RSS

視点を変えて、思い通りにならないことに価値を見出す

人生、なかなか思い通りにいかないですよね。

空気が読めない人も、
まわりにたくさんいるのではないでしょうか。
もしかしたら、自分がそうである可能性もありますね。


思い通りにならないときには、
ちょっと、視点を変えてみましょう。

 

視点を変えれば、いろいろ見えてきます。

お茶や、のりが入っている茶筒を想像してみてください。

真上から、茶筒を見ると、に見えますが、
真横から見ると、長方形に見えます。

昔、東京の足立区には、
おばけ煙突というものがありました。

見る角度によって、
1本に見えたり、
2本、3本、4本に見えたりします。

 

 

物事に対して、視点を変えてみるということは、
いろいろな思い観点で考えるということです。

 

例えば、上司に
「やり直してこい」と言われた場合、

「めんどくさいな。何が悪いんだよ、
  これでいいじゃないか」

と思うのと、

「私がもっとうまく出来るように、
  教えてくれているんだ」

と、とらえるのでは、全然違いますよね。

 

いちいち、いらついたり、怒ったりしていたら
だと思いませんか。

自分だけの考えに凝り固まらず、
多面的に物事を考え、
前向きな価値を見出す事が出来れば、

しょんぼりすることなく、
人生を楽しく過ごすことができます。

 

 

人生、思い通りになることよりも、
思い通りにならないことが多いと思います。

思い通りにならなかった時、
いちいち、落胆していたら、
もったいないし、つまらないです。

 

思い通りにならないことに対しては、
視点や見方を変えて、
そのことに、価値を見出していくようにしましょう。

0 コメント:

コメントを投稿