RSS

3点見積もりとは、手軽に精度の良い見積もりをする方法

作業時間、工数、夏休みの宿題の時間配分、売上など、今後を予測して計画を立てることはよくあると思います。

しかし、正しく見積もることはとても難しいですよね。

経験や感だけに頼るのではなく、手軽に、しかも簡単に精度の良い見積もり方法があるのです。 それは「3点見積もり」という手法です。



「3点見積もり」とは、3つの見積もりを加重平均して期待値を求める方法です。 PERT分析、加重平均見積りとも呼ばれています。

PERTとは「Program Evaluation Review and Technique」の略です。


3つの見積もりとは、

  • 標準値:最も実現の可能性が高い値
  • 楽観値:何もかもが上手く進んだ時の値
  • 悲観値:最悪の場合の値


計算式は、標準値を4倍して平均を求めます。

3点見積り値(期待値)=(標準値 × 4 + 楽観値 + 悲観値)÷ 6


標準値に4倍の重み付けをして計算するわけです。

この方法は、スキー検定やスポーツの点数付け方法にも共通する部分があります。 審判は複数人いて、それぞれ点数を付けるのですが、最悪値と最善値は除き、あいだの点数を採用しています。

かなり一般的な手法であり、有効な手法といえます。



3点見積りは、一人ではなく、複数人で使うのも有効です。

例えば、あるWEBページを作成したチームがあり、デザイナー、プログラマー、マネージャーの3人がいたとします。ここで、このWEBページの年間のアクセス数を予想することになりました。

デザイナーは強気で10万アクセス、プログラマーは弱気で2万アクセス、マネージャーは過去の経験から4万アクセスと見積もりました。

ここで「3点見積り」の登場です。

  • 標準値:4万
  • 楽観値:10万
  • 悲観値:2万

3点見積り値(期待値)=(4万 × 4 + 10万 + 2万)÷ 6 = 4.67万

WEBページの年間のアクセス数の予想は、4.67万となりました。


3点見積りは、かの有名なプロジェクトマネジメント知識体系のPMBOK(Project Management Body of Knowledge)のタイム・マネジメントやリスク・マネジメントで取り上げられています。


場合によっては、2点見積もりの方が有効の場合もありますが、 3点見積りは、いろいろな場面で役立つ方法ですので、ぜひ覚えておき使ってみてください。


参考:見積もり、計画するなら、2点見積もりが効果的

悩みを解決する6つの方法

大なり小なり、誰もが抱えている悩みですが、悩みを解決する方法はたくさんあります。 具体的に紹介していきます。


「大きな悩みを小さな悩みに分割する」

例えば「結婚式の準備」と、ひとくくりにいってしまうと、やることがたくさんありすぎて大変そうに思えます。それを小さなタスクに分解し、一つ一つ片付けていくと楽しく解決できます。

結婚式の準備 → 式場を決める、楽曲を決める、料理を決める、招待客を決める、招待状を作る、披露宴の場所を決める、二次会を任せる、、、


「敬語を使うことで、苦手な人や嫌な人と距離をおく」

仲良くできなのであれば、距離を置いてしまうのも解決の一つです。

苦手な人や嫌な人を近寄らせないようにするには、常に敬語を使うようにします。 「私は、あなたを親しい相手とは思っていません。ですから、あまりなれなれしくしないでください」という暗のメッセージを、やんわり相手に伝えることができます。


「やりたい事を別にみつける」

人生の中で、自分が本当は何をしたいのかということがわかると、多くの悩みを解決できます。 これは、自分に対して自信を与え、しっかりした価値観をもつため、やりたい事に集中し、他の悩みがバカらしくなるからです。

