RSS

読み手に伝わる文章のポイントはズバリ具体化! 2つの具体化方法とは

上手い文章というのは、小説家のように比喩や韻等の表現が豊かであったり、文章の中に引きずり込まれるような文章であったりします。

そのためには、読み手に対して、書き手が伝えたい事がしっかりと伝わっている事が必要なのです。


NHK Eテレの「テストの花道 ニューベンゼミ」のネタですが、とても有効な方法ですので、ぜひ自分のものにしてください。



まず、赤ちゃんを想像してみてください。 この赤ちゃんの様子を誰かに伝える場合、どのような文章を書けばよいでしょうか?


「かわいい赤ちゃん」


ほとんどの方が「かわいい赤ちゃん」と思ったのではないでしょうか。 文章を読んでいる読み手にとっては、赤ちゃんを実際に見ていないので、この文章だと抽象的な表現過ぎて何も伝わりませんね。

当たり前の表現、つまり表面だけの文章だと心を動かせないのです。


読み手に伝わる文章を書くポイント1つめは「形容詞を使わない」です。

形容詞とは、最後の母音が「い」で終わる言葉です。 例えば「美しい」「かわいい」「おおきい」「すごい」などです。

文章に、あえて形容詞を使わないことで具体性が生まれてきます。 「かわいい赤ちゃん」に対して、形容詞を使わない文章にすると、


「ほっぺがぽちゃぽちゃの赤ちゃんが、私にニコニコ笑いかけた」


赤ちゃんのかわいさを「かわいい」という形容詞を使わなくても、かわいらしい赤ちゃんの情景がありありと見えてきますね。



次は、怖い体験を伝えたい場合の文章表現の例です。


放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変なにおいがしたので、何だろうって思ってトイレの中をのぞいたら、赤い服の女がでてきて、追いかけられてすごく怖かった。 猛ダッシュで逃げ切ったけど、とても怖かった。


この文章も先程の赤ちゃんと同じで、具体的な怖さがあまり伝わってきません。


読み手に伝わる文章を書くポイント2つめは「五感に訴える」です。

五感というのは「視覚」「聴覚」「触覚」「嗅覚」「味覚」のことです。


さきほどの文章の冒頭を五感を使って表現してみましょう。

放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変な臭いがしたので、そのドアの前まで行ってピタっと触ってみると、何だかいつもよりヒヤッと冷たい感じがする(触覚)。 「わ、何だろう…」と思うと同時に、ギィー、音を立てて(聴覚)ゆっくりと開いていく(視覚)。 開いていくのに合わせて、そのにおいがモワッとキツくなり(嗅覚)ピチャン、ピチャンと何かが滴り落ちる音もする(聴覚)


五感を使うと、まるでその場にいるような文章になります。 そして「ヒヤッ」「ギィー」などの擬音語、擬態語をいれるとより臨場感が伝わります。



読み手に伝わる文章を書くポイントは、

  • 形容詞を使わない
  • 五感に訴える

の2つです。ブログや夏休みの宿題の読書感想文などにぜひ使ってみてください。

書評 「その日のまえに」「くちぶえ番長」 重松清 他

中学受験生が読む定番の本をいくつか紹介します。


「その日のまえに」重松清

とっても話題になった本です。 「王様のブランチ」でも紹介され、「涙なしには読めない感動作」と話題になったベストセラーです。 もちろん、ドラマ映画になりました。


私個人の意見ですが、始めは、あまり面白いものではありません。

死をテーマにした短編集なので、泣けるシーンが随所にあります。 生きること、死ぬこと、残されること、歩き出すことを、まっすぐに描いた作品です。

後味はとても良いですね。

ちょっとネタバレです。 短編集なのですが最後に全て話がつながってきます


心に響いた一節をちょっとご紹介します。

「潮騒」

父親と目が合った瞬間、まるで高い波が波打ち際で砕けるように、 俊治の胸でなにかがはじけた。 ごめんなさいーーー。


「その日」

「ダイ、、、、、、明日、ままに会おう。 ママ、ほんとうにがんばったんだよ、早く病気治して、 早く家に帰って、早くダイに会おうと思って、ほんとに、痛い注射たくさん打って、 がんばったんだ、、、、、、だからさ、ダイ、ママに言ってやってくれよ、 よくがんばったね、って、すごいねママ、って、、、、、、ママ、喜ぶから、 すごく喜ぶから、ダイが言ってやってくれよ、、、、、、」

