RSS

何かをやり始めるときは、脳に気づかれないように、ほんのちょっとづづ行う

ダイエット、禁煙、ブログ、マラソン、ペン習字など

何かを新たにやり始めるには、
かなりのエネルギーが必要ですよね。

実は、人間にとって、
これはあたりまえのことなのです。
人間の脳の性質で、
潜在意識が現状を維持しようとするのです。

 

前向きに考え、成長したいと願っているにもかかわらず
なかなか前に踏み出せないのは、
潜在意識のせいだったのです。

 

わかりやすい例でいうと、
動摩擦係数、静摩擦係数と考え方は、同じなのです。

止まっている車を動かすには、
多くのエネルギーを必要としますが、

すでに動いている車は、
少ない力で動き続けることができます。

逆に、車を停めようとしても、すぐには止まらず、
大きなエネルギーが必要になります。

 

つまり、いったん動き出してしまえば、
とても楽に続けることができるということです。

何かを続けていて、すごいな~と思っている人も
実は、あまりエネルギーを使ってなく、
楽にこなしているのです。

 

 

では、
新しいことを始めるにはどうすればいいのでしょうか。

それは、脳の性質を利用し、
潜在意識を、新しい自分に徐々に慣らしていけばいいのです。

 

新しいことを行うときは、脳に気づかれないように、
ほんのちょっと、小さな変化で、ゆっくりと行います。
それを繰り返してゆき、徐々に慣らしていくのです。

マラソンでしたら、
まず、家を一歩出る。
という小さな変化から行いましょう。

 

そして、目標が大きければ大きいほど、
潜在意識の現状維持メカニズムが強く働きますので、
最初の目標も、小さいものにします。

最初の小さな一歩の中にも、
最終目標を実現するための種があるので、
ほんの僅かな進歩にも、できたことに喜び、
成功達成のイメージを味わってください。

 

 

はじめから、大きな変化を望むと、
なかなか、うまくスタートできません。

脳に気づかれないように、
そーっと、ほんのちょっとづづ
変化
していきましょう。

0 コメント:

コメントを投稿