RSS

質問するだけで思い通り

質問のしかたによっては、相手を思い通りに動かしたり、自分を有利にすることができます。 いろいろな例をあげますので、コツを覚えてコミュニケーション力を高めましょう。



  • 相手の本音を聞きだしたい
    • 「私は、、、」「あなたは?、、、」
    • まず「自分のこと」を話してから質問することで、自己開示して相手に安心感を与える


  • 相手に気づきを与える
    • 「君の給料は誰からもらってるの?」
    • ヒントとなる質問をする


  • 会話内容を明確にする
    • 「いつ、どこで、それに気づいたの?」
    • 5W1Hを活用


  • 聞きにくいことを聞く
    • 「こんな話を耳にしたのですが、、、」
    • 第三者の話として聞いてみる


  • 相手に決断を迫る
    • 「AとBどちらがいいですか?」
    • 選択肢を少なくし、AかBしか選べなくさせる


  • 相手と早く打ち解けたい
    • 「へ~、そうなんだ」
    • 聞く姿勢に徹し、その人自身のことを話題にする


  • 話をうまく切り出したい
    • 「なるほど、〇〇ということですね?」
    • 相手の話をまず投げ返す


  • 相手を思い通りに誘導したい
    • 「現金とカード、お支払いはどちらにしますか?」
    • 前置きを省略して直接、結論を迫る


  • 話の主導権を取りたい -「仮に〇〇だとしたら、、、」
    • 仮の話を進めてみる


  • 議論を深めたい
    • 「そもそも〇〇とは何でしょうか?」
    • そもそも質問法で本質に踏み込む


  • 本題を切り出すタイミングをつかめない -「〇〇について、お聞きしてもよろしいでしょうか?」
    • 質問をしていいかどうかを質問する


  • 答えに困ったら
    • 「あなたはどうお考えですか?」
    • 意見を言うより、相手に話させる


  • 論理的に攻めたい
    • 「なぜ、〇〇なのですか?」
    • なぜ?を繰り返す質問をする


  • 人をうまく動かしたい
    • 「あなたはこの件をどうすればいいと思う?」
    • 相手に考えさせる問いかけをする


  • 代表して質問
    • 「〇〇の点は〇〇と考えてよろしいでしょうか?」
    • 確認型の質問なら自然にできる


  • 問題の解決法が見つからない
    • 「もし〇〇さんならどう考えたでしょうか?」
    • たとえば成功者や消費者など、立場を変えてみる



質問のしかたで、話の展開が大きく変わり、人間関係も変化してしまいます。うまい質問を心がけ、好印象を与えましょう。

うまい質問は、相手が「よくぞ聞いてくれた!」とうれしくなったり、相手の考えをよい方向に導き、なにかの「気づき」が得られる質問です。

逆に、下手な質問は、悪い印象を与え、相手をネガティブな気持ちにさせます。要点があいまいで、相手が答えにくく、沈黙してしまう質問です。


うまい質問には、コツがあります。

  • どんな立場の誰にどんな質問をするのか、相手の立場を考える
  • 質問する目的を明確にする
  • 相手が答えやすい質問をする
  • 適切なタイミングを見計らって質問する


相手を尊重し、対等に認め合った関係性で、自分の意見や要望を伝えましょう。 相手を否定的にとらえたり、見下していては、対等な関係性とは言えません。

上から目線になるのではなく、相手の立場に立つことが大切なのです。

間接褒めは、絶大な効果がある

人に直接褒められるといい気分で、嬉しくなりますよね。

しかし、自分がいないところで、自分に対して褒めている話をたまたま聞いたとしたらどうでしょう。 より嬉しいのではないでしょうか。これが間接褒め効果です。


人は、直接言われたこと以上に小耳にはさんだことを信じる傾向があります。

誰かが自分のことを褒めているのを偶然耳にすると、褒め言葉の効果は何倍になるのです。逆に、批判的な言葉も何倍ものインパクトがあるので、くれぐれも注意をしてください。


