RSS

ドリームキラーは、自分自身の心であり、目標達成進捗指標でもある

世の中にはドリームキラーがいることをご存知でしょうか。 世の中の半分以上はドリームキラーだと思います。いや、捉え方によっては、ほぼ全員かも知れません。

おそらく、自分自身も少なからずドリームキラーになっていると思います。


誰かが「私は将来、総理大臣になる!」といった時どう思いますか?。「おー、がんばって!」と表では言ったものの、心のなかでは「そんなのなれっこないよ」と思ってしまうのではないでしょうか。

そうだとすると、あなたはドリームキラーの予備軍です。



ドリームキラーとは、夢を壊す人のことです。

夢や目標に対して、「絶対に無理じゃない」「うまくいかないよ」と言ってくるような人です。

悪気はないんです。夢ヘの邪魔をしている自覚はなく、逆に相手のことを思って、言ってくれていることがほとんどです。「苦労しても報われないよ」と心配してくれているのです。

ドリームキラーは、本気で心配してくれる人が多く、一番身近で影響力が強い、家族や親友がなりやすいのです。



ドリームキラーは他人に限ったことではありません。自らがドリームキラーになってしまうこともあります。

人は、現状がそこそこ幸せであれば、なるべくこのままでいたいという潜在意識があり、自ら進んで事を起こそうとしないと、なかなか前にすすまないものです。



ドリームキラーに否定し続けられると、「やっぱりこれが現実か」「どうせ。。。」というように心が折れてしまいます。

「なにくそ!」と思えればいいのですが。そうです。自分の目標を達成するためには、ドリームキラーに操られないような強い心を持たなければいけません。



ドリームキラーに対して、3つの対策方法があります。

  • 夢をドリームキラーに語らない
  • ドリームキラーが周りにいることを認識する
  • ドリームキラーを達成度を測る指標とする


夢を語らなければ、否定することもできません。しかしこの対策はお勧めしません。 ドリームキラーを逆に活用してしまいましょう。

ドリームキラーは、自分の周りにたくさんいます。 ドリームキラーの反応を観察することによって、自分の夢がどれくらい目標に近づいているかどれくらいの本気度にあるのかがわかるのです。

ドリームキラーは、自分自身の不安や疑いの心を映し出しているのです。


ドリームキラーを指標にするには、ドリームキラーに負けない心が必要です。 負けない心を持つには、強い意思と情熱が必要です。強い意思と情熱があれば目標は成し遂げられます。

やりたいことだからこそ、好きなことだからこそ、妨害に屈しずやり続けられるのです。


強い意思と情熱は、「自分らしさ」を捨てずに、隠さずに全面に出していくことで生まれてきます。

他人にコントロールされるより、自分自身でコントロールするほうが楽しいに決まっています。あーだこーだ言われても、「自分らしさ」を出し、強い意思と情熱をもって目標に向かっていきましょう。



ドリームキラーを嫌うのではなく、受け入れ、うまく利用してしまいましょう。

0 コメント:

コメントを投稿