RSS

健康一番! 治療ではなく、普段からの予防が大事


体がだるかったり、熱があったり、
歯がずきずき痛む時など、

何も考えられず、集中力に欠け
何も手に付かなくなりますよね。

 

風邪や歯の痛みでも、こんな気持ちになるのですから、
もし、大きな怪我をしたり、重い病気になったら
趣味などの好きなことまでも、やる気が出なくなってしまいます

 

 

病は気から」といいますが、
病気になってしまうと、
なかなか、前向きに考えることが難しくなります

 

自分が健康な時は、
病人に、「病は気から」というでしょ。
もっと気持ちを明るくして、
楽観的になろうよ。

なんて、平気で言っていたのですが、
いざ、自分が病気でダウンしたら、
全くそれどころではなかった記憶があります。

 

やはり、病気になってしまうと、
なかなか前向きに考えるのが難しくなりますね。

 

 

病気になってから、どうにかしようではなく、
できるだけ、病気にならないように、

自分の健康に気を配り、
常に予防を心がけることが大切です。

 

普段の健康な状態が、
空気のように当たり前のように感じますが、
当たり前の健康を維持することに感謝し、
自分の体を大事にしましょう。

常にベストな自分をだせるように

 


  ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