「、、、、、、じょうぶな子に産んでやれんで、すまんかった」


「その日のあとで」

初物のなしを供えた仏壇の中で、和美は冬物の服を着たまま笑っていた。

大輔は、口の中のトマトを呑み込んで、「ママにも食べさせてあげたかったなあ」と 夜空を見上げた。「こんなにおいしいのに」 「違うよ」僕は笑って言う。「ケンとダイに、食べさせたかったんだよ、ママは」



「くちぶえ番長」重松清

「流星ワゴン」重松清のように、飽きさせない物語展開です。 小学生でも読みやすく、さすが受験によく採用されるだけはあるなと思いました。

  • いじめっこをやっつけるスカッとする場面
  • 飼っていた犬との別れ
  • 人の気持ち
  • 甘い小学生の恋

といったところでしょうか。


印象に残ったところは、飼っていた犬ワンとの別れと、マコトが引っ越してしまうという悲しみのシーンです。

「とにかく、いなくなったら悲しくて泣いちゃうぐらい大好きな相手がいるってのは、幸せなことなんだよ」



「西の魔女が死んだ」梨木香歩

いろいろな興味深い草花がたくさんでてくるので、Webで画像を調べながら読むととてもおもしろいですよ。

おばあちゃんのセリフで「アイ、ノウ」というのがありますが、 そのセリフだけで、おばあちゃんの優しさが伝わってくる気がします。

ムーミンに出てくるニョロニョロみたいな花「銀竜草」 - gogoToRoTAN



最後に、中学受験用の本をまとめます。

なぜ計画するの? やることを考えなくてよいからです。計画のコツは締め切り意識

成功者や高収入の人は、統計的に細かい計画を立てています。 だからといって、10分単位の計画を立てても絵に描いた餅になるだけです。


そもそもなぜ時間をかけて、計画するといいのでしょうか? 計画する時間がもったいないですか?

いいえ、逆です。 計画すると早く効率よく目的を達成できるのです。


計画をするメリットを箇条書きでまとめると、

  • やらなくてはならない事、専念すべき対象がはっきりする
  • 時間も意識もお金も集中できる
  • エネルギーが拡散しない
  • だらだら過ごしてしまうことがなくなる
  • やる順序を効率よく割り当てられる
  • 時間配分や実行ペースを、あらかじめ知ることができる

一言で言うと「計画すれば、やることを考えなくてよい」ということです。

「数学が終わった、次何やろうか?」「ちょっとゲームしようかな」ということがなくなるのです。 なぜなら、計画書に既にやることが書かれているからです。迷うことはありません。


また、あれもこれもたくさんやることがある場合、まず計画を立てることで、時間配分やペースがあらかじめわかるので、やることが整理されパニックになりにくくなります



いわゆるスキマ時間も計画しておきましょう。 5分や10分も無駄にしないということです。

余った時間は、だらだら過ごしてしまうことがしばしばありますが、あらかじめ、スキマ時間にできることをリストアップしておけば、だらだらすることはなくなります。

例えば「本を数ページ読む」「一曲ピアノを弾く」「準備の準備をする」「机を整理する」「だらだらする」などです。 だらだらするのも、計画してだらだらするのであれば良いのです。



スキマ時間だけでなく、リカバリー時間も計画しておきましょう。 ちょっと遅れちゃった場合に使える時間をあらかじめ計画しておくのです。

例えば、土曜日の午後3時間はリカバリー時間にし、計画通り進んでいれば遊んでもよし、先行してもよしの時間にするなどです。

リカバリー時間があると、心の余裕がでてきます



リカバリー時間で挽回できない場合もあります。 計画は、最初の計画通りいきません。つまり計画は更新するものなのです。

やることを明確にし、うまく行かなかったら計画し直せばよいのです。



絵に描いた餅にならずに、計画通りうまくいかせるにはどうすればよいでしょうか?

