RSS

人に何かを伝える時は、Why → How → What の順

世の中、
人とのコミュニケーションは、
欠かせません。

商売も同じです。
売りたいものを、
買いたいと思わせる事が必要です。

 

 

では、どうすれば、
うまくコミュニケーション
とれるのでしょうか。

人に何かを伝える
心を動かすには順序があるのです。

 

それが、サイモンシネック氏が提唱する

 「Why」 → 「How」 → 「What」

の順なのです。日本語で言うと、

  「なぜ」 → 「どのように」 → 「何を」

となります。

 

人は「何を」ではなく、「なぜ」に動かされます

一般の人は、この順序を逆にしてしまいがちです。
つまり、「What」 → 「How」 → 「Why」の順です。

私達が考え、行動し、伝える方法は、
「What」 → 「How」 → 「Why」の順になります。
つまり、明確なものから曖昧なものへ向かうのです。

しかし、優れたリーダーや、Apple社などは、
「Why」 → 「How」 → 「What」の順で
考え、行動し、そして伝えるのです。

 

 

例えば、洗剤を売ることを考えてみます。
「What」 → 「How」 → 「Why」の順ですと、

「What」
    頑固な汚れが落ち、嫌な匂いもしない、
    ものすごい洗剤があります。いかがでしょうか?

「How」
    通常の洗濯をするように使えます。

「Why」
    この洗剤を使うと、
    事前の手洗いがなくなり、着た時の不快感もなくなり、
    快適な洗濯ライフをおくれます。

となりますが、

 

「Why」 → 「How」 → 「What」の順ですと、

「Why」
    子どもの泥汚れの靴下は、下洗いが大変ですよね、
    生乾きの匂いも、耐えられません。
    この2つを解決するため、研究を重ねてきました。

「How」
    通常の洗濯のとき、この洗剤を使うだけです。

「What」
    頑固な汚れが落ち、嫌な匂いもしない洗剤、いかがですか?

となります。

 

いかがでしょうか、最初のつかみが違いますね。
「Why」 → 「How」 → 「What」の順ですと、
次を知りたくなりますが、

「What」 → 「How」 → 「Why」の順ですと、
はい、はい、いつものね。
という感じになりませんか?

 

 

Why」というのは、目的を確認しているのです。
何のために、何を信じているのか。
存在する理由は何なのか、なぜそれが大事なのか
なのです。

 

人は「何を」ではなく、「なぜ」に動かされるのです。
人に何かを伝える時は、Why → How → What の順で
考えましょう。

実は、今回の記事も、
この順序を意識して書いています。

 

 

<参考:TED>
  「優れたリーダーはどうやって行動を促すか:ゴールデンサークル
  サイモン シネック

0 コメント:

コメントを投稿