RSS

脳が小さな変化を受け入れやすいという性質を利用し、習慣化する

大きな夢は、そう簡単にはかなえられません。

大きな夢を分解すると、小さなステップの集まりです。 このことと、人間の脳の性質をうまくからめて活用することで、夢をかなえやすくできるのです。


人間の脳は、大きな変化を起こそうとすると恐怖を生み出し、脳が強い抵抗を示します。 しかし、小さな変化には、そこまで大きな抵抗を示さないのです。

生活習慣をガラッと変えたくてもうまくゆかないのは、自分の意思が弱いのではなく、脳の性質や機能の問題だったのです。



はじめは、脳がキャッチできないような小さな変化から始めます。小さな小さな変化のため、強い抵抗や恐怖を感じずスムーズに行動できるはずです。 徐々に変化を続けることで、大きな変化へとつながっていくのです。

つまり、自分の脳をうまく活用し「小さな習慣」を積み重ねることで、大きな変化や大きな夢につなげられるということです。


例えば、いきなり「毎日10Kmのマラソンをする」と決めても、脳に妨害されてうまくいきません。 そんな時は「毎日1分だけ、その場で足踏みする」といった、極めてハードルの低い小さな行動から始めるのです。

一度習慣化してしまえばその習慣が楽しくなり、より高い負荷に対して楽に少しずつ挑戦できるようになります。



行動だけでなく考え方も同じです。

「どうすればお金持ちになれるか」といった漠然とした大きな考えでなく「まず、今日できることはなんだろうか、そのためには何ができるのか?」と、自分に対して小さな質問をし、毎日繰り返し答えていくことで、脳が自然にお金持ちへの行動ができるようにしてくれるのです。



脳は大きな変化には強い抵抗を示しますが、小さな変化にはそれほど抵抗を示さない」という性質があります。

今できる小さな小さな一歩は何だろうか?」と自問し、それを毎日実践することで、全く無理せず習慣化することができ、大きな夢へとつなげられるのです。



ありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