RSS

「1.01の法則」と「0.99の法則」

コツコツと努力をすること」は大事であるということを、数字のマジックを利用すると、とても説得力のある話にすることができます。

部下にプレゼンをする場合や、子どもを諭すときなどに使ってみてください。ただし、中学生以上の数学レベルがないと理解できませんので、小学生にはちょっと難しいですね。


コツコツと努力をすること」は大事であり、「少しずつさぼってしまうこと」は良くないということを数学的に論じます。

「指数計算がなぜ当てはまるのか?」「足し算や引き算なのでは?」など細かい疑問はありますが、なぜかなるほどと思ってしまいます。



「1.01の法則」

  • 1.01の365乗=37.7834
  • 1日0.01の努力をコツコツし続ければ、1年後には約38倍にもなり、大きな力になる


「0.99の法則」

  • 0.99の365乗=0.0255
  • 1日0.01だけ少しサボることをし続ければ、1年後にはほとんど力がなくなってしまう


「0.99の法則」をプラスに捉えると、タバコや間食など、やめたいことを当てはめるといいですね。

1の365乗=1となり、毎日同じことをしていても、1年後も変化がないとなってしまいますが、これはちょっと違いますね。頭のいい子に説明したら、切り返されてしまうかもしれません。



こんなお話もありましたね。

ご褒美をもらうことになった男が「初めは米一粒。その後は毎日、前日にもらった米の二倍の米を下さい」と言いました。その場で計算出来ないととんでもないことになってしまいますね。


更に、わずか0.1mmの紙を42回折ると、その厚みは、月に届いてしまいます。 物理的には不可能ですが、0.1mm×2の42乗=約44万Kmとなり、月までの距離38万Kmより大きくなりますね。



おもしろいですね。素直に、数字のマジックを楽しんでみてください。

子どもの困った言い方の切り返し方法

子どもに使ってほしくない言葉ってありますよね。 そんなときは、スマートに対応して、切り抜けてしまいましょう。

よくある言葉の例をあげてみます。


ムカつく

「ムカつくんだよあいつ」
「なんで、頭にきたの?」


ウザい

「ウザいよ」
「なんで、うっとうしいと思ったの?」


キモい

「あいつ、キモいんだよ」
「そっか、一緒に遊ぶ気分ではなかったんだね」


ビミョー

「ビミョーなんだよね」
「どんなところが変なのか教えて」


困った言い方を違う言葉で置き換え、どんな気持ちなのか、具体的な理由や感情や状態を言葉で言えるように誘導してあげます。



ムリ

「そんなのムリだよ」
「難しいんだね。じゃこれだけやってみるのはどう?」

「なんでできないのよ」といった、親の感情的な返答は、子どもが理由を話す気をなくしてしまいます。 また、責められる言い方も、子どもは感情的な言葉でしか返せません。

子どもの言い訳を受け止めたうえで、子どもができそうな具体的な方法を提案してあげましょう。

「じゃ、自分の靴だけならできる?」
「今はムリなのね、いつならできる?」



親がケンカを買ってしまっては、感情のぶつけ合いになってしまいます。なるべく親は我慢して冷静に対応することが大切です。

とは言っても、親も人間ですので、カッとなってしまうこともあり、なかなかできるものではありません。もしそうなってしまっても「冷静に対応しなくちゃいけないという気持ち」だけでも、持つことが大切です。

初めから100%できることは望まずに、1%から始めましょう。



おすすめの子ども教育情報誌(私も定期購読していました)

子どもと会話を続ける5つのコツ

子どもとの会話は、ちゃんと続いていますか?

「もう、面倒だからいいよ」
「むむむ。。。。」
「お父さんに話したから、お父さんに聞いて」


機嫌がいいときには話してくれますが、タイミングによっては上記のような態度をとられてしまいます。 それは、親が親をしているからなんです。

親が上、子どもが下という態度が、聞く態度にあらわれてしまって、子どもにとっては不快なのです。 同じ目線に立って会話をすることが大切です。その上で、下記の5つのコツを使うと効果的です。