悩んでるひまがあったら、これをやりたい」という気持ちになるのです。


「悩みの意味づけをかえてしまう」

過去のできごとが今の悩みを作っています。ですから、過去の経験の意味付けや位置付けを変えてやることで、悩みを解消するのです。

失敗しても落ち込むのではなく、自分を進歩させる経験として受け取ります。 失敗体験を失敗ではなく、修正可能な対象ととらえて、今後のフィードバックとして使うのです。

大発明家のトーマスエジソンの言葉にもあります。 「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」


「悩みを俯瞰し、一歩引いてみる」

「こんなとき、あの人ならどうするだろうか」と他人事のように考えることで、気持ちを切り変えます。悩みの当事者でいると、冷静な判断や考えができません。一段高い所から自分を眺めてみるのです。


「ほっておく」

今、抱えている悩みは、数年後の自分から見ると小さな問題になっているかもしれません。 何もせずに時の流れに身をまかせ、時間が解決してくれるのを待つのです。

人は人を変えられません。どうすることもできない悩みや相手依存の悩みは放っておきましょう。



そもそも、悩みは完全には取りのぞけないものが多いのです。

インクを悩みとしましょう。 コップ中の水にインクを一滴たらします。そのインクを取り出すことはできません。しかし、薄めることはできます

さらにどんどん水を注いでいくことで、インクが薄まり、インクが入っていたことすらわからなくなります。

水を注ぐということは、色々な体験や経験や学びです。 心のありかたは、繰り返し学ぶことによって変わってゆくのです。苦しいとき、悲しいときほど学ぶことが大切です。物事をうまくとらえられる自分が形成されてゆくのです。


記憶というものは、そうそう簡単には消えません。消えないのなら認識できないぐらい薄めればよいのです。

コップに入ったごはん粒のように、取り除けるものもあるでしょう。その時だけ水は乱れますが、取り除くことは可能です。もちろんそのままにしておくこともできます。

つまり、その悩みはどのくらい重要なのか?、気にしなくてよいのか?、これからどうするばよいのか考えればいいのです。

どうしよう、どうしようとおろおろするのではなく「気持ちはわかった! じゃ、どうするのか?」と、その次を考えるのです。



悩みは3種類に分類できます。

  • 自分の力で解決できる悩み
  • 自然に解決される悩み
  • 自分ではどうしようもない悩み

自分の力で解決できる悩みに集中し、うまくコントロールしましょう。


参考:gogoGrandSmile: 3種類の悩みを理解し、無駄に悩まない

3種類の悩みを理解し、無駄に悩まない

悩みがない人はいません」と断言できるほど人はいくつも「悩み」を持っています。 しかし、悩んでもしょうがないものに時間を割いていると、人生がとてももったいないのです。

まずは、悩みについて理解しましょう。



「悩み」を分類すると3種類にわけられます。

  • 自分の力で解決できる悩み
  • 自然に解決される悩み
  • 自分ではどうしようもない悩み


当たり前の分類ですね。

自分の力で解決できる悩み」とは、自分の体型など、努力や学習や体験することで解決できる悩みです。

自然に解決される悩み」とは、身長が足りなくてアトラクションに乗れないなど、時間が解決してくれる悩みです。

自分ではどうしようもない悩み」とは、地震が怖い、夫の脇の臭いが耐えられないなど、自分でコントロールできない悩みです。


いくら悩んでも答えが出ないものや自分ではどうすることもできない悩みは、考える必要はないのです。

多くの人が、悩まなくていいことに悩んでいるのです。「いつミサイルが飛んで来るのか心配だ」「明日の天気は晴れるか心配だ」これらは、心配し悩んでも何もかわりません。天候が悪いときのために、傘でも準備しておけばいいのです。

つまり、「自分の力で解決できる悩み」にすべてを集中しましょうということなのです。



パナソニック(松下電気、ナショナル)を一代で築いた松下幸之助さんの言葉があります。

「悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない」

悩んでも悩まない」とは、考えても苦しまない、悩んで答えが出るのであれば考えればいいということです。



自分の悩みはわかりますが、他人の悩みを知るにはどうすればよいでしょうか?

