RSS

コーチングでうまく質問できないのは、尊敬する心がないから

コーチングに限らず、上手に質問するにはどうすればいいでしょうか? 逆に、なぜうまく質問できないのでしょうか?


大きな要因として、うまく質問ができないのは、相手を尊敬していないからなのです。 つまり「答えを持ってないんじゃないか」と、たかをくくっている自分の気持ちがあるからです。


部下や子どもに対して、「答えは相手の中にある」ということを信じ、期待することが大切であり、コーチングを機能させる大きなポイントになるのです。

相手が、尊敬する恩師だったり、お医者さんだったり、自分が成功したいと思っているテーマに関して師匠と呼ばれる人の場合を想像してみてください。

どんどん質問ができますよね。「あれもこれも聞きたい」と。これは、すなわち、答えが相手の中にあるということを信じているからなのです。



コーチングの基本にもどってみてください。

  • 相手に、自ら気づかせること
  • 決して、アドバイスしてはいけない
  • 答えは、相手が持っている
  • それをいかに引き出してあげるか


うまく質問をするためには「相手の中に答えは必ずあるはず」と信じることなのです。