  • 子どもの言いたいことを全部話させる
  • 相手が言ったことを繰り返す
  • 感嘆する
  • 質問する
  • 細切れ単語会話は文章で返す


「子どもの言いたいことを全部話させる」

途中で、茶々を入れてはいけません。 知らないうちに自分が聞きたい質問をして、話がそれてしまうことがないようにします。


「相手が言ったことを繰り返す」

オオム返しの法則です。わかってもらえているという安心感を子どもに与えます。

母:(ゆっくり優しく)「高橋くんが?」
子:「高橋くんがいじわるしたんだよ」
母:「高橋くんがいじわるしたんだ。。。」
子:「うん、だって、、、」


「感嘆する」

淡々と聞くのではなく、感情表現をするというということです。つまり共感ですね。

「そうなんだ!」
「へー!」
「ほう!」
「すごいね!」


「質問する」

話がだいたい見えてきて、言い終わったなと思ったら、話の内容にあった質問をします。

「どう思ったの?」


「細切れ単語会話は文章で返す」

泣いていたり、感極まっていたりすると、単語の会話になることがあります。 親は、細切れの内容をまとめてあげると、子どもに対して伝わった感満足感を与えることができます。

子:「血が出た」「転んじゃって」「ぶつかった」
母:「学校で?」
子:「廊下」
母:「廊下を走っていたら、田中くんとぶつかって転んで膝を擦りむいたのね」



子どもと会話を続けコツがわかったら、よくあるNGの例を2つご紹介します。


NG「ママの言いたいことわかるよね」
NG「もう9時、何時だと思っているの、早く寝なさい」

大人のように、裏の意味を察することは小学生にはできません。理解できる言葉で具体的にストレートに伝えることが必要です。「もう9時だよ。寝る時間だよね」


NG「片付けなさい」

禁止命令はNGです。 子どもの行動をうながしたい時は、命令や禁止ではなく、とってほしい行動、やってほしいことを具体的に伝えます。「片付けの時間だよ、本は本棚にしまってね」



おすすめの子ども教育情報誌(私も定期購読していました)

子どもとの会話 言いたいことだけ言っていませんか? 子どもの話を聞いていますか?

子どもとの会話 言いたいことだけ言っていませんか?

  • 「宿題やったの?」
  • 「上履き洗っときなさいよ」
  • 「プリント出してよ」
  • 「明日早いんだから、早く寝なさい」

よく、このような会話というか、一方的な親の言動を耳にします。 親は言いたいことを、ずらーーーーーと、並べて子どもをまくしたてます。 しかも、「宿題やったの?」と「早く寝なさい」など矛盾があることもしばしばです。


これ、自分に言われたらどうでしょうか? ちょっとムッとしますよね。 今思ったことが子どもにも当てはまるのです。


親は、自分の言いたいことだけ言って、自分の都合で話しています。 「あれやってない、これどうした、あーだ、こーだ」

子どもがしゃべるすきをあたえず、マシンガンのごとく思いついたことを子どもに浴びせます。 これでは、子どもは逆ギレしてしまいますよね。

一つ言ったら、喋りたいのを我慢して、子どもの反応を待ちましょう。そして、子どもの意見を聞いてください。一つ一つきちんとこなしてゆくのです。



子どもの話しを聞いていますか?

子どもは、何も言ってくれないですか? それは、いままでの接し方が悪いのです。 子どもが話し出したとき、さえぎってないでしょうか?

  • 「今、洗濯干しているからあとでね」
  • 「こっち来て話して」
  • 「今、TV見てるから後にして」

子どもは、後回しにされると「もういいや」となってしまい、後で聞こうと思ってもめんどうくさくなってもう話してくれません。


このようなことを続けていると、本当に何も話してくれなくなってしまいます。 子どもが話しだしたら、今やっている作業を止めて、近くに行って、興味深く話しを聞いてあげてください。

そうすれば、子どもは楽しく話しをしてくれますし、親の話を聞く姿勢を学習してくれて、親が話したいときも、「今TV中だから静かに!」など言われなくなります。


内容に関しては、興味がなくても興味を持って聞いてあげましょう。それは、将来、なんでも話してくれる子どもになってもらうためでもあるのです。



今の親の態度が、将来いい子に育つ布石なのです。



娘が小学生の頃、私が定期購読していたおすすめの子ども教育情報誌をご紹介します。

書評 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 佐藤雅彦 菅俊一 高橋秀明

『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』
佐藤雅彦 菅俊一 高橋秀明


うなぎやさんやランチなどで、メニューに松竹梅とあると、たいていは竹を頼みませんか? 実は、これって行動経済学で説明できるんです。

『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』は、いろいろな面白いへんてこな行動のエピソードを、まんがで書いたものです。

