RSS

書評 『一瞬で運命が変わる成功法則』 植西聰

『一瞬で運命が変わる成功法則』 植西聰


著者の植西聰さんは難しい字ですが「うえにし あきら」さんと読みます。 『一瞬で運命が変わる成功法則』によると、願望欲望をうまくコントロールすると良いそうです。願望と欲望は何が違うのでしょうか?



植西聰さん



願望とは

  • 夢や希望
  • 理性で比較的冷静に考えたもの
  • 例えば、「大金持ちになりたい」「痩せたい」


欲求とは

  • 本能的な衝動
  • 例えば、「食欲」「性欲」「睡眠欲」


成功するためには

  • 欲求で動かず、願望で動く
  • 願望を強く念じ、欲求は抑える



私は、願望をかなえるためにやりたいことがたくさんあるのですが、いつも眠気に負けてしまっていました。 やる気を出す方法やモチベーションを高める方法はよくあるのですが、「やる気があるのにできない」ことがよくあります。今回、その原因がわかりました。

やる気はあるのですが、欲求である「睡眠欲」に襲われて、願望につながる行動が阻止されてしまうんですね。


成功者は、願望達成のために欲求を抑えることができる人なのです。成功者になるには相当の努力が必要ですね。

欲求を抑える方法」について今度考えてみたいと思います。



『一瞬で運命が変わる成功法則』 植西聰

書評 『文章を整える技術 書いたあとのひと手間でぜんぜん違う』 下良果林

『文章を整える技術 書いたあとのひと手間でぜんぜん違う』 下良果林


文章を機械的にチェックするツールはいろいろありますが、そもそも良い文章を書けるようにならないといけません。 今回は、『文章を整える技術』から学んでみました。



下良果林さん

  • 早稲田大学社会科学部卒業
  • 大学在学中に女性月刊誌のフリー編集者として契約
  • Web編集者として商品ページ、Webコラム、メールマガジンの執筆
  • 年始販促の企画がヒットし、1本あたり最大7000万円以上当時最高額の売上を記録
  • ローソンにてECショップの新規立ち上げ・運営担当を経て、LPや販促チラシ、メールマガジンの執筆
  • 「引きつける」「売れる」「申込みが来る」文章力を確立
  • 独立し、ライター・編集者として、大手企業へのインタビュー記事やLPの制作、メールマガジンやブログの執筆代行



なぜ、あとから見直してみて「うわっ!」と思う文章になってしまうのか

  • 時間をおいてから読み返してみると、文章のつながりの悪さや誤字脱字、表現の重複が目立つ
  • 書いてから十分な作業をせずに終えてしまうから
  • 書いたあとにするべき作業、それが「推敲」
  • 文章をじっくり吟味し、より良くするために何度も練り直すことを「推敲」と呼ぶ


二次稿 = 一次稿マイナス10%

  • 悪くはないが、冗長
  • もっと切りつめたほうがいい
  • 文章を「足す」のではなく「削る」
  • テンポをよくするには、刈りこまなければならない


推敲が大切

  • 時間と手間をかけて推敲されたものは「納得性」となって作品に現われてくる
  • 文章のプロほど「書いたあと」の作業、すなわち推敲を大切にしている
  • もしかしたら、文章のプロは「文章が上手い」のではなく「手直しにじっくりと時間と手間をかけ、文章を読みやすく整えている」だけかもしれません


推敲とは読者への「思いやり」

  • 読み手に対する親切心をもって、どの表現がもっとも読者に伝わりやすいかを徹底的に考え、手を入れる
  • 書いている間は読者のことまでは考えられないが、書き終わったら読者になった気持ちで読み返す
  • 「思いやり」のない文章が、読み手に好印象を与えられるはずはない
  • 思いやりの心をもって文章を読みやすく整えることが重要



文章も、相手の立場に立つことが大切なんですね。



『文章を整える技術 書いたあとのひと手間でぜんぜん違う』 下良果林

思い込んでいませんか? 思い込みで制限するのはやめましょう。

サーカスなどにいる象は、くさりにつながれていて逃げないようになっているのですが、象が本気を出したら簡単に逃げることができてしまいます。

それでも象が逃げないのは、小さいときに何度も逃げようとしたができなかったという過去の思い込みがあるからです。 このお話は、結構有名なので知っている方は多いはずです。


子どものころの夢を思い出してみてください。

「パイロットになる」「サッカー選手になる」「作曲家になる」などの夢を持っていたと思います。私は本気で「ウルトラマンになる」という時期もありました。

でも、そのあこがれは薄れてしまったのではないでしょうか。大人になるにつれて現実がわかってくると「無理だよね」と決めつけてしまいます。

成功できる人は「本当は無限の可能性が広がっている」ということを信じています。


ノミはびっくりするくらいジャンプできますが、小さな容器に入れてジャンプの度にぶつかっていると、容器から出してもその高さまでしかジャンプしなくなります。


盆栽の松は海岸に生えている立派な松と同じです。盆栽という小さな容器に入れているから、あのサイズで成長が止まるのです。



思い込みで、自己制限をかけてしまうと、そこで止まってしまうのです。

無限の可能性を信じて、思い込みを捨て去りましょう



参考: