RSS

「Good & New」で、同じ事実に対して自然に良い見方ができるようになる

マネージャーなどの管理職なら、「Good & New」をぜひ導入してみてください。

私の経験でも朝の立ちミーティングがあったことがあり「あ、これだったんだ!」と納得しました。 とても楽しんで同僚の話を聞いたり、自分の話をした記憶があります。

みんなとのコミュニケーションも、これのおかげで良好に保たれました。


神田昌典さんの『成功者の告白』という本で内容を知ったのですが、昔やっていたことが、どんな効果があったのかよくわかりました。



Good & New」のやり方

  • 毎朝など、定期的に集まる(立ったまま)
  • ボールを持っている人が、最近の良かった事、または、新しいことを話す
  • 話し終わったら、次の人にボールを渡す
  • 渡された人は、最近の良かった事、または、新しいことを話す


ボールを使わなくてもできますが、ボールを使うことで、積極的に話せるようになるようです。 ちなみに、私のときはボールはありませんでした。

ボールがなく、慣れていないと、下を向いたり、消極的になったり、当たり障りのないことを言ったりしてしまいます。 ボールを使うことで、リラックスして体が開いてきます。そして体が開くと感情も開いてくるのです。 ボールを持つことで、本音や本当に言いたいことが素直に出やすいという効果があるようです。



Good & New」は、アメリカの教育学者のピーター・クラインさんによってアイスブレイク、つまり組織やチームの活性化手法の1つとして開発されました。

Good & New」は、24時間以内の「良かったこと」もしくは「新しいこと」を発表し、内容に対して他のメンバーは質問したり拍手をします。


なぜ「Good & New」が良いのかというと、無意識に、潜在意識の中で良いことと新しいことを探している状態が創りだされるからです。

脳は、繰り返して行われる事を重要と判断します。「Good & New」が、重要な事として潜在意識の中で回り続けるのです。

すると、同じ事実に対して、自然に良い見方ができるようになります。 出来事のプラス面が見え、良いリフレーミングができるのです。

ちなみに、アドラー心理学では「意味づけ」という言葉を使っています。

個々人が、プラス方向に意識づけされると、組織やチームの活性化が促進されます。


1人「Good & New」もいいですね。日記やブログで習慣化すると、同様の効果が見込めます。


Good & New」ぜひ、おすすめです。


参考:『成功者の告白』神田昌典

人は理性で判断するよりも、感情で反応してしまう

人というものは、悲しいことに、相手が言ったことやしたことをあまり覚えていません。しかし、どう感じたかは忘れないのです。

人間関係において、「理屈よりも感情に訴えかけるとよい」ということで、逆にいうと「感情に流されやすいので気をつけましょう」ということです。


理性よりも感情に反応し、流されやすいという典型的な例が、集団、団体での洗脳があげられます。 あやしい宗教団体や物を売ったりすることだけではありません。広い意味ではTVコマーシャルもその一つと言えます。


大衆は理性で判断するよりも、感情や情緒で反応する」と言ったのは、なんと! ヒットラーです。

ヒットラーは、演説という言葉の力だけで、最強のリーダーになったのです。 巧みに人の心理、感情変化を利用したのです。

  • 演説は精神的に弱っている夕方にする
  • 遅れて登場し、じらす
  • スポットライトを浴びる
  • 分かりやすい言葉での演説
  • インパクトのあるジェスチャー
  • 抑揚により引き込む
  • けなしてから持ち上げる
  • 敵は悪、味方は正義
  • 単純なフレーズの繰り返し
  • 決まった掛け声での一体感
  • かっこいい制服での一体感


ヒットラーの言葉にも

  • 「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている」
  • 「偉大なうそつきは、偉大な魔術師だ」
  • 「人々が思考しないことは、政府にとっては幸いだ」
  • 「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる」


陶酔」という言葉が、一番しっくりくるのではないでしょうか

人は、集団であるがゆえに、潜在的に、まわりと合わせようとします。 麻薬のように快感、共感が極まり、大きなエネルギーに支配されてしまうのです。


これは、人間の弱点であり、コミュニケーション術でもあるのです。

このような仕組みが自分にもあることを自覚し、感情に支配されないようにするとともに、良い使い方でうまく活用することで、コミュニケーションを円滑にすることができます。