どんなタッチの漫画なのかは、Amazonの説明のところに、4ページ分ですが見ることができます。 あとがきを読むと、はじめは、どこかのまんがとコラボしようとしていたみたいですが、結局は、自分たちで書いちゃえっとなったようです。


私の感想としては、「まー面白い」といった感じでしょうか。「行動経済学には、こうゆうことなんだよ」とやさしくまんがでわかりやすく説明してくれています。

ただ、「だからどうなの?」「それで、どう利用したらいいの?」というところまでは突っ込まれていません。

人間は、自分の意志で、決めて行動しているが、実はいろいろな環境に左右されているんです。ということを教えてくれます。小中学生向けですかね。



著者は3人です。簡単に紹介しておきます。

佐藤雅彦さん

  • 東京大学教育学部卒
  • 慶応義塾大学教授を務めたことがある
  • 「だんご3兄弟」作詞&プロデュース
  • ピタゴラスイッチ」監修


菅俊一さん

  • 多摩美術大学美術学部統合デザイン学科専任講師
  • 人間の知覚能力に基づく新しい表現を研究・開発


高橋秀明さん

  • 電通に入社
  • 「明治ミルクチョコレート」「キシリッシュ」等の広告キャンペーン担当



さて、『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』の内容ですが、私が面白いと思ったものをいくつかご紹介します。


「アンダーマイニング効果」:報酬が動機を阻害する

落書きをやめさせたいおじいさんがいました。 悪ガキの子どもたちは、自分たちが楽しむために落書きをしていました。

おじいさんは、なんと!、落書きしたら、お小遣いをくれるようになりました。 子どもたちは、お小遣いをもらって落書きを続けた結果、いつの間にか、目的がお小遣いをもらうことにすり替わっていました。

その後、おじいさんは、子どもたちに、お小遣いをあげるのをやめました。 そのとたん、子どもたちは落書きをやめました。


アンダーマイニング効果は、自分が好きでしていた行動(内発的動機)に、報酬(外発的動機)を与えられることによって、やる気がなくなってしまう現象です。

よく「成績が上がったらお小遣いをあげよう」という親の作戦は、あまり良くないようですね。



「フレーミング効果」:枠組みを変えると価値が変わる

こんな広告は、どうでしょうか?

  • 従来の製品の90%の油分を使用
  • ビールも今はライトな時代へ なんと97%水分
  • 死亡率20%の手術

どれも、嫌な感じですよね。ちょっと見方を変えると、ネガティブな情報は、ポジティブに変える事ができます。

  • 従来の製品より油分を10%カット
  • アルコール分3% かなりライトな気分
  • 成功率80%の手術


同じ情報でも言い方を変えることで、異なる印象を与えられるのです。人は目の前にあるものだけで、直感的に判断してしまう傾向があるからです。



「参照点依存性」:基準に引っ張られて、価値が変わる

今、部屋の温度が24度だとします。

外が40度を超える猛暑日に、部屋に入ると寒く感じますが、外が氷点下になるほど寒い日に、部屋に入ると暖かく感じます。

その性質を利用して、梅干しとご飯だけの日の丸弁当を、とても美味しくする方法があるのです。

下記のような手紙を弁当につけて、食べる前に読んでもらうのです。

ニューヨークに1ヶ月滞在していることを想像してください。
毎日毎日、食事といえば、肉の塊、分厚いステーキ、大味のハンバーガー、油ギトギトのフライドチキン。最初はとてもうれしかったのですが、10日もすると苦痛になり、更に10日たつと苦行のようになってきました。もう脂っぽいのも肉も見たくありません。
さあ、そんなとき、目の前に、日の丸弁当が現れました。

単なるイメージですが、日の丸弁当が、悔しいほど美味しいはずです。空想上の食べ物と比較することで、お弁当の評価がかわったのです。


何か物事を評価する際、その物事の絶対的な価値ではなく、ある基準との相対的な比較によって、価値を決めてしまうことがあるのです。



「新近効果」:終わり良ければすべて良し

人は、複数の情報を順番に提示されたとき、後の提示に対して、強く印象を残します。そのため、同じ情報でも順番によって受ける印象が変わり、意思決定や価値判断に影響するのです。

