RSS

NG会話の4の要素は、非難、侮辱、自己弁護、逃避

離婚する夫婦の会話には、特徴的な4つの要素があります。 これは、夫婦間だけでなく、友達や家族との会話にもいえることです。


アメリカでは、年間の離婚件数がおよそ80万件もあるそうで、心理学者のジョン・ゴットマン博士が、20年にわたり3000組以上の夫婦の会話を集め、分析した結果に基づくものだそうです。


特徴的な4つの要素

  • 非難
  • 侮辱
  • 自己弁護
  • 逃避


見てわかる通り、予想通りあたりまえの4つが並びました。そうです。私達は、これら4つのことが悪いとわかっているのです。しかし、現実は、これらのことを言い合ってないでしょうか?。少なくとも私はすべて相手から感じていますし、自分でも発していると自覚しています。

あえて、当たり前のことを再度認識することで、何気なく行っている行為を自制することができます。

  • 非難とは、人の欠点や過失などを取り上げて責めることです。
  • 侮辱とは、相手を下に見て、バカにすることです。
  • 自己弁護とは、「ごめん、でも。。。」と言い訳をすることです。
  • 逃避とは、相手の話に向き合わず逃げることです。


確かにこれらを続けていれば、離婚しますよね。



特徴的な4つの要素のようにネガティブな会話にならないようにすればいいのですが、「非難、侮辱、自己弁護、逃避」をいつも気にするのはちょっと難しいので、まずは下記の2つのことをNGワードとして言わないようにしてみましょう。

  • 「なんで?」
  • 「いっつも」


「なんで?」がなぜNGワードなのかというと、言い方によってだいぶ伝わり方が違うのですが、「なんで?」って言いたい時は、たいてい相手を責めたい時が多いからなんです。

「なんで、いつも出しっぱなしにするのよ?」「あ、ちょっと疲れてたから。。。」など、相手は言い訳を言いたくなりますよね。

「いっつも」は、決めつけになる言葉だからです。言われたほうは、心を閉ざしてしまうか、「いや違うじゃないか」って言いたくなってしまいます。



夫婦の会話で大事なことは、共感することです。表情や相づちだけでもいいのです。 「非難、侮辱、自己弁護、逃避」について自らを振り返って反省し、「なんで?」「いっつも」をNGワードとしてまずは、5分だけでも試してみましょう。

最悪の苦しみは、誰からも必要とされないこと

最悪の苦しみは、何だと思いますか? 死でしょうか?

マザー・テレサは「誰からも必要とされないこと」だと言っています。


マザー・テレサ(Mother Teresa:1910年~1997年)は、カトリック教会の聖人です。 「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名なんです。本名ではなかったんですね。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民は彼女を入れて、わずか7人しかいない)。(Wikipedia)



人は、必ず他の人と関わりを持ちます。その関わりがあるからこそ喜びや幸福を感じるのです。

マザー・テレサの言葉の英語の原文を見てみましょう。


I have come to realize more and more that the greatest disease and the greatest suffering is to be unwanted, unloved, uncared for, to be shunned by everybody, to be just nobody [to no one].

最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。


遊びでも、仕事でも、人に必要とされていると喜びを感じますよね。それは、「心地良い自分の居場所感」を得るということなのです。

  • 必要とされる
  • 受け入れられている
  • 居心地良い
  • ありのままでいい

愛されている」とまでいかなくても「受け入れられているか?」ということがポイントです。この「心地良い自分の居場所感」があると、仕事も遊びも学業も楽しく有意義に幸せに過ごせるのです。


しかし、残念ながら世の中すべてこのような環境ではありません。 「心地良い自分の居場所感」を得るには、自らの努力も必要なのです。


同じ仕事の中で変えられることを変えるという「ジョブ・クラフティング」という考えがあります。

ジョブ・クラフティング」とは、仕事の有意味感、満足感、自己効力感を得るため、やらされ感のある仕事などを働きがいのあるものに変容させることです。 それにより生産性が上がり、個人にとっても、企業にとってもハッピーになり、WinWinな取り組みとして期待されています。

コップに半分入っている水を「半分しか無い」 → 「半分も残っている」というように、同じものを別の視点で捉え、今の環境での視野を広げ、工夫しポジティブ要素を増やすことで、楽しめる環境に置き換えることなのです。

それにより、自然に受け入れられる人になってゆき、必要とされる人になり「心地良い自分の居場所感」を得られるのです。



もう2つほど、マザー・テレサの言葉をご紹介します。


The most terrible poverty is loneliness, and the feeling of being unloved.

