RSS

子どもを良い子にする最強のほめ方は、身近な間接ほめ

子どもいい子に育てるには、ほめると良いとよく言われます。


子どものほめ方ですが、ただほめれば良いというものではありません。効果的なほめ方があります。

効果的なほめ方とは「間接ほめ」です。直接、面と向かってほめるより、第三者からほめられたほうが真実味も嬉しさも増大しますね。



しかし、子どもに対しては、もっと有効で最強の褒め方があります。それは「身近な間接ほめ」なのです。

身近な間接ほめ」とは、子どもが近くにいる時に、母が父に、父が母に、母がおばあちゃんになど家族に対して、良かったことを伝えほめすることです。


例えば、

母「今日、うれしいことがあったの」
父「え、なになに?」
母「ゆきちゃんが、私が傘を持ってないかもしれないと思って、駅まで迎えに来てくれたの」
父「え~、今までそんなことなかったじゃん」
母「そう、びっくりしちゃった」
父「ゆきちゃんはやさしいね
母「うん、うん、すんごくやさしいの」
父「思いやりを持てるようになって嬉しいよ
母「そうだね」


このような会話を、子どもが目の前にいる時でもよいし、ちょっとはなれてTVを見てる時でもよいので、子どもに聞こえるように話すのです。

テレビを見ていてもカクテル効果によって、子どもは自分の事が話題になっているとわかります。そして聞き耳を立てて聞き入るのです。


子どもには直接言わないけど、聞こえてくるというのがミソです。子どもは素直なので、面白いようにすぐに反応します。ぜひ試してみてください。


さらに良い副作用もあるのです。 それは、夫婦仲がよくなることです。嬉しいことを話しているので当然といえば当然ですね。



身近な間接ほめ」は、子どもに対してのほめ方でしたが、友達同士など大人にも十分通用します。夫婦仲もよくなりますので、ぜひ試してみてください。

私の子どもにも実践しましたが、効果抜群でした。おもしろいように素直になりますよ。

私達夫婦がリビングで「身近な間接ほめ」で話していると、廊下にいる子どもが、すりガラスの扉をとおして立ち止まって聞いている姿が見え、なんともかわいかったです。


もちろん、子どもを直接ほめてあげることもしてくださいね。

0 コメント:

コメントを投稿