RSS

名前を覚えるコツは、覚えるのではなく会話に名前を入れるだけ

人に好かれる一番簡単で、一番大切な方法は、相手の名前を覚え、相手に重要感を持たせることです。

自分の名前を覚えていてくれて、名前を呼んでくれることは、とても気分がいいものです。 つまらないお世辞を言われるよりも、とってもうれしいですし、コミュニケーション能力を高める効果があります。

なぜなら、「名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉」ですから。


パッとしない職場や趣味の集まりなどの雰囲気を明るくするには、人の名前を覚え、名前を呼びあうことです。 名前を覚えることは、職場においても、仲間内の集まりにおいても、基本中の基本なのです。

名前が覚えられないという人もいますが、それは、仕事の基礎、コミュニケーションの基礎ができていないことを告白しているようなものです。



相手の名前を覚えるコツをご紹介します。

  • おはようと一緒に名前を付ける
  • 別れるときに名前を呼ぶ
  • 名前を呼んで質問する
  • 名前がはっきり聞き取れない場合は、わかるまで聞く
  • 名前の漢字を聞く
  • 意識的に会話の中に、繰り返し相手の名前を入れる
  • 相手の顔や表情や姿など、イメージと名前を結び付ける


とにかく、名前を口に出すようにしましょう。

  • 「田中さん、おはようございます」
  • 「おはよう! 田中さん」
  • 「それでは、田中さん、お先に失礼します」
  • 「田中さん、今大丈夫ですか?」
  • 「え、田中さんらしいですね」


相手の名前を呼ばずにごまかしていませんか? これからは、そうゆうことはやめましょう。

とにかく、名前を口に出すようにするのです。 名前を呼んでもらうことはうれしいことなんです。
だから、遠慮せずにガンガン会話に名前を入れていいのです。


私は、下の名前を呼び捨てで呼ばれると、とてもうれしいです。 職場でも、田中さんや高橋さんなど、複数同じ名字の方がいるのであれば、積極的に下の名前で呼んであげましょう。


人の名前を覚える努力をするのではなく、名前を口に出すだけです。 名前を「覚えよう」とするのではなく、名前を「呼ぼう」と意識するようにしましょう。


参考: gogoGrandSmile: 名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