RSS

早く仲直りしたければ、まず受け止める

夫婦や子どもとの喧嘩、会社でのトラブルは、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いで起こることが多いですよね。

お互い、早く仲直りしたいのに、買い言葉売り言葉で悪態をついて、更に悪化してしまうことが少なくありません。 そんなときは、まず、相手を受け止めるということを試みてください。



「受け止める」と「受け入れる」は、似ているようで全く異なります。

「受け止める」とは、レシーブ、つまり受け取ることであり、「受け入れる」とは、アグリー、つまり同意する、認めるということです。


受け入れる」とは、相手の言い分を認める事ですので、自分の身に覚えのない事、やってもない事、事実でない事などは、受け入れる必要はないのです。

しかし、相手の言い分、相手の気持ちを「受け止める」ことは、とても大事であり、必要でもあるのです。 この「受け止める」がないから、ケンカや問題が起き、お互いに深みにはまってしまうのです。

「そうですか、そうだったんですか、それは大変でしたね」
「そう思ったんだね。あなたの気持ちは理解しました」

と、まず受け止めるのです。


例えば、親子の喧嘩の例ですが、

親と喧嘩し、しばらくして子どもから歩み寄ってきたときに、子どもの言い分を半分でもいいので一旦受け止めてあげることです。

逆に、何も聞こうともせず突っぱね、親の言い分や権力を振り回し、上から言いくるめるだけでは、子どもは決していい子になりません。あげくのはてに、子どもは言葉ではどうにもならないと思い、反感を持って罵倒を浴びせ、暴力をも奮ってしまいます。

受け止めなければ、子どもは「歩み寄ってもだめなんだ」「何を言っても聞いてくれない」と思い、今後、歩み寄りもしなくなってしまいます。

子どもには、謝ったら好転するという体験を与えることが大事です。負のスパイラルでなく、プラスのスパイラルにしたいということです。


また、犬と同じで、子どもが言ってきたときのタイミングで、適切な対応が必要です。 あとで「ちょっと言い過ぎたかも」では遅すぎるのです。

親としては、ちょっとしゃくだけど、こちらから歩み寄ってあげるぐらいの余裕がほしいですね。子どもが自発的に動けるようにうまくお膳立てをしてあげましょう。



上記は、まず「受け止める」ということです。どんなことでも受け止める事はできますが「受け入れる」かは別の問題です。

子どもの言い分はわかった(受け止める)。でもゲームをする時間は決めなくてはいけない(受け入れない)。

自分と意見が違う、と反論するのではなく、まず違う意見もあると受け止めます。その上で話し合い、お互いに納得した結果を導くのです。(1日30分までならOK)


まず「受け止める」これが良好なコミュニケーションの第一歩です。 受け止めないと、自己中心でわがままで、駄々をこねているただのダダッコです。


受け止めは、相手の意見を聞くだけなので簡単なことなんですが、感情が高ぶっているとうまくできないものです。一旦冷静になったときに、意識して「受け止める」ということを思い出してみてください。これができれば、トラブルはほとんど避けられますし、仲直りもすぐできます。

空・雨・傘のフレームワークで、簡単に論理的思考ができる

問題をロジカルに解決するため「空・雨・傘」というフレームワークがあります。 これは、保育園や幼稚園に出てくるお遊戯のようですが、マッキンゼーをはじめとするコンサルティングファームが用いている代表的なフレームワークなんです。

