RSS

書評 『爽快イメージ成功法』 宮本晴記

『爽快イメージ成功法』 宮本晴記


『爽快イメージ成功法』は、副題にもあるように「嫌な気分よさようなら、自分をコントロールする秘訣」が書かれた本です。

楽しみしみながら、必ず良くなるという強い信念を持って、成功をイメージし、うまく脳をだまし続けることが大事だと書かれています。

よくある成功法ですが、ちょこっと斜めから攻めている感じですね。ちまたにある成功法則との違いを感じながら読むとより良いと思います。



宮本晴記さん

  • 1949年兵庫県生れ
  • 東洋大学経済学部経済学科卒業
  • トイレットペーパーフォルダーの発明でテレビ東京に出演
  • アイディア賞受賞
  • 読売新聞社系列の読売エイジェンシー社内報の編集
  • 1982年2月、読売新聞社より優秀社員に贈られる読売マイスター賞受賞
  • 能力開発プログラム販売会社の専務に就任
  • 販売マニュアルを完成させ、世界一の販売実績を残す
  • 首都圏に賃貸マンション経営を数多く展開中のマンション投資家



それでは、一部エッセンスをご紹介します。


  • 目標を書いて、絵にして、口に出せば必ず成りたい自分になれる
  • 毎日気分爽快であり続ける」ことが、精神面での目標であり、あらゆる物事を考える時の基準

  • 気分が優れない時は、気分が良いイメージを頭の中に作り出す
  • 楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ
  • 脳は現実とイメージの区別がつかない


  • 何事も意志力だけで解決しようとしない
  • 想像力の力を借りれば楽に解決できる
  • 辛い時は頑張らずに「良かった良かった」とだますこと

  • 三日坊主にならず続けるコツは、「楽しみながら」を口に出すこと
  • 気が乗らない日は「楽しみながら、楽しみながら」と口にして乗り越える


  • 楽しいことを考えると神経伝達物質のドーパミンが脳内で放出され、やる気が起こる
  • 成功後のワクワクをイメージすることが、楽しく成功する秘訣

  • 何事も、どうせやるなら楽しくやらないと損
  • 最高に楽しくやるから、偉業を達成出来る
  • なぜなら「楽しいから人の何倍も努力する、努力するから成功する」の当たり前の法則

  • 「それって楽しいですか?」と問われたら「ハイ、ストップ」と言いながら、手を一回叩き、楽天モードの切り替えを行う


  • 完璧さと適当を考える基準は「命に関わることか?」「人に迷惑がかかることか?」の2つのみ
  • この2つ以外は100%完璧さを求めない


  • 言葉に出せば、脳の自律神経系は私とあなたという人称の区別がつかない
  • 人の幸せを願って「幸せになりましょうね」と言っても、自分に「幸せになりましょうね」と言ってるのと同じこと
  • 幸せな言葉は、放った相手に行ったり、自分の方へ来たりして両方とも幸せになる
  • どちらが先かと言えば、行動を起こした分だけ自分の方が先に幸せになる


  • 鼻唄とは、気分のいい時に自然に出るもの
  • 鼻唄を歌えば脳もビックリして混乱し、「どってことない」と思えるようになる
  • 喧嘩して気分が悪くても、自分の脳をだまして気分悪くなるのを防ぐ

  • 繰り返しによって、脳はだまされる
  • 脳をだまし続けることが人生成功の秘訣
  • 現在の気分がどうあれ、脳をだまし続ければ、毎日気分よく過ごせる

  • 成功したところをイメージする
  • 必ず良くなるという強い思いは、強力なエネルギーとなり、信念が生まれる


『爽快イメージ成功法』 宮本晴記

目を大きく見開いて、瞳を輝かして聴く

アナウンサーの加藤綾子さんと水卜麻美さんが、なぜ人に好かれるのか? それを、若槻千夏さんが納得のいく答えを示しました。

それは、人の話を聞いているということだそうです。

「あの2人がずば抜けているところは、だいたいアナウンサーの人って次の進行を気にしたりして台本を見ちゃう。私がしゃべってるときとか。だけど、私の話すら一生懸命聞いてくれて、声を出さずに笑ってくれる。声を出しちゃうとほかの人の邪魔になるんですよ。声を抑えても、“あなたの話をこんな聞いてますよ”感をちゃんとあの2人は出してくれている」

