RSS

教育は決して盗まれる事の無い財産

子どもには、財産を残したい。

財産といえば、土地お金ですが、
もう一つ大事な財産があります。

教育しつけなど、無形の財産です。

金品は、泥棒に盗まれることがありますが、
教育は、盗まれることはありません

 

お金も大事ですが、教育はもっと大事です。
お金を相続しても、使ってしまえばなくなりますが、
教育という財産は、なくなりません。

しかも、教育された知識で、
財産を増やすことができる
のです。

 

 

教育とは、勉強、学習だけではありません。

特別な教育などしなくても、
子どもは、親からもっと大きな何かを学び取ります。
重要なのは、内容よりも態度なのです。

手本となる姿を子どもに見せ、
そうなりたいと、子どもに思わせることは、
高価な物を買い与えるよりずっと有効な教育であり、財産なのです。

おやじの背中というやつですね。

 

学習だけではなく、
普段から子どもにとってより良い接し方を心がけましょう。
ただ、それが、一番簡単で、一番難しい教育なんですよね。

反面教師でもよいかもしれませんね。

 

 

親だけではなく、他の大人や子どもたちともたくさん接することで、
思いやり社会性を学ぶことができます。

逆に1人でいると、わがままが簡単に通ると思ってしまったり、
相手の気持ちを読み取る訓練ができなくなってしまいます。

 

また、本をたくさん読ませましょう。
本は、知識の宝庫です。

本は、気持ち、言葉、漢字、想像力、知らない事など、
有用な未知の世界を、たくさん与えてくれます。

 

 

教育という財産を是非、残してあげてください。

もう遅い?
子どもは大きくなっても、親と子どもの関係は変わりません。
いつからでも遅くはないのです。

0 コメント:

コメントを投稿