RSS

相手の受け取り方は自分とは違う、相手の気持ちを想像する

些細なことで、家族や友達同士ケンカすること、ありますよね。 ケンカまでしなくても、ちょっとギクシャクしちゃうことがあると思います。


実は、ケンカの内容よりも、言動に問題があることのほうが多いのです。 つまり、内容そのものよりも、言い方で傷つくことがあるのです。

言っている本人はなんとも思っていなくても、言われている方はとても嫌な感じを受け、大きなストレスや怒りを覚えてしまうのです。

それは、親と子、先生と生徒、上司と部下など、上下関係が明確な場合はもちろん、友達同士でも微妙な暗黙の上下関係ができている場合に起こりやすいのです。



なんで、おまえに言われなくちゃならないんだよ」と思ったことはないでしょうか?

相手は悪気があって言ったわけではないのですが、こちらとしては「オマエごときに」というちょっとしたプライドが傷つき、ちょっとムカッとするのです。


「さよなら、さよなら、さよなら」で有名な映画評論家の淀川長治さんのエピソードがあります。

相手が失礼なことをしたり、非常に冷たい時、昔はすぐ怒っていましたが、ある時期から腹が立たなくなりました。それは、その人が失礼なことを失礼だと思っていないことに気がついたからです。


そうなんです。言う側と言われる側では、同じ言葉でも全く捉え方が違ってしまうのです。



母「はやく、片付けなさい」
子「今やろうとしてたのに、うるせーな」


これも、よくあるパターンです。 心で考えていた事まで親は予測できませんから、行き違いが起きるんですね。


母「本、わすれてるよ」
子「そんなの読む時間ないよ」


なんだか会話が噛み合っていませんね。

朝、子どもが学校に行く時、リビングに本が置きっぱなしだったので、母は子どもに「忘れてるんじゃない?、大丈夫?」と心配して言ったつもりでした。

しかし、子どもは、今日は試験勉強をするため電車内では読めないと思い、わざと置いておいたのです。 母はそんなことは知らないので、困惑してしまうのです。良かれと思って言ったことなのに、相手がなぜだかイラッとして切れてしまうのです。

時間が無い切羽詰まった状況では、自分の気持ちが先行してしまうので、特に気をつけましょう。 言い方を優しくしたり、もう少し分かるように説明することで少しは解消できるのです。


相手の気持ちや思っていることは言葉にしないと通じませんね。

はなっから、お互い悪気は全くないんです。 しかし自分と相手では受け取り方が違うのでぎくしゃくしてしまうのです。



子「お父さん、できるの?」(ちょっとおふざけ気味に)
父「。。。」(プライドがズタズタ)


お父さんはカチンときています。 なぜなのか? 子どもはわかりません。父がどうしてそう思ったのか伝えてないからです。


「言う側」は、相手の気持ちを考えて発言し、「言われた側」は、自分の気持ちをきちんと相手に伝えるようにすると、少しずつ相手の気持ちやプライドが分かってきて、お互い、いい関係になれます。

しかし、「言われた側」は、感情が先行し、すぐ説明できません。

そんな場合には、時間がたってからでもよいので、第三者に、できれば相手より暗黙的に上の人に自分の気持ちを伝え、理解してもらいます。 そして「言う側」に対して、その第三者から気持ちを伝えてもらうのがよいです。


間接的でもいいので、自分の気持ちをウヤムヤにせず「I(アイ)メッセージ」をきちんと相手に伝えるのです。



子「お父さん、できるの?」(ちょっとおふざけ気味に)
父「。。。」(プライドがズタズタ)

父から母へ「内容はともかく、あの言い方とてもプライドが傷ついたよ」
母から子へ「お父さんとても悲しがっていたよ、お父さんは、とてもプライドが傷ついたみたいだよ」
子「そうだったんだ、ごめん」


ただでさえ、父は母に頭が上がらないんだから、少しは父親を持ち上げてあげましょう。 そうすれば、家庭円満、お小遣いアップ、ケーキやアイスのお土産率が増えるかもしれませんよ。

実は、父親というものは、とっても子どもに甘いんですから。



特に、目上の人に対しては、内容以前に言い方に気をつけましょう。ちょっと気をつけるだけで劇的にコミュニケーションがよくなります。


「やっておいてよ」(ぶっきらぼうに)
「やっておいてね」(お願いするように)


言い方をちょっと変えるだけで、相手が受ける印象や感情は全く異なります

何かを頼むということは、相手を動かす事が目的です。 より相手が気持ちよく動けるように誘導してあげることがお互いに幸せになれるのです。



  • 相手の受け取り方は自分とは違う
  • 相手の気持ちを想像する

これが、円滑で心地よいコミュニケーションを生み出すポイントです。

「世界がもし100人の村だったら」自分も村人の一員

「世界がもし100人の村だったら」という本をご存知でしょうか? この本は知らなくてもフレーズは聞いたことがあると思います。

この本は2001年に書かれたものですので少しデータは古いかもしれませんが、自分がどんなに幸せな国に生まれ、どんなに恵まれているのかを再認識できると思います。

何か感じることがあれば幸いです。



「世界がもし100人の村だったら」

  • 52人が女性です
  • 48人が男性です


  • 30人が子どもで
  • 70人が大人です
  • そのうち7人がお年寄りです


  • 90人が異性愛者で
  • 10人が同性愛者です


  • 70人が有色人種で
  • 30人が白人です


  • 61人がアジア人です
  • 13人がアフリカ人で
  • 13人が南北アメリカ人で
  • 12人がヨーロッパ人です
  • あとは南太平洋地域の人です


  • 33人がキリスト教
  • 19人がイスラム教
  • 13人がヒンドゥー教
  • 6人が仏教を信じています
  • 5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています
  • 24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているかあるいはなにも信じていません