通常、計画をたてる場合は、まず今日の午前中に宿題をやって、午後はTVを見て、明日から英語のドリルをやってと考えます。 「始める日」を基準にして計画をしているといえます。

計画通り進めるためには「完了する日」を基準にするのです。 つまり、締め切りを計画するのです。

自分が集中継続できる時間や分量を把握し、いつまでに終わらせるのか、それにはいつからどのくらいのペースで何をやるのかを計画に落としていくのです。



計画することは楽しいことです。しかも効率よく進められます。 計画通り行ったことがないという場合は「完了する日」を意識しましょう。 そして、遅れたら、再度計画すればよいのです。


もう一つ、計画のコツがあります。

「計画する」というよりは「宣言する」という意識を持つことです。 より心が引き締まりますよ。

参考:目標を宣言すると、目標自体に力を持たせることができる

書評 「それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?」 飯沼一茂

それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?
一生健康で病気にならない簡単習慣)
飯沼一茂


がん細胞というものは、毎日作られるものだそうです。 しかし人間には毎日がん細胞を死滅させたり、病気にならないような力を持っています。

それが「免疫力」です。

免疫力は弱くなったり、強くなったりします。免疫力が弱い時にウイルスに菌に感染すると、インフルエンザや病気になってしまうのです。


そこで「普段から免疫力を上げ、病気にならない健康な体を維持したい」ということで、本書を手に取りました。

それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?」は、全て2択の質問形式で構成されており、免疫力を高める方法を、とてもわかりやすくまとめています。

読んでいて、質問の文字の印刷の色が薄いのでちょっと見にくいのが残念でした。



では、特に食物に関する部分をご紹介します。


「歯磨きは、朝起きてすぐと、寝る前にする」

寝ている間に口腔内の菌が増殖しているので、歯を磨かずに朝ごはんを食べると、その菌も一緒に食べることになってしまいます。寝る前には、できるだけ菌を除去しておきます。


「ヨーグルトを食べるのは、朝ではなく夜の夕食後が良い」

腸のゴールデンタイムに合わせるためです。 眠っている間に、乳酸菌などの善玉菌が活発に働いて腸内環境を整えてくれます。 体内に溜まった老廃物や有害物質の排出をサポートして、太りにくい体にもしてくれるます。 夜のヨーグルトダイエットがもてはやされているのもうなづけますね。


「納豆は、健康効果もあるが、薄毛対策にもなる」

麹菌や亜鉛が髪の毛の成長を助ける栄養分になり、しかも髪の毛の材料となる良質なタンパク質も豊富です。


「緑茶は、カテキンパワーがスゴイ」

風邪やインフルエンザ、高血圧、動脈硬化、糖尿病、がん予防などに効き、抗酸化作用やコレステロールの吸収を妨げ、血管を良好な状態に保ちます。体脂肪の燃焼も促進します。


「きのこ類はβグルカンが豊富で免疫向上成分たっぷり」

植物繊維も豊富で炭水化物の代謝に必要なビタミンB1を含有しているため肥満防止にもなり、しかも低カロリーです。


その他、バナナ、海藻、オイル+トマトなども良いようです。



それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?」には、食事面以外にも、普段の生活について免疫力を上げる方法がたくさん書かれています。

一言でまとめると「体を温めることが免疫力を高める」です。


体温が1度上がるだけで、免疫力は、5~6倍もアップします。 がん細胞は39.6度付近でほとんどが死滅するのだそうです。

体温が1度下がると、免疫力は30%~40%も低下します。 恐ろしいことに、35度程度の低温状態が最もがん細胞が増殖するそうです。



お金持ちになった時に、病気になっていては幸せも半減してしまいます。 いまからあたりまえの健康を意識することが大切です。

普段から体温を上げ、免疫力を高める行動や食事を心がけましょう。



それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?
一生健康で病気にならない簡単習慣)
飯沼一茂

聞いたことを質問すると、人間的魅力を増す

人と会話をする時、どんなことを考えているでしょうか?


