RSS

非日常を共有することで、家族や友達との関係をよりよくする


地域のイベントや、仲の良い友達家族との旅行は、
とても楽しいですよね。

いつもと違う、非日常的な経験を共有することで、
夫婦や家族、友達関係のきずなを深めることができます。

さらに欲張って、もっともっと、
夫婦仲や友達関係を、良くしてしまいましょう。

 

 

仲のいい友達家族といっしょに、
バーベッキューに行った時のことをイメージしてください。

川で子どもたちと無邪気に遊んでいたり、
一生懸命、火起こしをしていたり、
お肉を焼いたり、

いいにおいがしてきましたね。
イメージをするときは、
においや音など、五感をフル活用するといいですよ。

 

夫や妻や友達を、注意深く観察してみると、
自分の夫が、他の旦那さんよりも、頼もしく見えたり、
自分の妻が、友達の奥さんよりも、よく見えるところが
必ず見つかると思います。

それは、普段当たり前だと思って、無意識にしていたり、
やってもらっていたことが、
他の家族では、当たり前じゃないことがあるからです。

 

バーベキューでの火起こし
子どもたちと無邪気に遊ぶ姿
冷たい飲み物がなくなったら、さっとついであげる
ちょっとした気配り。

解放された気持ちで、素直に見ていると
いろいろ見えてくると思います。

 

 

キャンプなどの楽しかったイベントが終わったあと、
この感情を、自分だけのものにしないで、
言葉にして、伝えるのです。

 

夫婦で、あの時楽しかったね。
私は、これが楽しかったよ。

このような会話の中に、夫や妻の良かったところを
相手に伝えてあげてください。

ほめたり、感謝の気持ちを、
夫婦の間でも、照れずに話すことが大事です。

楽しい思い出を共有しているので、いつもよりは
素直に言えるのではないでしょうか。

 

私は、あなたをちゃんと見ていましたよ。
あなたの良いところを再発見しました。

ということを、伝えてください。

 

 

友達家族に対しても同じです。
必ず、メールなどで、

「楽しかったね。また遊ぼうね。」

というようなやり取りをしますよね。
このメールの内容の中に、

○○さんが、子どもたちを見ていてくれて
とても助かりました。

具体的な行動や行為に対して
一言添えてみてください。

 

楽しかった(感想)+ 気づき(感謝)

というように、感謝の一言を付け加えます。

 

受け取った方は、
自分の夫や妻の良いところを再発見することができます。

客観的に、相手を知ることで、
普段、思ってもみなかったことを考え、
尊敬できたり、見直すことができます。

さらに、そんなふうに言ってくれた友達に対しても、
好意をもった目でみることができ、
お互いの関係がよくなります。

 

ずるがしこい気持ちで、感謝するのではなく、
自然に、素直な感謝の気持ちを
言葉にするだけです。

夫婦だから、友達だから、ちょっと照れくさいけど、
ほんのちょっとの勇気と気づかいで、
大きなメリットが得られます。

ほめることなど、いままでしていなかった、
ちょっとしたことをきっかけに、
幸せの風が、心地よく流れはじめます。

 

文字や言葉にしなければ、何も伝わりません。
感謝や幸せなことは、言葉や文字にして伝えましょう。
言う方も、言われる方も、うれしい気持ちになります。

そして、それは、巡り巡って、自分にかえってきます。
幸せのプラスの循環が生まれるのです。

 

ひがんだり、恨めしがったりすることは、
そとに追いやってください。
周りの幸せや、よい行いを、
素直に喜ぶ気持ちが大事です。

 

 

ゴールデンウィークや夏休みなど、
行事が多くなる時がチャンスですね。

普段の生活では、なかなか発見することは難しいです。
非日常という楽しいイベントを通して、
家族や友達を観察してみてください。

きっと、たくさん良いところが見つかります。

 

 

  ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