RSS

朝起きれない最高の時間を活用する

早起きできていますか?

自分を磨くには朝型が良いと、 どんな本にもかかれていますよね。

でも、早起きして朝型になるのは簡単ではないです。



ここで、ちょっと意識を変えてみましょう。

朝早くに、目覚ましで起きたら、 すぐにベットから出て、 少し熱めのシャワーを浴びて、 ジョギングをして、

などというイメージは捨ててしまいましょう。



朝目覚めたら、そのまま、ふとんの中にいて良いのです。

なぜかといいますと、 頭がぼーっとしているまどろみタイムだからです。

もう少し寝たい、もっと眠っていたいという状態は、 夢と現実の間にいるわけですから、 いわゆる自然の瞑想状態アルファ波が出ている状態です。

脳は、最高の状態になっているのです。


その状態にこそ、自己催眠をかけるチャンスです。 自分の潜在意識に、自分が心から望む夢や希望を叩き込むのです。 そして、自然に湧き出るアイデアを得られるチャンスなのです。



朝目覚めても、すぐには起きあがれません。 それなら、その状態をも利用してしまうのです。

5分ぐらい、ふとんの中で思いを巡らせます。 すると、自然に情熱が湧いてきて、いてもたってもいられなくなり、 すっと起き上がれるようになります。


あー、あとちょっと、目覚ましのスヌーズが鳴るまで寝ていたい。 というような後ろ向きの寝起きではなく、

最高のまどろみ時間が来た!

というように、 前向きの朝のまどろみ時間に変えてしまいましょう。

明日の朝から、早速実践です。

0 コメント:

コメントを投稿