問題解決の意思決定のため「空・雨・傘」という3つの要素で物事を整理するとよいというものです。

  • 空(事実、状況把握)→ 例:重い雲が急に広がってきた
  • 雨(解釈)→ 例:雨が降ってきそうだ
  • 傘(行動、判断)→ 例:傘を持って出かけよう


「空」

外出する前に、空を見て、空が曇っているのか晴れているのか、という事実認識をします。

意見や解釈が入っていない客観的な事実のことです。 ちなみに「暑かった」というのは解釈が入った意見や感想なので、空には入りません。

自分が見えている情報だけで判断せず、全体を俯瞰し、思い込みにとらわれず、冷静に事実を認識しましょう。


「雨」

空が曇っている。だから、ひと雨きそうだ、と解釈することです。

認識した事実にもとづいて解釈をします。

事実からの解釈は何通りもあります。あらゆる可能性の中から最も納得のいく解釈を選択しましょう。


「傘」

ひと雨きそうだ、という解釈から、傘を持っていくという判断をすることです。

導かれた解釈にもとづいて、最終的な判断として何をするのかを導きます。ここでも複数の判断が想定されますが、最も合理的な選択に絞ります。



空・雨・傘」というフレームワークを利用すると、事実を正しく認識し、そこから解釈の道筋をたて、最も合理的と考えられる対策を選ぶ思考パターンが生まれます。


3つの「空・雨・傘」のうち、どこが抜けても問題解決のプロセスは成立しません。

」が抜けると、あてにならない解釈になり、「」が抜けると、誤判断のおそれがあり、「」が抜けると、具体的な行動につながりません。


空・雨・傘」の本質は、思考の順番ではなく、組み合わせによって、意思決定に必要な視点から物事を眺めて整理できる点にあります。

そのため、どの順番に並び替えても機能するのです。その場の状況や相手の出方によって、臨機応変に対応すればよいのです。

ポイントは「空→雨」「雨→傘」のつながりの妥当性と納得感です。

  • 曇っているから、傘を持って行こう(事実を根拠にしている)
  • 雨が降りそうだから、傘を持って行こう(解釈を根拠にしている)


いまいちうまく伝わらないという場合、伝えたい内容を「空・雨・傘」で整理してみてください。 「空・雨・傘」は、このようなコミュニケーションの時にこそ有効なのです。



フレームワークは、論理的に思考する手助けをしてくれます。自然にできるようになるまで、フレームワークを意識しましょう。そうすれば、いわゆる頭が切れる人にみられますよ。

「起承転結」「5W1H」「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」「PDCA」「走攻守」などなど、どれもフレームワークですね。

輪講など、学習効果が高い勉強法を積極的に取り入れる

アメリカ国立訓練研究所の研究結果に、勉強法ごとに知識が記憶に定着する割合を調べたものがあります。

  • 授業:5%
  • 読書:10%
  • 動画視聴:20%
  • デモ視聴:30%
  • グループディスカッション:50%
  • 学習した内容を実践:75%
  • 他人に教える:90%


結果を見ると、受動的ではなく、能動的な勉強法が良い結果になっています。 「アクティブラーニング」が最近流行っているのも納得ですね。

一人で勉強するより、気のいい仲間と一緒に勉強すれば、お互い知識が共有できたり、話し合うことで深く理解することができます。また、わからない友達に教えてあげることで自分もスキルアップし、知識定着に貢献できます。


気のいい仲間といっても、あまりにもレベルに差があったり、数十人もの人数だと逆効果です。 しかし、気のいい仲間で、レベル差があっても、得意な科目は異なると思いますので、お互い得意分野を教え合うといいかもしれません。

よく、「付き合う友だちと同じレベルになる」と言われますが、できればお互い切磋琢磨でき、ライバル視できるような仲間がいいですね。


毎回集まっていると、やはりダラダラとしてしまう事が多くなってくると思います。 今日は何をやるのか、しっかりと目的や時間を決めて集まることが大切です。そうしないと逆効果になってしまいます。

テキストを、単元を区切って数人で分担し、調べた事を順々に教え合う、いわゆる輪講形式にすると、自分の担当が決まり、責任も生まれるので、とても効果的です。



一人で勉強するのもいいですが、放課後ちょっと残って、楽しく効率的な学習方法を実践してみるのもよいですね。

書評 『芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座』出口汪

芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座
出口汪


芥川賞を受賞した又吉直樹さんの作品『火花』は、火花の意味は違うかもしれませんが、芥川龍之介の『或阿呆の一生』にも出てきます。又吉直樹さんは、少なくとも影響を受けているのではと思われます。

誰もが知っている芥川龍之介太宰治について知ることは損ではないですよね。それを出口汪さんの解説で二人の違いを対比しながら知ることができます。


出口汪(でぐちひろし)さんの経歴

  • 大預言者の出口王仁三郎氏が曽祖父
  • ヒューマンアカデミー講師
  • 関西学院大学文学研究科博士課程終了
  • 代々木ゼミナールに転職
  • すべての大教室を満杯にするなど、伝説的な人気講師
  • 総合予備校S.P.Sを設立
  • 無試験で入れた受験生のほとんどを東大京大早慶上智に合格させる
  • 東進ハイスクールに転職
  • システム現代文」シリーズなど、ベストセラーを刊行
  • 私立だけでも200以上の高校が正式採用した「論理エンジン」を開発



出口汪さんの経歴からもわかるように、文章においては一目置かれる人のようですね。

出口汪さん著書の『芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座』の本は、タイトルどおり、芥川龍之介と太宰治という2大巨匠から文章を学ぼうというものですが、具体的な手法や解説はほとんどありませんでした。

