RSS

離れて暮らす両親に、孫の顔とおせっかい

離れて暮らす実家の親とコミュニケーションをとっていますか? おそらく耳が痛い話ですよね。

実家の親が、オレオレ詐欺耐震設備詐欺マイナンバー詐欺にあっていないかとても心配です。

しかも、たちの悪いことに、親は、詐欺に限りなく近いのにそれを認めない話をしてくれない話を聞いてくれないと、ないないづくしです。

私も例外にもれずです。



そんななか、読売新聞のコラムにとても良い話が掲載されていました。 ポイントを箇条書きで書いてみます。


  • 離れた実家に母を持つ女性(私)が主人公
  • 実家の母が太陽光発電を契約しそうになった
  • 私は反対すると、母が私を悪者扱いにした
  • 私はショックを受けた

良かれと思って注意しても、「いい人だから」「悪い人に見えなかった」あげくの果ては「私のお金でしょう、うるさく言わないで」となってしまいます。


  • 母は、業者の説明を聞いて契約する気になった
  • 母は、電話で私に確認した
  • 母は、「やったらいいんじゃない」と後押しが欲しかった

年齢を重ねると、頑固になるんですよね。特に家族など、より身近な人の意見を聞こうとしません。 それでも、なんとか説得したのでしょう。


  • 母の年齢を考えると賛成できない
  • 母は、一度はやめると決めた
  • しかし、また母から連絡が来た
  • 「かわりにことわって」と頼まれた
  • 休日に実家に帰った
  • 業者に断った
  • 業者は「後悔しますよ」「近所の人もしていますよ」と引き下がりません
  • 母は、逆に「何回も来てもらったのにすみません」と業者にあやまる始末
  • 私1人が母の契約を邪魔した悪者なの?
  • 私は、業者にも腹が立ち、母の態度にも悲しくなった

この手の業者はしつこいですよね。 ハッキリ断ればいいのですが、変な断り方だと後で何かされるのではないかと心配になります。 丁重に丁寧にキッパリ断らなければなりません。



この女性は、たまりかねて相談しました。 ここからは読売新聞の記事を引用します。


「心配で色々動きましたが、もう放っておいた方がいいでしようか?」

放っておくなんて、とんでもない。より一層かかわらなくてはいけません。 老人を食いものにしようとする悪徳業者もいる時代です。

子がしっかりと親を守らなくては。万が一の時、バカを見るのは娘のあなたなのですよ。 母上が業者にお愛想を言うのは、へつらったわけでなく、年寄りの防御本能です。

一人で生活していると、いじわるをされるのではないか、仕返しされまいか、と何かとおびえるのです。 堂々と胸を張っていればよい、と注意してもだめです。弱い者には通じません。母上はきっと寂しいのでしよう。あなたにかまってほしいのです。

年寄りが面倒を起こすのは、判断力がにぶくなっているせいもありますが、根本のところでは、小さな波風を立てることで、家族の関心を集めたいという欲がある、と私はみています。

そう考えると、怒ったり、文句を言ったりしてはかわいそうです。 むしろ必要以上に母上と会話をし、おせっかいをやくことです。


身内だからこそ、言いにくいことも言えます。心の奥そこに届くようなおせっかいもできるのです。 面倒がらずに、一番の味方になってあげてください。

私もこの記事を読んで考えさせられました。

私の母は、同じ事を何度も、何度も、何度も、何度も言ってきて、とってもわずらわしいのですが、一週間に一度の電話だけでなく、実際に会って話をすることが大事だということを身にしみました。


孫の顔を見せるついでに、愛情のこもったおせっかいをたくさんやきましょう。

0 コメント:

コメントを投稿