「一方、次の台本を見たり、カンペをチェックしたりしている。そういう人って結局ランキングに入ってないなって気づいた」

『カトパンと水卜アナが好かれる理由…若槻千夏の分析にダウンタウン納得』


素晴らしい分析ですね。 ただ聞くのではなく、ちゃんと聴くことが大切です。


よくある2つの悪い聞き方があります。

相手の話を聞いてる間、自分がその会話とは関係ない何か別のことを考えている。 まったく、相手の話に注意を払わず、ただ音楽のように会話が流れている状況です。

もう一つは、 相手が話し終えようとしてるときに、自分が次に何を言おうか考えている。 自分が話したい事がある場合には、こうなりがちです。

このような聞き方では、もう面白いことがあっても何も話してくれなくなってしまいますね。


相手の言ってることを本当に理解しようと思って話を聞くことが大切です。 聴くという行為を何気なく行わず、以下の項目を意識してみましょう。

  • 体を相手に向ける
  • 相手と目を合わせる
  • 相手の話にうなずく
  • 共感の気持ちを表す
  • 口を挟まないで聞く
  • 話の内容に関心を持つ
  • 一生けん命集中して意識して聞く


一言で言うと「目を大きく見開いて、瞳を輝かして聴く」ということでしょうか。

書評 『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸

『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸


育児の専門家による本ですが、子どもの教育に対してかなり参考になりました。 残念ながら、この本はもう中古でしか手に入りません。

私が以前年間購読していた『AERA with Kids』という雑誌も、子どもの教育という意味では素晴らしい雑誌です。


著者 汐見稔幸さん

  • 白梅学園大学・短期大学学長
  • 東京大学名誉教授
  • 日本保育学会会長
  • 全国保育士養成協議会会長
  • 白梅学園大学名誉学長
  • 社会保障審議会児童部会保育専門委員会委員長
  • 一般社団法人家族・保育デザイン研究所代表理事
  • 専門は、教育学、教育人間学、保育学、育児学
  • 21世紀型の教育・保育を構想中
  • 保育についての自由な経験交流と学びの場である臨床育児・保育研究会を主催
  • 臨床育児・保育研究会 代表



それでは、小学生の学力を伸ばすにはどうすればよいか、いくつかご紹介します。


大人と同じような思考に入る手前に「11歳の壁」がある

  • 背の高い順などは頭の中で具体的にイメージしやすい
  • 徐々に、抽象的なもを「<」や「>」の不等号などような記号におきかえられるようにする
  • この思考は、学習過程での大事なテーマ
  • 日常会話の中でいろいろな抽象性の高い言葉を使って話をさせることが大切


友だちを自慢するわが子を抱きしめてほしい

  • まだできない我が子から「みかちゃんてすごいんだ。逆上がりを10回も連続でまわったんだよ」と聞かされたとき、「あなたは?」「なんであなたはできないの?」とつい聞いてないでしょうか?
  • クラスメートができたことを自分のことのように喜ぶことができるということは、共感力の高いとてもいい子なのです
  • 自分さえできればいい、人に勝つということなどより、共感する心をもつことのほうが大切
  • 「友だちのことをそんなに喜んで、あなたっていい子ね」と言って、心から喜んでほしい


リーダーシップも家庭で育てる

  • 後ろからついていくだけで組織全体のことを考えていない、というのではまずい
  • トップでなくてもある程度のリーダシップをとり、組織を動かしていく練習が必要
  • 旅行の計画をたててみて」と言って、練習や経験をさせることが必要
  • 親はアドバイスはしても、文句をつけてはいけない
  • 「楽しかったよ、ありがとう」と感謝し、さまざまな経験を積ませてあげる


しつけの中心は、身辺自立させること

  • 小学生のしつけで大事なのは身辺生活の自立
  • 家庭で、子どもをお客様扱いしない
  • 「勉強していればいいよ」では、生活の自立能力は育たない
  • こまかな身辺のことができないまま大人になると、整理整頓ができず、健康に気を配ることができず、勉強も仕事も、へたをすると結婚生活もうまくいかなくなる
  • 一緒に料理を作ったり、掃除は分担する
  • 身辺自立ができると、人間として信頼され、生きる力を得る
  • 勉強も生活も自分のことは自分で決める


言葉を使ってのコミュニケーション

  • 自分の本音を出し、相手の話に共感して受け止めることが当たり前のようにできれば「あの人といると楽しい」と思われる人間になれる
  • 相手の話をしっかり聞く
  • 相手のわかるように自分の考えを述べる
  • 意見が違っても頭ごなしに反論するのではなく、きちんと同じ土俵を作って上手に議論する
  • 子どもを子ども扱いせず、親子の会話を楽しむことで育まれる



とても内容が濃いので、ぜひ中古本で見つけたら読んでみることをお勧めします。


『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