しかし、ポイントとなる文章を抜粋し、光ってる文章はここなんだよ!とポイントを教えてくれています。


私は、芥川龍之介と太宰治に関しては名前を知っているぐらいであまり知らないのですが、どんな人物なのか、どんな文章を書いていたのかよくわかりました。

二人とも若うちに自殺しており、取り上げてある文章を読むと、とっても暗い気持ちになります。

私は、「蜘蛛の糸」「鼻」「走れメロス」などは好きなのですが、私個人としては、これ以上二人の作品を読みたいという気持ちはなくなってしまいました。というのが正直な感想です。



大預言者の出口王仁三郎氏が曽祖父ということで、ちょっと気になり調べてみました。

B29爆撃機空襲、関東大震災、日本の敗戦、リニアモーターカー、アップルウォッチの出現などを予言し、貨幣はひとつのしくみに統一されるともいっていたそうです。

ご興味があれば本(出口王仁三郎氏の書籍)もたくさんあるようです。



それでは、本題の『芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座』で、気になったところをご紹介します。

芥川龍之介と太宰治の表現方法は対照的とのことです。


「芥川龍之介」

  • 理知的で精緻な文章
  • 論理的な手法を駆使
  • ほとんどが三人称


精緻」とは、非常に細かい点にまで注意が行き届いて、整っていることです。

芥川龍之介は、ただ見たままを描くのではなく、描きたい情景をいったん整理し、どのような構図で説明すれば読者の脳裏に鮮明に刻み込まれるのか、まるで風景画をデッサンするように計算づくの上で論理的な構図でもって情景描写をしています。

そうした絵画的手法のために、主人公が今どんな場所にいるのかを鮮明に読み取ることができるのです。 しかも、視覚的な表現だけでなく、苔や落ち葉の匂い、管弦楽の音など、嗅覚や聴覚にも刺激を与える描写を加えています。



「太宰治」

  • 情感のこもった自由奔放な文章
  • 感性的な手法を駆使
  • ほとんどが「私」という一人称


太宰治は、書物よりも経験から文章を書きました。「小説家には、聖書と森鷗外全集があればじゅうぶんだ」と言い切ったくらいです。 「私」が読者であるあなたに直接語りかけるような告白体で書かれています。まさに太宰治は人生そのものから言葉を紡ぎ出していったのです。



「心をつかむ二つの技巧」

芥川龍之介でも太宰治でも、名文家の文章には二つの技巧的要素が共通してある。

  • 気の利いたエピソード
  • 気の利いたフレーズ


気の利いたエピソードとは、私たちが関心を持ったり、思わず「分かる分かる」と心の中で手を打ったりする文章です。

気の利いたフレーズとは、多くの言葉を費やして説明する文章ではなく、印象に残る一文です。


小説は短編でも、あるまとまった文章の長さがあるのですが、その中でたった一文でもいいから、ドキっとする表現があるものが名作として長く世に残るのです。 何千語かの言葉は、そのたった一文を輝かせるためにあるのです。

多くの言葉を費やして説明する文章ではなく、最後に印象に残る一文で締めくくる文章こそが、読者に余韻を与え、非常に有効な表現となっています。

例えば、芥川龍之介の『或阿呆の一生』では、

彼は人生を見渡しても、何も特に欲しいものはなかった。が、この紫色の火花だけは、凄まじい空中の火花だけは命と取り換えてもつかまえたかった。



心をつかむ文章を書けるようになるには、まずは天才たちの文章を模倣することから始めましょう。 すると、今まで自分の中になかったものの見方や表現方法がしだいに身につき、それによって感性が磨かれ、豊富な表現が自然と溢れ出すようになってくるのです。と出口注さんはおっしゃっています。


最後に、出口注さんと齋藤孝さんとの対談があるのですが、そのなかで印象的だったのは、

ただ、太宰や芥川というのは本当の天才であって、我々一般人とは違うと思います。 ああいう生き方は我々にはできない。


全くそのとおりだと思います。ただし、私は、ああいう生き方ができないのではなく、ああいう生き方はしたくないです。

死を常に考えていたからこそ、究極の文章が書けたのではないでしょうか。



芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座
出口汪

計画を立てる前に、自分の位置を確認する

目標を設定し計画を立てたのに、いつも思うように行かない。どんどんずれていってしまう。 その原因の1つとしてあげられるのが、きちんと自分の位置を把握していないことです。