例えば、自分が夏休みにハワイに行く予定があったとします。 でも、友達には「私、ハワイに行くんだ」とすぐに切り出すのはちょっとためらいを感じます。

そこで、友達に「夏休みどこいくの?」と聞き、
友達が「私は、北海道のおばあちゃんちにいくよ」「あなたはどこに行くの?」というように聞き返してくれることを期待するのです。


人は、自分の話をしたいのです。もしも自分が逆の立場だとしたらどうでしょうか?
友達に質問されて、答えを言って自分の話だけして終わらせたら自分は満足ですが、聞いた相手はちょっとがっかりします。

「あなたは?」と、聞き返してあげましょう。

それが会話の気配りなんです。


人は自分のことを話したがっているのです。

聞いたことを質問してあげると会話が弾みます。 そして、友達は「この人と話すと楽しい!」と思うのです。



初対面にふさわしい丁寧さ相手への親しみを備えた敬語がさらりと使えるとなおいいですね。

「どうぞ」「いかがですか」「してもよろしいですか」

こんな言葉遣いと気配りができる人は、とても魅力的に見えてくるのも人間の心理です。 会話の中にも、さりげない気配りをすることで、自分の株を上げ、さらに人間関係をよりよいものにできるのです。



さりげない気配りは簡単です。「聞いたことを質問する」だけです。

眠気を覚ます方法 21選

勉強中、会議中など寝てはいけないところで、どうしても眠くなってしまう場合がありますよね。 いくらやりたいことがあっても、眠気は、けんたい感をともないやる気をなくしてしまいます。


そんなときは、何をやっても眠気には勝てないことが多いのです。 そこで、眠気をとる方法をWEBで調べてみました。

私も試しましたし、子どもにも試させましたが、「これは!」という有効な眠気覚まし方法はありませんでした。やはり興味あることでないと眠くなってしまいます


ただ、全く効き目がないということではありません。

シャワーを浴びれば誰だって目が覚めます。しかしシャワーを浴びれる環境なのか?そんな時間があるのか?もっと手軽にいい方法はないのか?

手軽で効果がありそうなのは、しいて言うなら深呼吸でした。 深呼吸をすることで、新鮮な酸素を体にいき渡らせリフレッシュ効果を得られます。


深呼吸でしたら、会議中でも可能です。しかし、残念ながら長続きしません。 やはり、興味を持って勉強したり、趣味をやった後、脳が興奮している状態で仕事に望んだりと気持ちをうまくコントロールし、脳をだましてしまう方法がベストなのかなと思います。これができないから困っているんですが。



眠気を覚ます方法 21選

「息を限界まで止めてからの大きな深呼吸」

一気に息を吸うことで脳に酸素がいきわたり、血の巡りが良くなって、頭が冴え、目と頭がスッキリします。脳は眠気よりも酸素を得ようと起き上がるのです。


「耳たぶを親指と人指し指でつまんでひっぱる」

まず、耳たぶを親指と人指し指でつまんでに強くひっぱります。
次に、耳の真ん中あたりを親指と中指でつまみ、斜め後ろ方向にひっぱります。
さらに、耳の上部を親指と人差し指でつまみ、斜め上方向にひっぱります。

大体1分ぐらいかけて行います。耳が熱くほてってきます


「ツボを押す」

百会(ひゃくえ)、合谷(ごうこく)、中衝(ちゅうしょう)、風池(ふうち)、晴明(せいめい)、攅竹(さんちく、商陽(しょうよう)、少沢(しょうたく)、労宮(ろうきゅう)

