RSS

あえて無駄なことをやってみる それが粋というもの

粋なことしてますか? 粋と聞くと、江戸をイメージしてしまうのですが、 なんか、かっこいい響きですよね。


「お、今日の服、粋だね~」

と言われたら、悪い気はしませんよね。 ちょっと照れくさい幸せを感じませんか。

粋なこととは、 ちょっとした、ほっこりした幸せをもたらすものだと思います。



12月クリスマスが近づくと、私の家の近くでも、 イルミネーションをする家がちらほら出てきます。

冬の澄んだ空気に、カラフルに光るイルミネーションは一段と綺麗ですね。


ある時、ビルの建設工事をしている現場でも、ツリーを見る機会がありました。

残業を終え、仕事帰りに駅に向かって歩いていると、 スマホで撮影している人が何人かいました。

ちょっと気になって、撮影している方に、ふと振り返ってみると クレーンで大きな編みを引き上げて、電飾で飾ってある編みツリーが 建設途中のビルの屋上に輝いていたのです。

昼間は仕事のジャマなので、とり外しているものだと思います。 とても面倒なことだと思いますが、 ここの現場の人は、なんと粋なことでしょうか。

ツリーの美しさにある裏側を想像してみると、 なんとも感慨深いものがあります。



大雪が降った次の日の雪かきでも、ちょっとした遊びごころで、 道路の角に、雪だるまを作ったりするものいいですね。

近所の人や、通りすがりの見知らぬ人が、 それを見て、ちょっとした笑顔を作ってくれることでしょう。

それを想像するだけでも、幸せな気分になれます。 それが、粋というものです。



無駄なことだとしても、それが粋なことなら、 心を豊かにする魔法になるのです。

あえて無駄なことをやってみる。 それが粋というものです。

0 コメント:

コメントを投稿