  • 17人は中国語をしゃべり
  • 9人は英語を
  • 8人はヒンディー語とウルドゥー語を
  • 6人はスペイン語を
  • 6人はロシア語を
  • 4人はアラビア語をしゃべります
  • あとの半分はベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などをしゃべります



  • 20人は栄養がじゅうぶんではなく
  • 1人は死にそうなほどです
  • でも15人は太り過ぎです


  • すべての富のうち、6人が59%をもっていて、みんなアメリカ合衆国の人です
  • 74人が39%を
  • 20人が、たったの2%を分けあっています


  • すべてのエネルギーのうち、20人が80%を使い
  • 80人が20%を分けあっています


  • 75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがあります
  • でも、あとの25人はそうではありません
  • 17人は、きれいで安全な水を飲めません


  • 村人のうち、1人が大学の教育を受け
  • 2人がコンピューターをもっています
  • けれど、14人は文字が読めません



  • 銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭が転がっている人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です
  • 自分の車をもっている人は、豊かな7人のうちの1人です


  • もしあなたが、いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら、そうではない48人より恵まれています
  • もしもあなたが、空爆や襲撃や地雷による殺戮や武装集団のレイプや拉致におびえていなければ、そうではない20人より恵まれています



  • 1年の間に、村では1人が亡くなります
  • でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので
  • 来年、村人は101人になります



自分が、村人の一員だということを忘れないでください。

夢の設定は、脳の性質をうまく活用し、ワクワク感を持たせる

ゴールを設定する上で注意すべきことは、脳の性質をうまく活用することです。

  • 否定形はNG、肯定形で設定する
  • 「~しなければならい(have to)」ではなく「~したい(want to)
  • 「~したい」を「~だ」という進行形にする
  • 臨場感を高め、楽しくワクワクすること



「絶対にパンダを想像しないでください」

そう言われると、逆に「パンダ」をイメージしてしまうものです。 否定語を使っても否定してくれないのが脳の特徴です。

ゴール設定や目標設定の場合「間食をしないようにする」といった否定形を使った文では逆効果なのです。潜在意識の中では「しない」というものは無くなり、逆に「間食」という言葉を引き寄せてしまいます。


否定形を使わずに、肯定形で設定するのです。 ただし「運動しなければならない」といった後ろ向きの設定はいけません。

言葉通り、やる気が起きませんよね。自分のモチベーションがアップするようなゴール設定が必要です。

「運動してかっこよくなってモテたい」といった「want to」のゴール設定をします。「want to」なので、脳が無意識にゴールへの最短距離を選んでくれるようになります。


更に、すでに達成しているかのように現在形で設定すると、より脳をだませます。 「運動してかっこよくなってモテてている」

今まさにそうなりつつある自分をイメージできると、運動に関して考えるようになり、今まで見えなかったものが見えてきます

何気なく掃除をしていた週末が、運動を兼ねて掃除ができるようになり、掃除が楽しくなります。 後ろ向きな意識は一切なくなるのです。

ネットを見ていても、ついつい運動系のサイトを見てしまい、必要な知識や情報も収集するようになるのです。

ゴールへの関心が持続すると、見えていなかったものが自然に集まってくるように感じます。 これが「引き寄せの法則」の正体です。



ゴールの臨場感を強めていくと、五感を通じて入ってくる莫大な情報から必要なものだけを取捨選択してくれるようになります。

ゴールの臨場感を強めるということは、実際にその場に身を置いているかのような感覚のことです。 アスリートの人たちは、自分が1位でゴールする姿を試合前にイメージするといいます。

臨場感のあるイメージをするには、体感を伴わせるようにします。考えるだけでなく感じるのです。 映画「燃えよドラゴン」での言葉「Don’t think. Feel!」は、ブルース・リーの名言ですね。


そして現状よりもゴールのイメージの方が居心地の良い空間であることを脳にインプットします。

人は怠けものなので、現状がまあまあだと無意識にその場にとどまろうとします。 「現状よりもゴールがいいんだよ」と脳の教えてあげるのです。

臨場感が強まっていくにつれ、ゴールの方が自分にとって居心地のいい空間になり、脳が無意識に、ゴールと現状との乖離を埋めようとして、ゴールへと自動的に導いてくれるようになります。



最後に、やはりゴールは楽しくワクワクすることがいいですよね。「~しなければならない」から「~したい」に変えたことですでに楽しくなっていると思います。

ゴールは、義務でもなく、やりたくないことでもないのです。うまく言葉を工夫して、脳の無意識の部分にも夢への手助けをしてもらいましょう。



ワクワク感を目標にどう結びつけるかが、ゴール設定の肝です。