RSS

ゆずりあいだけじゃない、役割を演じ切るのも大切

ゆずりあい
とても大事ですよね。

しかし、ゆずりあいが、時として上手くゆかない時があるのです。


道を歩いていて、対面から向かってくる人と、はち合わせになり、 何度も、右、左、右、左、とゆずりあった経験はないでしょうか?

どちらも同じ考えでいると、いつまでも通れません。

どちらかは止まる、もう片方は避けるという異なった役割をすれば すっと通れますね。



もう1つ例を上げてみます。

携帯もスマホも無く、連絡手段が取れない場合、 渋谷で待ち合わせをするとしたら、どこで待ち合わせますか?


人によって様々だと思います。 ハチ公前、モヤイ像前あたりが定番ですね。

ハチ公前は混むし、待っている間暇だから、 TSUTAYAの1Fにする人もいるかもしれません。


待ち合わせということなので、お互いに会えないと困りますよね。 ここで、相手の行動を読み合います。

あの人だったらここだな。 いや、あの人だったら、いつもの私の待ち合わせ場所に来てくれるはず

お互いに相手の事を思って、お互いにすれ違ってしまう場合もあります。 以前の記事のエピソードも似ていますね。

一番大切なことは、一番大切なものを一番大切にする



こんな時は、お互いそれぞれの立場を演じ切るとうまくゆく場合があります。

待ち合わせする人が、先輩、後輩だったら、 先輩は先輩らしく自分の思ったとおりに行動し、 後輩は、自分の気持ちは抑えて、先輩の行動を予測する。

つまり、どちらかに、暗黙のうちにあわせることができれば、 うまくゆくのです。

この考えを、リーダー、フォロワーの考えといいます。


ゆずりあい思いやりも大切ですが、 時には、自分の立場や役割に従って毅然と振る舞うことも 世の中うまくゆくコツなんです。

0 コメント:

コメントを投稿