人は、他人の話を自分のことにあてはめながら聞いています。 ということは、まず自分の話をすればよいのです。

例えば、母親に対する悩みを聞きたい場合は、自分から母親の話をするのです。 すると相手は、心のなかで自分の母親のことを考えながら聞いてくれます。

そうすれば相手から話が出やすくなるのです。


もし悩みを聞き出すことができたら、共感してあげましょう。 相手が感じていることを言葉にしてあげるだけです。

相手「。。。。。なんですよ」
自分「。。。。。なんですね、。。。ですよね。」
相手「そうなんです」


もしも聞いた悩みが「自分ではどうしようもない悩み」であれば、共感した上で、悩みには3種類あって「自分ではどうしようもない悩み」を悩む時間ってもったいないですよ。と教えてあげれば良いのです。



限りある人生を、よりハッピーに生きるために、 「自分の力で解決できる悩み」に集中し、他の悩みは軽くあしらってしまいましょう。

家事を楽しくWinWinに分担する3つのコツ

最近は、ひと昔前に比べ共働き家庭が多くなってきています。 そうなると、当然ながら家事分担の問題がでてきます。


「いやいや、私達は結構うまく家事分担できているよ」という声も聞こえてきますが、本当にそうでしょうか?

超お金持ちの家庭は、家政婦さんを雇えばすみますが、一般的な家庭ではそうはいきません。


夫婦のお互いの本音を聞いてみましょう。

夫「たくさん家事やっているよ。しっかりと家事分担できてるよ。俺が稼いでやっているんだし」
妻「言わないとやってくれない。もう少しがんばってほしい。家事に対して当事者意識がない」


夫が優しく妻に「手伝うよ」と言う場合があります。 しかし、その潜在意識には「家事は妻の仕事であり、その一部をやってあげている」という気持ちがあるのではないでしょうか。

勝手に本音を書いてしまいましたが、夫婦で行き違っていることは、少なからずあると思います。

そこで、「お手伝い」から「シェア」へ意識改革が必要なんです。



家事を楽しくWinWinに分担する3つのコツがあります。


3つのコツをご紹介するまえに「トムソーヤの冒険」の話を思い出してください。

いたずらの罰で、トムがで長い壁にペンキ塗りをするはめになってしまいました。 トムは、いやいやペンキを塗っていたのですが、いいアイデアを思いつきます。

トムは、とっても楽しそうにペンキ塗りをし始めました。すると、他の人々もペンキを塗りたくてたまらなくなり、大勢の人が代わりにペンキを塗ってくれました。


仕事に価値づけを行うことで、楽しく、しかも楽にすることができます。どんな仕事も考え方1つということです。「三人のレンガ職人」のお話も同じですね。

参考:gogoGrandSmile: 物事に対してよい意味付けをすれば、やる気や幸福感を得られる



さて、家事を楽しくWinWinに分担するコツは以下の3つになります。

  • いいものを使う
  • 相手の家事に文句を言わない、ダメ出ししない、感謝する
  • 相手が家事をやっている時は、自分も家事を行う


いいものを使う

例えば、料理をする場合は、こだわりの包丁を使ったり、掃除をする時はダイソンの掃除機を使ったり、普段とは違う自分を、演出できるようにするのです。気持ちを高ぶらせ、気分良く家事をするためです。


相手の家事に文句を言わない、ダメ出ししない、感謝する

せっかく、洗濯物を干したのに「こんなほし方じゃだめじゃない、パンツは内側、ハンカチは両端を止める」といった文句やダメ出しをされたら、もうやりたくなくなりますよね。

ここは、まず感謝をしてからアドバイスをするのです。
「ありがとう! 次からはこうゆうふうに干してくれるとうれしいな」


相手が家事をやっている時は、自分も家事を行おう

食べ終わった食器を一生懸命洗っているに、リビングで寝っころんでテレビを見て大笑いされたらどうでしょうか? いやですよね。せめて洗濯物をたたみながらテレビを見るなど、相手の気持ちを考えて行動しましょう。



家事を楽しくWinWinに分担する3つのコツでしたが、「トムソーヤの冒険」のように「家事は楽しいんだよ、いっしょにやろう」という雰囲気を作り、夫婦だけでなく子どもにもやってもらえるといいですね。



そもそも、家事とは?

