RSS

書評 「クリスマス・イブのおはなし」3冊セット 長尾 玲子

「クリスマス・イブのおはなし」3冊セット
長尾 玲子

 

本棚に、そっと飾っておきたい
心温まるかわいい絵本セットです。

 

クリスマス・イブのおはなし」は、

  ・「100こめのクリスマス・ケーキ
  ・「サンタさんのいちにち
  ・「あっちゃんとゆびにんぎょう

の三冊をセットにした本です。
大きさは、ちょうどCDケースと同じぐらいです。

 

すべて、ひらがなやカタカナで書かれており、
小学校低学年でも読めます。

ですが、この本は大人の方にも、おすすめします。
彼女へのプレゼントとしては最高だと思います。

 

絵本ですが、絵本ではないのです。
すべて刺しゅうで描かれているんです。
そして、全てがきれいで、かわいいのです。

そして、付録として
物語に出てくる指人形の型紙がついています。

私は、その型紙を、牛乳パックなどの型紙に写し
娘に作ってあげました。

娘は大喜びで遊び、
今では、クリスマスツリーに飾られています。

 

 

3つの本の物語ですが、

すべて、クリスマスイブに起こった、
同じ日の、同じできごとのお話です。

同じストーリーを
あっちゃんというかわいい女の子の目線、
サンタさんの目線、
ケーキ屋さんの目線で
描かれているのです。

 

以前、映画にもなった
イタリアを舞台にした本に、

  「冷静と情熱のあいだ

という小説がありました。

この本も、赤と青の2冊あり、
主人公の男性目線、女性目線で
同じ物語を書かれたものでした。

二人が会うシーンでは、
それぞれの本に、
お互いの心情が、
それぞれの立場で書かれていました。

 

クリスマス・イブのおはなしも、
あっちゃん、サンタさん、ケーキ屋さんの
それぞれの立場で、心あたたまる思いやりが
伝わってきます。

 

 

クリスマスプレゼントの選択肢として
くわえてみてください。

 

「クリスマス・イブのおはなし」3冊セット
長尾 玲子

0 コメント:

コメントを投稿