RSS

「だって」といわない。できない言いわけではなく、できる言いわけをする


無意識に、言いわけを言ってないでしょうか?

 

何かを言われて、返事をするとき、
無意識に、言いわけから話し始めてしまうことがあります。

口癖のように

だって、、、」

ついつい、口からでてしまいますね。

 

例えば、

「はやく、食たべなさい」
だって、ウインナーの皮が、かめないんだもん」

「はやく、片づけなさい」
だって、パパだって片づけてないじゃない」

 

自分のことは棚に上げて、
ものや、人のせいにしてしまうのです。

誰々もやってないから、だから、私もいいのだ。
というむりやりの言いわけです。

 

 

何か、いいつけされたり、注意されたりしたら、
だって」から始めるのではなく、
まずは、「はい」と、肯定しましょう。

言葉だけでも、肯定する癖をつけると、
心が穏やかになり、行動も素直になれます。

どうしても言いわけをしたければ、
「はい、片づけます。でも、、」
というようにしてみてください。

 

 

特に、子どもがいる前では、
大人がお手本になっていますので、
親から、率先して肯定する言葉を使いましょう。

 

意識して返事をしないと、
つい、「だって~
になってしまいます。

少し難しいですが、素直に「はい」と
言えるようにしましょう。

夫婦仲も良くなること間違いなしです。

 

 

何かを実行することができない。
というのも言いわけになります。

今の仕事が片づいてから
時間がないから
スキルがないから
お金がないから

たくさん言いわけが出てきますね。

 

何かを実行できない言いわけではなく、
実行できる言いわけを探しましょう。

やらない言いわけを考えるより、
どうしたら、できるかを考えるほうがいいですよね。

 

何の工夫や努力もせずに、言いわけをしていては、
できることもできなくなってしまいます。

言いわけすることで、
自分の人生において、大きな損にならないように
前向きの言いわけを探しましょう。

 

 

  ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