RSS

なんでも良かった事にし、次につなげる

何かを、一人で考えるときって、
悔しかったことや、悲しかったことが多くないですか?

夜寝る前に、いろいろ考えてしまって
眠れなくなることはないでしょうか?

私は、
たまに夜眠れなくなってしまうことがあります。
そんな時は、憂鬱になりますね。

 

統計的にも、
独り言の80%は、否定的、悲観的な事だそうです。

 

 

こんな時は、
プラス思考というわけではないのですが、
良かった探しをお勧めします。

つまり、強引に良い話にしてしまおうということです。

 

例えば、

足が折れてしまった。
→ 両足でなくて良かった
→ 入院して自分を見つめ直すことができて良かった
→ 不自由な方の気持ちがよく分かった。

 

彼女にフラれた。
→ だらだら関係を続けるより良かった
→ もっと自分にとってふさわしい相手と出会えるかも。
→ 晴れて自由の身だ。どんどん合コンしよう。

 

ちょっと太ってきた。
→ 早くに気づけて良かった。食生活を気をつけよう。
→ ガリガリよりいいよね。
→ 運動を始めるきっかけができた。合気道でも始めようかな。

 

スノボで頭を怪我した
→ 死ななくて良かった。これからは、大事故にならないように帽子をかぶろう。
→ 友達に迷惑をかけたが、信頼関係を築けて良かった
→ 後で、いい思い出になりそう。

 

 

常に、「良かった」を探すゲームなのです。
やり過ぎは禁物ですが、
既に起こってしまったことにくよくよせず、
これからどうしようか
という前向きな考えになれます。

 

いつまでも、くよくよ、イライラしていると、
その状態になっている事がです。

早くその状態を脱し、
前向きに、肯定的に考える癖をつけましょう。

0 コメント:

コメントを投稿