どれも正確にツボを押せているのか?効果は余り感じられませんでした。


「手のひらを押す」

これはツボと言うより手のひらを刺激するということです。


「立つ」

立って仕事や勉強したり、少し歩きまわります。


「カフェインを取る」

コーヒーや紅茶や緑茶のカフェインは即効性はないので、あらかじめ飲んでおきます。 飲みすぎると夜眠れなくなりますが。


「フリスクやガムを噛む」

一時しのぎですね。


「目薬をさす」

薬に頼ってしまうと、依存症になってしまうので、あまりお勧めしません。


「ストレッチ」

伸びをしたり、足の指をグーパーしたりします。


「好きな音楽を聞く」

これは、結構即効性あります。一人でする勉強などは、初めから音楽を聞きながらするとよいですね。


「ピアノを弾く」

ピアノが好きな場合、指も動かすので気分転換と脳の活性化が期待できます。


「洗顔」

一時的ですね。


「仮眠をとる」

20分ぐらい寝てしまいます。効果はありますが、そのまま寝てしまうリスクあります。


「大きな声を出す」

大きな声で歌を歌ったり、叫んだりすると眠気が飛びますが、環境や状況が限られますね。 大きな口を開けるだけでも良いかもしれません。


「換気する」

窓やドアを開けて換気することで、どんよりした空気を新鮮な空気に入れ替えます。


「椅子の高さを変える」

椅子の高さを変えると、視線が変わり脳に刺激を与えます。姿勢を変えるだけでもいいですね。


「身体の一部の体温をさげる」

身体を温めると入眠しやすくなりますが、その逆をやります。 腕全体に水をかけたり、保冷剤を首に当てたりします。 濡れタオルで首・脇の下・脚の付け根を冷やしてもいいです。


「シャワーを浴びる」

効果はありますが、環境を選びますし、面倒です。


「歯を磨く」

めんどくさいですね。


「手足を洗う」

手を洗うのは、トイレ行った時洗いますがあまり効きませんね。 足も洗うことがミソですね。気化熱ですっとします。


「ブルーライトを浴びる」

目や体に悪そうです。



自分にあう方法がないか、色々試してみてください。
別に良い方法を知っていればコメントも!

行動するための4つのコツ

アップルのスティーブ・ジョブズ氏がペプシコーラのジョン・スカリー氏を口説いた有名なセリフがあります。

ただ砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えるチャンスに賭けるのか


大きな決断ですね。色々な自己啓発本には「決断せよ」「行動せよ」と書かれています。 たくさんの知識を頭に入れても、実際に行動し、それを継続しないと願望はかないません

しかし、人は怠け者の生き物です。なかなか行動し継続するのは難しいのです。 そこで、行動するためのコツを知って、行動を起こす敷居を低くしてしまいましょう。



行動するためのコツ1:「行動するのではなく、試してみる」

「行動する」という言葉が重すぎるのでしたら、「実験、試験的に、試す」という動機づけとしての言葉を利用します。「ちょっと試してみる」というと、なんとなくできそうな気がしてきますね。



行動するためのコツ2:「理想の自分を思う」

やる気がないとき、行動できないときは、理想の自分を思い浮かべます。

例えば、毎日記事を書くことをノルマと思って書いているとやる気がでません。しかし、自分は「カリスマブロガーで、アルファブロガーであり、みんなが自分の記事を待ち望んでいるんだ」と思って、カリスマを演じ、なりきってしまうと、自分を奮い立たせることができ、行動しやすいのです。

ゆったりと構え、小説家のように「さて、今日はどんな、ためになることを書こうかな」と仕草までなりきってしまいましょう。



行動するためのコツ3:「デメリットに対して行動する」

人間は、メリットがあるから行動を起こすというより、デメリットに対して行動を起こしやすい生き物です。

「お金持ちになりたい」と考えて行動するのではなく、「やらないと一生自由になれない」等と、自分が変化しないことのデメリットをまず考え、徹底的にデメリットにフォーカスします。

このままじゃいけない」という気持ちが、眠っている動物的な本能を呼び起こすのです。



行動するためのコツ4:「計画して時間をあやつる」

計画しないで行動するということは、時間にあやつられてしまっているということなのです。 時間をあやつるために、計画をして行動しましょう。



意識付けを楽にし、理想の自分をイメージし、デメリットにフォーカスし、計画して時間を操ります。 これらの4つのコツをうまく使い、行動への敷居を低くしてしまいしょう。

やるか、やらないかでなく、やり抜く」という気持ちも大切です。最近流行りのGRIT力ですね。 行動ができれば、継続できます継続できればやり抜くことができます



冒頭のスティーブ・ジョブズ氏のスカウトの話ですが、実はジョン・スカリー氏の前にスカウトした人物がいます。それは、IBM PCの父であるドン・エストリッジ氏でした。ドン・エストリッジ氏は破格の条件にも関わらず、IBMマンの誇りをとり、このオファーを断ったそうです。

スティーブ・ジョブズ氏もドン・エストリッジ氏も「情熱」を感じますね。