RSS

夫婦で相談し、夫婦一致の姿を子どもに見せる

何か新しいものを買うとき、自分だけで決めて買ったり、
逆に、相手に勝手に決められてしまい、 知らないうちに買われていたということはないでしょうか?

ちょっと悲しい。で終わればいいのですが、 なんで相談もせずに買ったの? とケンカになってしまうこともありますよね。


勝手にというのは、 子どもの教育という観点からも、あまりよろしくありません。

子どもにとっての安定は、親がいつも仲良くし、 自分のことを考えてくれているということです。

ですので、何かを決めるときは、 常に、夫婦の一致を見せるようにすると良いのです。



子どもが、どうしてもほしいものがある場合、 お母さんが決めて勝手に買ってしまうのではなく、
「お父さんに相談してからね。」 というように、夫婦2人で子どもの提案を考えてあげるのです。

相談相手を尊重しているということを 暗に示していることにもなります。


そして、相談して夫婦で決めている過程を子どもに見せるのです。

お父さんお母さんが自分のことを良く考えている、大切にしている。
自分のことで話し合っているということを見せてあげましょう。

子どもは、安心感と愛情を感じることでしょう。



夫婦にとってもメリットがあります。

なんでも相談することで、お互いに相手を尊重し、 子育ての楽しさや苦労を理解し合えます。

お互いに助け合い、夫婦の役割を相互乗り入れすることで、 しなやかな家庭運営ができるのです。


それが、仕事にも反映され、 家庭生活も仕事も、どんどん価値を高めてゆくことができ、 よりよいワークライフバランスを保てるようになるのです。



子どもが大きくなったら、相談相手のひとりとして加えてあげ、 家族全員で、幸せな家庭を育てていきましょう。

0 コメント:

コメントを投稿