  • 美味しかったけど、高かったね
  • 高かったけど、美味しかったね

  • 可愛いけど、派手だね
  • 派手だけど、かわいいよ

  • 僕は、あなたと結婚したいけど、給料は安いし、口うるさい母親がいる
  • 給料は安いし、口うるさい母親がいるけど、僕は、あなたと結婚したい

それぞれ同じことを言っていますが、全く受ける印象が異なりますね。



『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』を入門のきっかけとして、行動経済学を学んでみるのもいいですね。結構人生に役立つ情報が満載です。まんがなので、子どもの興味関心を誘い「面白い!」と思ってくれたら思う壺です。

行動経済学にでてくる「ナッジ」も、とても興味深いテーマだと思います。


『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』
佐藤雅彦 菅俊一 高橋秀明

結果がほしければ、出口戦略!

出口戦略を普段の生活に応用したいと思います。

本来の「出口戦略」の意味は、損害を小さくする撤退方法のことで、戦争や経済に対する用語です。もともとは、泥沼化するベトナム戦争に対してアメリカが行った被害を最小にした軍撤退のための戦略がきっかけにこの言葉は使われるようになりました。

出口戦略は、あまりに早急すぎると持ち直そうとした経済に悪影響を及ぼし、逆にそのペースが遅すぎると財政赤字が拡大することになります。


しかし、ここでは、普段の生活に応用したいので、ちょっと意味合いを変えたいと思います。

出口に対する反対語は、入り口です。 結果がほしければ、入り口ではなく先に出口を考えましょうということです。



そもそもは、「インベスターZ」という株のマンガの2巻に出てくる話を読んで、なるほどと関心し、今回の記事にしています。

株も、買うときでなく売るときを考えないといけないということです。

勉強に置き換えると、ただ勉強するのではなく、勉強の出口を意識するとよいのです。 勉強の出口は、試験の結果ですね。

試験をイメージして、何をするのか、何を覚えるのか選択して学習します。 出口を決める勉強をすれば成績はあっという間に伸びます。それは、無駄なく必要なところに集中できるからです。

つまり、結果がほしければ入り口ではなく先に出口を考えるということなのです。


よくある目標を設定することとは少し異なりますが、マイルストーンの置き方を逆算すれば同じような意味になります。

最終形態から逆算して戦略や計画を立てるということです。それをちょっとかっこよく意識した形で言い表した言葉が「出口戦略」です。

ダイエット、夏休みの宿題、料理など、なんでもいいのですが、最終形態である出口をイメージし、それに向かって戦略をたてる癖を持つと、より効率的に物事をこなせるようになります。



結果がほしいのであれば、「出口戦略」を意識しましょう。

会話のネタに困ったら語呂「木戸に立てかけせし衣食住」「適度に整理すべし」

恋人と、会社の人と、あまり親しくない同僚と、初対面の人など、いやーな沈黙が続いてしまうことはないでしょうか。

なんとか話しのネタを探そうと思っても、こうゆうときに限って出てきません。そんな時、便利なのが今回ご紹介する2つの語呂です。この2つの語呂を覚えておくだけでも、結構話題の幅が大きく広がるでしょう。


「木戸に立てかけせし衣食住」

  • き:気候や季節、天気の話
  • ど:道楽(趣味)の話
  • に:ニュースの話
  • た:旅の話
  • て:テレビの話
  • か:家族の話
  • け:健康の話
  • せ:性の話
  • し:仕事の話
  • い:ファッションの話
  • しょく:食べものの話
  • じゅう:住まいの話


「適度に整理すべし」

  • て:テレビの話
  • き:気候や季節の話
  • ど:道楽(趣味)の話
  • に:ニュースの話
  • せ:生活の話
  • い:田舎の話
  • り:旅行の話
  • す:スター・スキャンダルの話
  • べ:勉強(知識)の話
  • し:仕事、出身地の話


「せ」が、生活や性、「い」が田舎や胃(食べ物)など、いろいろ解釈できますが、なんでもいいと思います。

要は会話のきっかけが引き出せればいいので、ちょっと沈黙が長すぎると感じたときや、会話の出だしなどに活用してみてください。

ちなみに、沈黙は、沈黙でいいときもありますよ。


参考: