RSS

子どもとの会話は、「ゆっくり」話す


子どもが、落ち着いた素直な子どもに育つためには、
やはり、親との会話が不可欠です。

 

子どもをどうやって育てればよいのか難しいですね。
迷った場合は、自分に置き換えて考えてみると、
何かしらのヒントや答えが見つかります。

 

自分が子どものときは、どうやって育てられたのか?
楽しかった思い出を、思い出してみてください。

お父さんと手をつないで、近くの草むらで、
一緒に、たくさんの虫をとった。
お父さんに、高い高いをしてもらった。

もう少し大人になると、
ゆっくり話を聞いてくれた。
一緒に悩んでくれた。

人それぞれ、いろいろだと思います。

 

ゆっくり」という言葉に注目してみましょう。
なんだかとても、心地よく、安心感があるイメージですよね。

 

子どもが、落ち着いた良い子に育つためには、
ゆっくりと、話しを聞いてあげて、
ゆっくりと、答えてあげる事が大事だと思います。

ゆっくりと受け答えすることは、
小さい子どもの頃は、もちろん大事ですが、
中学生の不安定な時や、
高校生、大学生、社会人になっても
一生続けてあげる事です。

 

私の友達には、
今でも、母がゆっくり話を聞いてくれる事が、
心のバランスをとってくれていると、感じているそうです。

ゆっくり」とは、少し離れてしまいますが、
私は、親と会話をすることが少なく、
だいたい、メールでやり取りをしています。
メールなどの何気ない言葉に、
母の愛情を感じることがあります。

 

 

子どもと、ゆっくりと話をするということを、
いつまでも続けていくことによって、

いつしか、自分の子どもが、親になったとき、
子どもの話をゆっくりと聞いて、
共感してあげる事のできる大人に成長すると思います。

 

ゆっくり」というイメージを大切にしてください。

 

 

  ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