RSS

過去は、いい思い出に変えることができる


一般的に言われているのは、

他人と過去は、変えることができないが、
自分と未来は、変えることができる。

他人や過去を変えようとして、余計な労力と時間を費やすよりは、
自分や未来に、エネルギーや時間を使ったほうが良いですよ。
ということです。

 

ここでいう、過去とは、出来事や事実のことを言っています。
私たちは、この過去の出来事に影響を受けて、
いろいろな想いをめぐらせます。

あの時は良かった。
あの時、失敗しなければ。

人の想いは変えられますので、
ある意味、過去は変えられるのです。

 

 

過去とは、
人それぞれの記憶の中にある出来事に対して、
いま現在の自分が、どのように解釈するかなのです。

過去の事実は、変えることは出来ませんが、
解釈は、変えることができます。

 

何かに失敗した時、
もう立ち上がれない。と思うか、
あの時の失敗があったからこそ頑張れた。と思うのか。

異性に振られた時、
今、新しい伴侶を得ることができた。
あの時、振られなければ、こんない良い人と出会えなかった。

 

解釈を変えるだけで、
一瞬のうちに、良い過去に変えることができます。

つまり、過去を未来につながる良い解釈にして、
良い思い出にしてしまうのです。

 

 

過去の解釈を変える方法は、もう一つあります。
幸せな未来をイメージすることです。

あの時辛かったけど、
それをばねに、こんな成功をしたというように、
より幸せな未来を想像しつつ、過去も変えてしまいます。

 

まだ起こっていない未来に対して、
より良い幸せなイメージを持つことで、
自然に、過去の解釈を良いものに変えることができます。

未来から過去へ、逆に流れる時間をイメージし、
頭の中で体感することができれば、
素晴らしい未来と、素晴らしい過去を同時に得ることができます。

 

成功へのイメージを鮮明にし、臨場感を強めれば、
その未来は現実となります。
よくある自己啓発本にある、思考は現実化するということです。

より良い未来をイメージするだけでなく、
過去もいっしょに幸せにするために、
過去から現在、現在から未来へ全ての時間をつなげて
幸せなイメージにしてしまうのです。

 

過去は、現在や未来の解釈によって
いくらでも、いい思い出に変えられるのです。

0 コメント:

コメントを投稿