RSS

名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉

自分の名前というものは、とても大事なものです。
人にとって最も心地よい音は、自分の名前なのです。


どんなにうるさい場所でも、自分の名前が呼ばれると、すぐに気づくことができます。

これを「カクテルパーティ効果」といいますが、音声情報を無意識に選択して聞き取る能力で、特に自分の名前に反応します。なぜなら、人は他人の名前には気にも留めませんが、自分の名前にはとても関心を持っているからです。

名前は、自分にとって最も快く、最も大切な響きを持つ言葉なのです。

自分の名前を呼んでもらうと気分が良くなるのは、自分の名前を聞いた時に、ある種の快感を脳が感じているからです。



逆に考えると、相手に対して名前を呼んであげることは、相手にとっても嬉しいことなのです。

  • 「おはよう!」 → 「渡辺さん、おはよう!」
  • 「すみません」 → 「佐藤さん、すみません」
  • 「はじめまして、よろしく!」 → 「高橋さん、はじめまして、よろしく!」


相手の名前を呼びかける行為は、親近感と信頼感を与えることができ、親密性が増すのです。 異性に対しても有効ですよね。



ここぞのところでも名前を入れてみましょう。会話でも、メールでも、LINEでもあらゆるコミュニケーションで有効です。

  • 「坂本さん、いかがでしょうか?」
  • 「ところで、野口さん、お忙しいところすみませんが」


名前を呼ばれると、心が動くことは事実です。尊重され、関わりを求められている感じがし、できる限り応じたい気持ちになるのです。



名前は、自分にとっても相手にとっても、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れないようにしましょう。


参考: すぐに親しくなるには、ため口と相手の名前を効果的に混ぜて会話する

0 コメント:

コメントを投稿