最もひどい貧困とは、孤独であり、愛されていないという思いなのです。


We ourselves feel that what we are doing is just a drop in the ocean. But the ocean would be less because of that missing drop.

私たちがやっていることは大海の一滴にすぎないことは、私たち自身感じています。しかし、大海はその一滴分は少なくなっているのです。



小さいほんの僅かな変化から、必要とされる人になれる取り組みを初めてみましょう。多少の努力や苦しみがともなうかもしれませんが、それが結果的には、自分の幸せにつながるのです。

まずは、興味を持つこと、人の良いところを見るようにすることなど、将来の自分への貯蓄として簡単にできることを実践し、「心地良い自分の居場所感」というゴールに向き合うところから初めてみましょう。



最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。」(マザー・テレサ)

書評 『爽快イメージ成功法』 宮本晴記 同じならいい方へ考える

『爽快イメージ成功法』 宮本晴記


『爽快イメージ成功法』に面白いお話がありましたのでご紹介します。


道端で、一人の老婆がシクシク泣いていました。 そこへ五十過ぎの男性が通りかかりました。 「あらっお婆さん、こんなに晴れて気持ちいい天気に、なんで泣いてるんですか?」

「実は私には娘がいて、嫁に出した先が傘屋なんじゃ。こんなにいい天気だと傘が一本も売れんのんじゃ。店が潰れないかと心配で泣いとったんじゃよぉ」

「あぁそうですかぁ、雨が降るといいですねぇ」と言って、男性は通り過ぎました。

次の朝、朝から雨がシトシト降りでした。 男性が同じ道を通りかかると、昨日と同じ老婆がまた泣いてました。 「あらっお婆さん、昨日のお婆さんじゃないですか。

今日はまたなんで泣いてるんですか、雨が降ると何か都合の悪いことでもあるんですか?」 「実は、私には次女もいて、嫁に出した先がゲタ屋なんじゃ。こんなに雨が降ると足が濡れて一足も売れんのじや。店が潰れないかと心配で心配で、自然に涙が出てくるんじゃよぉ」

「ちょっとお婆さん、それ逆にしたらどうですか。晴れた日には、ゲタが売れて良かったと思いなさいよ。雨が降れば傘が売れて良かったと思えばいいじゃないですか」

「あぁ、そういう考え方もあるんじゃのう。これはこれは、どこのどなたか存じませんが、いい話をありがとうございました」 その後お婆さんは、心安らかに幸せな一生を終えることができました。 めでたしめでたし。


悪い方へ考える人は、悪い方へ悪い方へ考えます。どこか悪いところがないかと、悪いところ探しを始めます。 私の妻も小言は言いますが、滅多に褒めてくれません。言ってる方も聞いてる方も気分よくないですよね。



この話は、半分水が入ったコップの話と同じですね。

  • 「もう、半分しかない」
  • 「まだ、半分もある」

物理的には同じことを言っていますが、気持ちは全く違いますね。


同じならいい方へ考えた方が得なんです。 いい方へ考えれば、気分も体調も良くなるし、一日中笑って過ごせます


では、ついつい、悪い方へ考えてしまう悪い癖を直すにはどうしたらよいでしょうか?

それには、繰り返し実践するしかありません。マイナス言葉をプラス言葉に置き換える練習をし、無意識にそれができるように繰り返すのです。

ちょっと大変ですが、それができるようになれば、気持ちよくハッピーに人生過ごせるようになります。


「あー疲れたー」「忙しいー」っていつも言ってませんか?
お疲れ様、よく頑張ってる」に置き換えてしまいましょう。



さあ、「輝く言葉、わくわくする言葉」を使いまくりましょう!



『爽快イメージ成功法』 宮本晴記