すことができます。

ちょっと苦手な上司への報告であれば、他の私たちを作っておきます。 少し話せる第三者に事前にネゴをとっておき、しっかり説明し仲間に取り込んでしまいます。そうすればその人がフォローしてくれるかもしれません。



文句を言う人は、自分が思っている答えではない場合、不満を持ちます。 文句を言う人が期待する態度や答えを返せた場合は、とてもうまくゆくのですが、人の心は読めませんので、そうそううまくはいきません。

会話の中で答えを探りながら進めるしか無いのです。


文句に対して、ダイレクトにぶつかる必要はありません。

キャッチボールで、ボールをキャッチするとき、ボールを取る瞬間、受け手をちょっと引きますよね。これは、衝撃を吸収し上手にボールをキャッチするためです。

会話も同じです。一旦受け止めてから切り返します。いわゆる「YES、BUT」話法です。


妻:「なんなの、この洗濯ものの干し方、ちゃんとやってよ」
夫:「確かに、これじゃ乾かないね、でも一生懸命、俺なりにやったんだよ」


相手の怒りや欲求はすべて解消できませんが、少しは和らぎますし、こちらは大人の対応ができ余裕を見せつけることができます。

どうしても切り返せない場合は、「次回までに検討しておきます」で逃げるのも一手です。興奮状態のまま議論するより、あらためて作戦を立てられ、次回に望む事ができます。


また、必ず文句を言ってくる人に対しては、文句を言いたい人なのです。何かしら苦言を言うことで、上司気取りをしたいのです。そんな場合には、小さな文句箇所を予め作っておきましょう。そこに相手の気をそらしておき、時間を使わせ、残った少ない時間に、さっと本題を通してしまうのです。

先週と異なることを言う上司もいますね。その場合の対応は簡単です。 議事録を残しておき、その議事録を見ながら、その議事録前提で話を進めればよいのです。



文句を言ってくる人に対しては、ダイレクに勝負はせず、合気道のように、相手の力を利用してうまく交わし、そのまま、相手の力を利用してうまく対応するのです。

とはいっても、難しいですね。

相手の気持ちは制御できないので、相手の真意を探りつつ、相手のペースに巻き込まれず、話す速度も相手とわざと変え、やんわりと「大人の対応」をすると良いです。

相手を子どもにみたて、私は上のほうから見守っているようなイメージで「大人の対応」と、自分に言い聞かせて望むと気持ち的に楽に対処できます。



参考:言い返す技術

なぜ、今日やらないのか?

明日できることは、明日やれば良い」という考えがあると思います。 私も、この考えは良い考えだと思っていました。


『王様の速読術』という本を読んだとき、全く逆の概念を説明していました。


なぜ、今日やらないのか?


明日できるからという答えになりますが、「今日できるならやってみたほうがおもしろくないだろうか?」 全くそのとおりです。

もし、今日できるのであれば、明日はまた別のことができます。もし、今日やってみてうまくいかなければ、明日やり直すこともできます。


今日行うことで、チャンスが2倍になるんです。 逆に「明日やれば良い」ということで、もしうまく行かなかったら計画が遅れてしまうことになりますね。


『王様の速読術』の著者の斉藤英治さんがおっしゃるように「計画という名の先送りや、明日でいいやという考えのもったいなさを乗り越えなければならない」と思います。

30分でも、5分でも今日やっておくことで、貴重な時間を大切に使うことができます。 わずかな時間ですが、自分が思っている以上のことができてしまう事が多いです。


昨日の常識は今日の非常識」 まさにそうですね。

目標達成のための公言は有効?

いままで、目標達成のためには、他の人に自分の目標を言うとモチベーションが高まり、達成確率が上がるとされてきました。

例えば、「私、来月中に10Kg痩せます!」と友達に宣言したり、SNSでつぶやいたりすると、周りに言ったことで、自分にプレッシャーがかかり、頑張ろうと努力する気持ちになります。


しかし、GIGAZINEの記事は全く逆の結果を招くと言っています。

「自分の目標を公言すること」が目標達成へのモチベーションを下げてしまう - GIGAZINE


目標を公言することは、目標達成のモチベーションアップにはならず、有効な戦略とはいえないことが近年の研究では示されているそうです。

記事によると、心理学者らが疑問を持ち、さまざまな実験を行っています。 実験の結果、公言したグループに熱心さが認められなかったようです。

「私はこういう人間になりたい」と宣言することは、目標を公言するだけで実際には何の努力もしていないにもかかわらず、人間の脳は自己実現に近づいたと感じてしまうからだそうです。

公言することで、目標達成に近づいた感覚を持ってしまうのですね。

「目標の公言」で、ある程度の達成感を得てしまうと、目標達成に必要な他の努力をサボってしまう可能性があるため、むやみに目標を公言することはいい戦略ではないと研究では示されています。



「目標達成のための公言は有効か?」ということですが、人の性格によるものだと思います。負けず嫌いの性格であれば有効であると思われます。

しかし、上記の心理も少なからず働いていると私も思います。 目標達成のモチベーションを上げたいということであれば、公言だけに頼らず、外的動機要因のもの、内的動機要因のものを、複数用意すべきではないでしょうか。

また、プラス要因マイナス要因もセットであると、挫折時に立ち直りが早くなります。

例えば、

  • プラス要因:「痩せて健康になりたい」
  • マイナス要因:「もうデブと言われなくない」

2つの異なる理由があるので、挫折時の心理に応じて有効なモチベーション要因を選択し強調するのです。



GIGAZINEの記事は衝撃的でしたが、「言われてみればそうだよね」と納得する部分もありました。何事も表裏セットで考えるのも必要ですね。