RSS

書評 あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書) 姜昌勲

「あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書)」

姜昌勲


この本は、片付けが上手くできない人、 ADHD自閉症スペクトラムの症状を持った方等との コミュニケーションの取り方を、精神科の先生が語った本です。

しかし、このような自閉症など特別な症状をもっていなくても、 自分自身を含め、自分の周りには似たような人が必ずいます。

人は、少なからず個性を持っていますし、いろいろな考えを持っており、 自分と同じように考えたり、対応してくれるとはかぎりません。


そうゆう意味で、この本は、

  • 何度いってもちゃんとやってくれない人がいたり
  • 言うことを聞かない子どもの対処方法が知りたかったり
  • 人と上手くコミュニケーションがとれてないなと思ったり
  • 自分が上手く対応出来ていないと感じた時に

自分に当てはめ、立場を変えて読んでみると、 かなり参考になると思います。



いくつかポイントを抜粋します。


その人にしかない独特な特徴の表れを 「周囲になじまず困ったヤツ」とするか、 「天から授かった大切な個性」とするかで、 人間関係は劇的に変わってきます。

「困らされている」ということから「楽しませてくれている」と、 自分自身の視点を変えて、ポジティブに転換できるはずです。



同じ労力を使ったとしても、 事前にその行為の目的を説明し、理解を得た上で行うとの、 予告なしで行うのとでは、全く違った効果が得られます。



自負は常に他人の感化によって強化されます。

つまり、会話の波長をあわせるということ、 それも表面的な波長合わせではなく、感情体験を共有するのです。

例えば、ほめてもらったら、 「そんなことないですよ。」ではなく、 「ありがとう、うれしいです。」 と肯定的な感情と言葉でやりとりします。



1回の指示は、1つか2つのタスクにとどめる。 3つ以上のタスクを指示すると、 優先順位がわからなくなり混乱をまねきます。

指示は、できるだけ肯定文にする。 否定や2重否定は混乱のもとになります。

「~しないように」ではなく、「~すること」というようにする。

指示後、そのタスクが完了したら、 しっかりフィードバックする。
相手の行動を評価し、ほめるポジティブフィードバックが有効です。

成功体験を積み重ねることで、自信につながります。



目標設定は小さく、 スモールステップアップするようにします。



話し合いをしたら、お互いにメモをとります。 耳で聞いたことは忘れやすいのですが、 目で見たことは覚えやすいからです。



人の心は見えません。 ガラスのコップではなく、中身が見えないコップをイメージしてください。 他人からは、相手のコップの中身は見えないのです。

水が注がれた時、水があふれたら、 それは、最後に注がれた水が原因ではなく、きっかけにすぎません。

日々注がれた水を定期的に排水し、ストレスを解消するプロセスが大事です。



それぞれ、コミュニケーション障害者に対する対応になりますが、 普段のコミュニケーションを上手くやっていくコツとして 大いに活用してみてください。



「あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書)」

姜昌勲

0 コメント:

コメントを投稿