今、自分が迷路の中にいることを想像してみてください。 迷路の目標は、ゴールにたどり着くことです。

迷路の地図があり、もちろんゴールの位置も書かれています。 迷路の地図には東西南北が示されています。

そして、方位磁石もあります。方位磁石があれ東西南北も正確にわかります。


さて、この条件だけで、ゴールにたどり着くことは可能でしょうか? ちょっと困難ですよね。

何が足りないかと言うと、「自分の位置」と「自分が向いている方向」です。



目標を立てた後、現在地を把握しなければ、正しく動き出すこともできないのです。

自分が向いている方向」というのは、目指すべき、集中すべきことを把握しているかということです。 例えば、ダイエットしたいのに、美味しいスイーツを食べる計画ばかりしていては逆方向を向いていると言えます。しっかり目標に対して自分を向けてあげる必要があります。


目標が明確になったら、その目標に向けて「自分が現在どの位置にいるのか?」「集中すべきことはなにか?」をしっかり自覚することが大切なのです。


自分の現在の位置を知ることで、目標やマイルストーンが、低すぎるのか高すぎるのか確認できます。高すぎる理想を追ってしまうと、なかなか結果が得られず長続きしません。

自分の現在地と照らし合わせて、程よい目標設定をし直しましょう。

段階的に小さなベイビーステップを踏んで達成感を味わいつつ、自分の位置を確認しながら、ゴールに向かって進めていきましょう。



計画を立てる前に、自分の位置を確認する」です。

「1.01の法則」と「0.99の法則」

コツコツと努力をすること」は大事であるということを、数字のマジックを利用すると、とても説得力のある話にすることができます。

部下にプレゼンをする場合や、子どもを諭すときなどに使ってみてください。ただし、中学生以上の数学レベルがないと理解できませんので、小学生にはちょっと難しいですね。


コツコツと努力をすること」は大事であり、「少しずつさぼってしまうこと」は良くないということを数学的に論じます。

「指数計算がなぜ当てはまるのか?」「足し算や引き算なのでは?」など細かい疑問はありますが、なぜかなるほどと思ってしまいます。



「1.01の法則」

  • 1.01の365乗=37.7834
  • 1日0.01の努力をコツコツし続ければ、1年後には約38倍にもなり、大きな力になる


「0.99の法則」

  • 0.99の365乗=0.0255
  • 1日0.01だけ少しサボることをし続ければ、1年後にはほとんど力がなくなってしまう


「0.99の法則」をプラスに捉えると、タバコや間食など、やめたいことを当てはめるといいですね。

1の365乗=1となり、毎日同じことをしていても、1年後も変化がないとなってしまいますが、これはちょっと違いますね。頭のいい子に説明したら、切り返されてしまうかもしれません。



こんなお話もありましたね。

ご褒美をもらうことになった男が「初めは米一粒。その後は毎日、前日にもらった米の二倍の米を下さい」と言いました。その場で計算出来ないととんでもないことになってしまいますね。


更に、わずか0.1mmの紙を42回折ると、その厚みは、月に届いてしまいます。 物理的には不可能ですが、0.1mm×2の42乗=約44万Kmとなり、月までの距離38万Kmより大きくなりますね。



おもしろいですね。素直に、数字のマジックを楽しんでみてください。

子どもの困った言い方の切り返し方法

子どもに使ってほしくない言葉ってありますよね。 そんなときは、スマートに対応して、切り抜けてしまいましょう。

よくある言葉の例をあげてみます。


ムカつく

「ムカつくんだよあいつ」
「なんで、頭にきたの?」


ウザい

「ウザいよ」
「なんで、うっとうしいと思ったの?」


キモい

「あいつ、キモいんだよ」
「そっか、一緒に遊ぶ気分ではなかったんだね」


ビミョー

「ビミョーなんだよね」
「どんなところが変なのか教えて」


困った言い方を違う言葉で置き換え、どんな気持ちなのか、具体的な理由や感情や状態を言葉で言えるように誘導してあげます。



ムリ

「そんなのムリだよ」
「難しいんだね。じゃこれだけやってみるのはどう?」

「なんでできないのよ」といった、親の感情的な返答は、子どもが理由を話す気をなくしてしまいます。 また、責められる言い方も、子どもは感情的な言葉でしか返せません。

子どもの言い訳を受け止めたうえで、子どもができそうな具体的な方法を提案してあげましょう。

「じゃ、自分の靴だけならできる?」
「今はムリなのね、いつならできる?」



親がケンカを買ってしまっては、感情のぶつけ合いになってしまいます。なるべく親は我慢して冷静に対応することが大切です。

とは言っても、親も人間ですので、カッとなってしまうこともあり、なかなかできるものではありません。もしそうなってしまっても「冷静に対応しなくちゃいけないという気持ち」だけでも、持つことが大切です。

初めから100%できることは望まずに、1%から始めましょう。



おすすめの子ども教育情報誌(私も定期購読していました)