RSS

普段だからこそ、自分を磨き続ける

夏休みやゴールデンウィークなど、 比較的長い休暇は、旅行を計画すると思います。


それと、時間がたっぷりあるから、

部屋を片付けよう!
たまってるTVを見よう!
やりたかった事をやろう!

と思ったりもしますね。 しかし、計画を立てて見たけれど、

お休みは、あっという間に終わってしまい、 あまり思うようにできないことが多いのではないでしょうか。


長いお休みに、普段できない事をやろうとするのではなく、 普段の生活の中で、やるようにしたほうがよいのです。


普段だからこそ、自分を磨き続けるのです。



自分を磨くとは、どうゆうことか?

あの有名な7つの習慣から、 第七の習慣刃を研ぐ」について、エピソードを1つ引用します。



森の中で、きこりが木を倒そうと、 何時間もノコギリをひいていました。

木はなかなか倒れません。 きこりは、へとへとに疲れてしまいました。


その時、ある人が、きこりに言いました。

「少し休んで、そのノコギリの刃を研いだらどうですか?」
「そうすれば仕事がもっと早く進みますよ」


きこりは答えました。

「刃を研いでいる暇なんてないさ。切っているだけで精いっぱいだ」



このエピソードは、目の前の仕事を急ぐあまり、 刃を研ぐ時間を作ろうとしないことで、 結果として、遠回りになってしまうというものです。

時間とって刃を研ぐことは、 ちょっと遠回りや寄り道みに見えるかもしれませんが、 結果として、これからの未来は、もっと楽に、もっと早く 実行できるようになるのです。



刃を研ぐ」とは、自分磨きをしましょうというたとえです。


人生に立ち向かうために使える道具は、
自分自身しかないのです。


自分自身を磨くことは、 人生における豊かな収穫をもたらすのです。


自分を磨くことに、もう少し時間を投資してみましょう。


大統領であるリンカーンも、

「木を切り倒すのに6時間もらえるなら、 私は最初の4時間を、斧を研ぐことに費やしたい」

と言っていました。



長い休みだからやってみようではなく、
普段から、歯を磨くように、自分磨きもしましょう。

0 コメント:

コメントを投稿