受け身においては、一旦深呼吸して、感情ではなく理性で思考し、逆に人に働きかけるときは、感情に訴えかけるようにするのです。

全てを理性的に判断していては疲れてしまいます。ときにはストレス解消として、映画など見て涙を流して感情にながされるのもありです。


攻めの場合、「感情に訴える」ということがよくわからないというのであれば、電車広告や雑誌の見出しを注意して見てみるとなんとなくわかってきます。

毎日読みたい365日の広告コピー』などもとても参考になります。

体験を持って、説得でもなく理解でもなく、納得させる

何かをやってもらったり、説得しなければならないことは、部下に仕事を任せたり、子供をしつけたり、仕事でも家庭でもいろんな場面で現れます。

自分が望んでいることや、望んでいる以上のことをやってもらうには、相手が納得しているかどうかに関わってくるのです。


理解してもらうだけではだめなのです。

簡単なもので、すぐ終わるようなものでしたら、やり方を聞いて、わかったらすぐその通り、言われたとおりやるのでよいと思いますが、少し複雑な作業や、その人に成長してもらいたいと思うのであれば、なぜそうゆうやり方をするのか納得させる必要があります。


料理で例えれば、

ただレシピどおり作れば、その料理は作れますが、いろいろ疑問を持つことです。

  • 「なぜ、大根は縦に切ると食感がシャキっとするのだろう?」
  • 「なんで関東と関西でだしが違うのだろう?」


納得するということは、

  • 「大根を縦に切ると繊維が壊れないからシャキッとするのか」
  • 「逆に、大根を横に輪切りにすると繊維が短く切れ、味がしみこみやすくなるんだな」
  • 「関東は硬水、関西は軟水、昆布は硬度があるとだしが取りにくい、だから関東はカツオなのか」

というように、1つがわかると、他にも応用が効くようになるのです。 「なぜ?、なぜ?、なぜ?」を追求するとより成長が望めるのです。


やり方だけが分かってもだめで「どうして?」「背景は?」「なんでそうするの?」と疑問をひもといてゆき、深い腹落ちをすることで、高い学びができるのです。



相手に納得してもらうためにはどうすればよいのでしょうか? まずは、イメージがしやすいように話す順番を意識しましょう。

自分の論理を中心に語るのではなく、相手が理解しやすいように、相手の最も知りたいことから、理解しやすい順序で、イメージしやすいように語ります。

また、相手と自分が全く同じ考え方をしているということはありえません。ですので、自分とは異なった価値基準を持つ人の思いや気持ちを考えながら、相手の立場に立って話していくという姿勢が大切です。


更に、言葉に重みを付けるには、体験することです。

経験だけにとどまっていて、それが体験でない人は、言葉に重みがありません。経験を体験に高めるには、物事を「主観的」にとらえるのです。


「経験」とは

  • 実際に見たり、聞いたり、行ったりすること
  • それによって得られた知識や技能などのこと
  • 経験は、その後にもずっと、自分のものとして積み重ねてゆくもの
  • 一般的、客観的である


「体験」とは

  • 自分で実際に見たり経験すること、また、その経験
  • 行為や内容より、自分で身をもって感じること
  • 体験は、その場限りで後に残すことを考えないもの
  • 個別 (特殊) 的、主観的である


納得して「腑に落ちる」ことが大事なんです。


参考:

自分に関心をもってもらうためには、自分から本気で相手に関心や興味を持つ

自分に関心をもってもらうにはどうすればよいでしょうか? 相手の立場にたって考えてみれば、とても簡単になことです。

自分のことについて、本気で色々聞いてきたり、興味をもって話してくれると嬉しいですよね。その人のことをもっと知って、もっと親しくなりたいと思うはずです。

自分に関心を持ってくれる人には、自然と好意を抱くものです。


自分に関心をもってもらうためには、自分から本気で相手に関心や興味を持つということです。


表面的な関心や興味ではいけません。 例えば、その出会いから何かを学んだり、新しいことを吸収するという探究心や好奇心をもち、そこから自然に生まれる質問を投げかけることで、ぐいぐい引き込まれ、引き込んでいくのです。