間接褒めは、子どもに対しては、より絶大な効果を発揮します。

口調は、ささやくように、でも子どもにしっかり聞こえるように言います。 ただし、子どもに気づいていないふりをしましょう。たまたま話が聞こえたと子どもに信じさせることが肝心です。

  • 「今日、自分で食べたあと、ちゃんと洗ってたんだよ。びっくりだよ」
  • 「今日ね、あの子は私に言われなくても犬にエサをやったのよ!」
  • 「このまえ、食事に行ったとき、ちゃんとごちそうさまでしたって会計のとき言ったんだよ」


自分が良く言われているのを耳にすると、子どもの瞳と顔がぱっと輝きます。こっそり覗いてみてください。

子どもを褒める話をするときは、同じ内容の話を複数の人に話すと更に効果的です。 子どもは、何度も褒めているのを聞くと、本当に心からそう思っていると思い、とても嬉しくなるのです。

褒めることで、子どもは良いことを重ねてゆき、素晴らしい思いやりのある子どもに育つのです。


ぜひ、試してみてください。



以前ご紹介した記事も参考にしてみてください。

「間接褒めで、第三者を感謝させることで、好循環が生まれる」



書評 『ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250』 堀正岳

『ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250』 堀正岳

250個ものライフハックがあるので、知っているものもあれば、これは私には難しいというものもあります。しかし、少なからず、すぐに役立つライルハックが必ずありますよ。


著者 堀正岳さん

  • ブログLifehacking.jp、mehori.com管理人
  • 「ライフハック大全」「知的生活の設計」など20冊以上の著書をもつ作家
  • 北極の気候学研究者としても活躍中



『ライフハック大全』には、250ものライフハックネタが書かれていますが、私が気になったものを12個ばかりご紹介します。


言葉を換えれば性格は変えられる

  • なりたい自分の言葉を真似ることで性格を変えることができる
  • 肯定的な言葉をあえて選ぶことによって、人は肯定的になれる
  • 「~しなくてはならない」 → 「私は、そうすることに決めた」
  • 「~でないとだめだ」 → 「~のほうがいいと思う」
  • 「やらなければ」 → 「どこから始められるだろうか」
  • 性格を穏やかにしたいなら穏やかな言葉を真似る
  • 自信を持ちたいなら自信のある言葉を真似る
  • 言葉だけでなく、姿勢にも同じことがいえる


アイゼンハワー・マトリクスを使って、時間の割り当てを決める

  • 重要度と緊急度を2軸をとる
  • 緊急でない重要なことに時間を割り当てる

7つの習慣にでてくるので有名ですね。

なぜ、アイゼンハワー・マトリクスというかといいますと、「私は2つの問題を抱えている。1つは緊急で、もう片方は重要なものだ。しかし、緊急なものは重要ではなく、重要なものは決して緊急であることがないのだ」とアイゼンハワー元米大統領が言ったからだそうです。


80:20の法則を味方につける

  • 少ない時間で生産性を上げるコツは、最も重要な部分に集中して時間を投下すること
  • パレートの法則「80:20の法則」という経験則を利用する
  • 数少ない重要なものが、成果やトラブルの大半を支配している
  • 最も結果に結びつく20%の部分に時間を集中投下する


「シングルタスク」を心がける

  • マルチタスクだと、切替時にオーバーヘッドを生じる
  • 生産性を高い状態に維持するには、一度に行う仕事は、常に1つだけにする


怒りを制御するための3つのテクニック

  • 怒りは心の動きだけではなく、身体的なものでもある
  • 言葉の発し方や、体の姿勢によって、ある程度制御が可能
  • 怒りそうになったら、手を「パー」の状態にする
  • 手をパーにしながら真剣に怒ることはできない
  • 緊張して肩が上がるのを意識的に下げて、体をリラックスの体勢にする
  • 怒りがこみ上げたら、意識的に話す速度を半分に落とす
  • ゆっくりと大声をあげるのは難しく、スピードを落とすことで冷静さを取り戻す
  • 自分を客観視して冷静な対処方法を探すきっかけにする


Noといえないなら「Yes, but」を取り入れる

  • 必要ではない仕事は断り、増やさないことが、生産性を高めるための要
  • 「いいですよ、ただし」「できそうです。その代わり」
  • 相手の依頼をいったん引き受けながらも条件を追加する
  • 相手にこちらがどれだけのリソースの余裕があるのかを伝えることを習慣にする
  • 周囲と仕事のやりとりのバランスをうまくとれるようになる


フランクリン効果で相手の好意を引き出す

  • フランクリン効果は、気難しい相手から好意を引き出す
  • フランクリン効果は、自分のかたくなな心を和らげる
  • 敵対的な人物であるほど、あえて頼み事をして自分に対する親切を引き出すことで、心理的な距離を縮める
  • 自分が嫌いな人間に対して、あえて親切をすることで自分の心を開きやすくする
  • 頼み事は「遠くにあるものをとってもらう」といったささいなことでよい 相手は、知らないうちに自分に対してガードを低くする


人間というコンテキストでタスクを管理する

  • コンテキストを人間単位で持っておくと、トラブルの回避や、連絡忘れを防げる
  • 会う頻度が少なくても相手のことを詳細に思いだせる


習慣のフィードバックループを意識して行動を変える

  • 習慣が定着する必要な3つの要素は、「トリガー」「応答」「報酬
  • 「報酬」より「トリガー」を意識する
  • トリガーとなるきっかけを設計することが最も重要
  • 例えば、読書ならベッドの上に本を置いておくなど


習慣のトリガーとして優秀なのは「時間」と「場所」

  • 新しい習慣を定着させるには、毎日必ず発生するものをトリガーにする
  • 固定した時間と場所を利用する


悪癖メモでやめたい行動を断ち切る

  • なぜいま、このタイミングでそうしたいのかメモする
  • 報酬を分析し、同じ報酬になる他の行動を試みる


3種類ある「意志の力」を意識する

  • 意志の力は3種類ある
  • 「I won’t」「私は~しない」という意志
  • 「I will」 「私は〜する」という意志
  • 「I want」「私はこのようになりたい」という意志
  • 「私は~しない」 → 「私は〜する」という意識で習慣や問題を捉え直す
  • ~する、なぜなら~」という理由をつける
  • 価値観として意識に組み込まれるようになる



Amazonでも、下記に関するライフハックの内容がカラー画像付きで掲載されています。

  • ライフハックの基本! 毎日のToDo管理、どうしていますか? 【HACK 043】
  • 「右」から「左」! 書類の通る「道」を作っておこう 【HACK 192】
  • 効率を上げるには「48分」作業して「12分」休むといい? 【HACK 077】
  • 「かわいい」のに「わかりやすい」! 手帳に使いたいアイコン例 【HACK 204】
  • イヤホンが絡まるイライラが一瞬でなくなる方法は? 【HACK 215】
  • やるべきことが「ぱっと見ればわかる」方法、あります 【HACK 044】
  • 整理しづらいものを「空中に収納」する方法がある!?【HACK 195】
  • 小物、薄いもの、長いものを「3次元的」に収納するには? 【HACK 196】
  • 身の回りの小物や、小物入れ(置き)をカンタン自作してみよう 【HACK 203】
  • あらゆる場所にノートを携帯して、「すべて」を書き留めると、人生が変わる 【HACK 156】
  • 片づけ前に「写真を撮る」だけで、ラクにスッキリ! 【HACK 189】
  • こんなちょっとした工夫で「傘の持ち去られ」が防げる! 【HACK 217】



『ライフハック大全』は、この他にもたくさんのコツが紹介されており、自分に役立つライフハックが必ず見つかるはずです。


『ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250』 堀正岳