RSS

いやなこと、面倒なことを始めるには、ここち良いものと結びつける

面倒なことやりたくないこと
でもやらなくてはいけないこと
たくさんありますよね。

・寒い朝のマラソン
・禁煙
・ダイエット
・歯みがき
・朝の着替え
・出勤

トイレにいったり、ご飯を食べるのさえ面倒なときがあります。

 

私の場合は、好きでやっているのに、
ブログやメルマガを書くことが面倒で、
先延ばしにしてしまうことがあります。

 

 

人の行動は、
自分にとって、苦痛なのか、ここち良いのかで、
嫌気や、やる気が決まってきます。

 

ケーキを我慢し、きつい運動を毎日しているダイエットでも、
人によっては、苦痛ではなく、ここち良い場合があるのです。

それは、
ダイエット後の幸せをイメージすることができるからです。

 

 

せっかく何かをやるなら、ここち良く行動したいですね。

嫌なことや、面倒なことを始めるときには、
その行動をしたことで、もたらされる良いことをイメージするのです。

ダイエットであれば、
モデルのようにスラっとし、
好きな服を来て表参道を歩いている姿を想像し、

ブログを書くのであれば、
そのブログを読んでくれた人が喜ぶ姿を思い描きます。

禁煙であれば、
使えるお小遣いが増え、ご飯も美味しく食べられ、
病気もせず、幸せを感じている姿を思い描くのです。

 

 

行動を起こす前に、その行動によるメリットを考え、
その行動が、ここち良いものであると意識してから始めるのです。

 


物理的にも、ここち良さを期待するのであれば、

ダイエットや禁煙など、実行している時に限って、
好きな音楽を聴くことができ、
好きなものが飲めるというような、
ご褒美作戦というのも有効ですね。

 

 

いやなこと、面倒なことを始めるまえには、
ちょっとだけ考える時間をとり、
それからもたらされるここち良いものと結びつけてみましょう。

きっと少しは、やる気がでるはずです。

0 コメント:

コメントを投稿