関心をもってもらうということは、他人との関わりを持つということで、所属の欲求なのです。 それは「マズローの欲求」の5段階のうち3つめの「社会的欲求」に当たり、「生理的欲求」(生命維持)、「安全の欲求」という基本的な欲求の次にくる大事な欲求レベルにあります。



初対面で好意をもってもらうには、言葉だけでなくスキンシップも大事です。

相手の目をまっすぐみて、笑顔をうかべ、自ら手をさしだして、相手の手を力強くにぎりしめ、自分の名前を明瞭に伝えます。そして、相手の名前も必ず聞き、声に出して確認するのです。

表面的な握手ではなく、ギュッとですよ。 そうすれば、好意的に覚えてもらえるはずです。


もし、恋人にしたいと思うのであれば、予定をどんどん入れてしまいましょう。それも相手の興味のあるイベントや場所がよいですね。そこでどんどん関心や興味を持ち、自分の方に振り向かせてゆくのです。

自分に関心をもってもらうためには、自分から本気で相手に関心や興味を持つことです。

仕組み化により、楽に生産性をあげる

よく習慣化するとよいと言われますが、仕事や勉強、人をマネジメントする場合、ミスを防ぐ場合にも、「仕事の習慣」つまり「仕組み化」を取り入れると、よりスムーズに事がはこびます。


自分自身が働くのではなく「仕組み」に働かせるようにするのです。

まず「作業系」と「考える系」に分け、「作業系」のルーチンワークを仕組み化します。いわゆるスキームづくりですね。

この手順通りに進めれば、抜け漏れなく、誰でもこなせる作業の流れを記載したものです。 文書として整理することで「確か、これはこうだったかな?」と記憶に頼ることはなくなります。

手順書をチェックシート化するのもよいですね。

記憶や才能や意志の力に頼らず、仕組みに頼りましょう。



人にお願いするときや仕事を任す時にも仕組み化は有効です。

「やっておいてね」というだけでは、うまくいくか心配です。より確実に実行してもらうためには、問題なく実行できる仕組み化が必要なのです。

ゴールの方向性が間違わないように定期的に進捗を確認する仕組みや、できるだけ機械的に処理できるような手順書などを整備し、正しく簡単に実施できる仕組み化を考えましょう。

依頼の仕組み化も、指示忘れがなくなり、ストレスから解放され、根性や気合いや能力に頼らずとも、良い結果を得られるのです。



仕組み化するということは、楽に実行でき、ミスを減らし、将来の自分の時間を増やし、より生産性の高い物事に時間を使うことができます。

ツール化やAIもその仕組み化の一つですが、まずは「記憶」を「記録」することからはじめましょう。

課題解決するなら「原因志向」より「解決志向」のほうが楽しい

問題や課題は、学校でも職場でも家庭でもいたるところに存在します。 常にその問題や課題について考えているわけではありませんが、イライラせずにうまく解決したいですよね。


例えば、

  • 「洗面台をびしょびしょにしたのは誰だ!」
  • 「そのシステムはWindowsで動くのだろうか?」
  • 「ご飯を半分に減らしているのにやせられない」


問題を解決する場合、人のせいにするとケンカやトラブルのもとです。

「洗面台をびしょびしょにしたのは誰だ!」の場合、「最後に使ったのはお父さんだから、お父さんがやったんでしょう」とか根拠のない言いがかりをつけて、ケンカになってしまいます。

この場合は、起こった事がらに焦点を当てて「洗面台をびしょびしょだけど、どうして?」と、「誰が」ではなく「何が」に置き換えて、人をターゲットにしないようにするとよいです。


これが難しいんですよね。 ついつい「やったの、お前だろ!」と言ってしまいます。気をつけなければ。



問題解決の方法としては「原因志向」と「解決志向」という考え方があります。 どちらが良い方法とか、正しい、間違っているということはないのですが、イライラを減らすためには「解決志向」の方がよいです。


