RSS

書評 「月とマーニ」 映画「しあわせのパン」より


月とマーニ
映画「しあわせのパン」より

焼きたてのパンは、とてもおいしいですよね。

 

焼きたてのパンを想像してみてください。

思わずニンマリして、
目を閉じ、深呼吸してしまいます。

パンの香りは、こうばしくあま~く
食感は、ふんわりもちもち

なんともいえない幸せをくれます。

 

 

今回ご紹介する「月とマーニ」という絵本は、
原田知世さんや大泉洋さん出演の映画「しあわせのパン」の中に出くる絵本です。

実際にはそのような絵本はないのです。
そう、Amazonでは買えないのです。

どうしてもほしいという場合は、
しあわせのパン (ポプラ文庫) [文庫]の特別付録として
絵本「月とマーニ」が、巻末に収録されています。

 

 

さて、この映画「しあわせのパン」は、
北海道で、パンカフェを始めた夫婦が、
店を訪れた人々と、幸せというものを心で交わす、
ほっこりした映画です。

私は、そのなかの絵本「月とマーニ」で、
月とマーニの会話がとても印象に残りました。

セリフはちょっと違うかも知れませんが、
ニュアンスは伝わると思います。

 

月が、マーニに頼みました。
  「太陽が眩しいので、太陽をとって欲しいんだ」

マーニは、月に言いました。
  「そんなことしたら、君が消えてしまうよ」
  「そして、夜に道を歩く人が困ってしまうだろ」

 

  「大切なのは、君は照らされていて、君が照らしているということなんだよ

 

大切なのは、君は照らされていて、君が照らしているということなんだよ

この言葉を聞いた時、私はものすごいものを感じました。
すぐさま、メモをとったので、このセリフはあっていると思います。

あえて、このセリフの意味を書きませんが、
みなさんも、何か感じるものがあると思います。

 

 

この映画自体も、心にしみこんでゆくしあわせを
淡く感じさせてくれるものです。

雑踏を忘れ、気持ちをリセットしたいときに
ぜひ、お勧めです。

 

 

  大切なのは、

  君は照らされていて、

  君が照らしているということなんだよ

 

 

月とマーニ
映画「しあわせのパン」より

0 コメント:

コメントを投稿