RSS

夢中になって効率アップ 情熱をもって品質アップ


何かをするとき、集中してますか?

なんとなく、だらだら
やってしまうことがあると思います。

 

何かをするとき、
集中するのとしないのとでは、
効率、スピード、質が、全く変わってきます。

いやいやしょうがなくやるのと、
楽しくて夢中になってやるのと、
どちらがはかどるでしょうか?

 

そうです。
夢中」になってやる方がはかどりますね。

夢中というのは、
物事に熱中して我を忘れること、
正気を失うことです。

没頭することで、
いやなことも、面倒なことも
効率よくできます。

 

何かをする場合、
1時間でも、30分でも、10分でも、
例え5分でも、
夢中になってみてください。

集中してやるというよりも、
夢中になるという方が、
簡単にできて、しかも楽しくできます。

試しに、歯をみがくなど、なんでもいいので、
夢中になるという意識で何かを取り組んでみてください。

いつもよりも楽しく、
スムーズにものごとが進む感じを体験できます。

 

 

さらに、欲を言えば、品質も良くしたいですね。
その時にイメージする言葉は、「情熱」です。

情熱は、長いスパンのプロジェクトや、
壮大なものに対して使うイメージがありますが、

1時間、30分、5分のことでもいいのです。
ほんの些細なことに対しても使っていいのです。

5分だけ、
情熱をもって取り組んでみて下さい。

 

なぜ、やるのか?
なぜ、これをやっているのか?

誰かを助けることができるから、
美しくなるため、モテるため。

情熱たるゆえんを思い、考えてから、
情熱という意識を、頭の片隅に置いておいて、
ものごとに、取り組んでみてください。

目的がはっきりすることで、
品質を上げることができます。

 

 

夢中」、「情熱」をキーワードにして、
仕事や、やるべきことを
どんどん、こなしていきましょう。

 

身が入らない、気分が乗らないときなど、
だらだらしている自分に気づいたら

5分だけ「夢中」になってみてください。

 

 

    ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