「原因志向」

問題の原因をつきつめていき、その原因をつぶすことで再発を防ぐ方法です。
なぜ洗面台がびしょびしょになったのか、探偵のように証拠をさがす方法で、犯人探しになってしまいがちです。


「解決志向」

問題が起きた原因は、いったん置いておき、これから先どうすればよいかを考える方法です。
洗面台がびしょびしょになってしまったという、すでに起こってしまったことはどうでもよく、そうならないようにするには今後どうすればよいかという未来志向の考え方です。



原因志向」で、原因を特定できたとしても、やった人を問い詰めることになってしまい、怒ってイライラしたり、人間関係が崩れてしまう恐れがあります。

結局、「なんでちゃんとできないの?」と叱るだけで終わってしまう場合が多いのです。 さらに、過去の過ちを持ち出して、「この前もやらかしたよね!」とケンカや愚痴が続くわけです。

つまり、「原因志向」で原因を特定できたあと、再発防止について語られないのです。 それでは、またおなじことが起こってしまいます。


このように自分がイライラするのも、怒られるのも、どちらも嫌ですし、気持ち的に損です。 だったら、「これからどうすればいいのか」ということをはじめから考えればいいのです。

「なぜできないの?」を「どうしたらできるの?」に変換しましょう。

原因を追求するよりも、未来の理想を考えることで、負の感情を持たなくてすみます。 そうです「解決志向」をするのです。

びしょびしょにしないようにするには、水道の元栓を少し締めておき、あまり水が出ないようにするとか、切り替えスイッチをシャワー側にしておくなど、案を考えるほうが楽しいですよね。



問題の中には、原因がわからないと解決策が決まらないものもありますが、 課題解決するなら「原因志向」より「解決志向」のほうが楽しいのです。

上達への過程に立ちはだかる2つの壁「できない壁」と「できる壁」

ピアノでも、そろばんでも、格闘技でも、自転車乗りでも、ゴルフでも、野球でも、なんでも達人と呼ばれる人はいるものです。

達人までいかなくても、上達はしたいですよね。



上達への過程には、2つの壁があるんです。

できない壁」と「できる壁」です。


例として、ピアノを考えてみましょう。

ピアノを初めて習って、最初につまづくのは、片手から両手になるときです。 これは「できない壁」になります。

右と左で、異なる動きをするため、相当の練習や慣れが必要になります。


やがて、ある程度弾けるようになってくると、ピアノを弾くのが楽しくて楽しくてしょうがなくなります。 そして、モーツァルトのトルコ行進曲、ショパンの子犬のワルツ、ベートーヴェンの悲愴、リストの愛の夢など一般的に有名な曲が弾けるようになります。

譜面を読み、練習すればある程度どんな曲も弾けるようになるのですが、ここで「できる壁」が立ちはだかります。

「もういいや、あるていどならいつでも弾けるから、なんかつまんない」と満足してしまうのと同時に、練習が作業に変わってしまい、気持ちが離れてしまうのです。

モチベーションが「できる壁」によって激減してしまうのです。

ほとんどの方は、ここらへんでピアノを卒業してしまい、新たな別の趣味にはしるのです。私もピアノをやっていましたが、もっと早く挫折しました。

しかし、経験やスキルは残るので、バンドで楽しんだり、歌謡曲をコードを弾きながら歌ったり楽しむことはできます。



もっと上達するには、この「できる壁」を突破する必要があるのです。 では、達人の域に達したらどうなるのでしょうか。

達人は、何よりも練習が好きです。その結果、上達は後から自動的についてきます。上達すればするほど基本の動きを繰り返すのが楽しくなってゆくのです。

達人は、練習の達人」なのです。

練習することが、日々の生活の一部に溶け込み、さらに練習がメインになってきます。 練習を安らぎと思える日がやってくるのです。

ピアノを例にとりあげたので「練習」としましたが、練習ではなく、知識を増やす事、肉体が変わることなど、目指すものによって対象は変わってきます。

プログラミングの達人は、新しい知識を常に取り入れ自分のものにすることが練習に当たります。



常に好きなことに対してアンテナを立てて、「練習」し続けることが上達につながるのです。

簡単には達人になれません。努力が習慣になり、苦でなくなった時、上達は加速するのです。