実は、ほとんどの仕事は元に戻す作業なのです。何かを使ったり汚したりしたら、きれいにし、元に戻すということなのです。

そうであれば、家事を減らす工夫もできます。

使ったコップをテーブルに置きっぱなしにせず、すぐ洗う。髪の毛やゴミクズを見つけたら、すぐゴミ箱に捨てる。脱いだ服はすぐたたむ。どれも簡単なことですね。


最後に、家事が一段落したら、ダブルスの試合で勝ったときのように、ハイタッチをしてみましょう!。気分がとってもいいですよ。



PanasonicのCMからヒントを得た記事でした。 家電メーカーであるPanasonicは、食洗機やロボット掃除機のようなハイテク家電に家事をまかせてしまえというCMなのでしょう。


Panasonicからの引用です。

たとえば、お洗濯やお掃除を家電にまかせて、昼間は仕事に集中する。 食器洗いを家電にまかせて、夜は家族だんらんの時間をつくる。 家事のわずらわしさから自由になることで、家族にちょっとしたゆとりが生まれたら。 パナソニックの家電は、共働き夫婦を支えるもうひとりのパートナーです。


参考



最後にもう一度。家事を楽しくWinWinに分担する3つのコツです。

  • いいものを使う
  • 相手の家事に文句を言わない、ダメ出ししない、感謝する
  • 相手が家事をやっている時は、自分も家事を行う


ハイタッチ!

相手の受け取り方は自分とは違う、相手の気持ちを想像する

些細なことで、家族や友達同士ケンカすること、ありますよね。 ケンカまでしなくても、ちょっとギクシャクしちゃうことがあると思います。


実は、ケンカの内容よりも、言動に問題があることのほうが多いのです。 つまり、内容そのものよりも、言い方で傷つくことがあるのです。

言っている本人はなんとも思っていなくても、言われている方はとても嫌な感じを受け、大きなストレスや怒りを覚えてしまうのです。

それは、親と子、先生と生徒、上司と部下など、上下関係が明確な場合はもちろん、友達同士でも微妙な暗黙の上下関係ができている場合に起こりやすいのです。



なんで、おまえに言われなくちゃならないんだよ」と思ったことはないでしょうか?

相手は悪気があって言ったわけではないのですが、こちらとしては「オマエごときに」というちょっとしたプライドが傷つき、ちょっとムカッとするのです。


「さよなら、さよなら、さよなら」で有名な映画評論家の淀川長治さんのエピソードがあります。

相手が失礼なことをしたり、非常に冷たい時、昔はすぐ怒っていましたが、ある時期から腹が立たなくなりました。それは、その人が失礼なことを失礼だと思っていないことに気がついたからです。


そうなんです。言う側と言われる側では、同じ言葉でも全く捉え方が違ってしまうのです。



母「はやく、片付けなさい」
子「今やろうとしてたのに、うるせーな」


これも、よくあるパターンです。 心で考えていた事まで親は予測できませんから、行き違いが起きるんですね。


母「本、わすれてるよ」
子「そんなの読む時間ないよ」


なんだか会話が噛み合っていませんね。

朝、子どもが学校に行く時、リビングに本が置きっぱなしだったので、母は子どもに「忘れてるんじゃない?、大丈夫?」と心配して言ったつもりでした。

しかし、子どもは、今日は試験勉強をするため電車内では読めないと思い、わざと置いておいたのです。 母はそんなことは知らないので、困惑してしまうのです。良かれと思って言ったことなのに、相手がなぜだかイラッとして切れてしまうのです。

時間が無い切羽詰まった状況では、自分の気持ちが先行してしまうので、特に気をつけましょう。 言い方を優しくしたり、もう少し分かるように説明することで少しは解消できるのです。


相手の気持ちや思っていることは言葉にしないと通じませんね。

はなっから、お互い悪気は全くないんです。 しかし自分と相手では受け取り方が違うのでぎくしゃくしてしまうのです。



子「お父さん、できるの?」(ちょっとおふざけ気味に)
父「。。。」(プライドがズタズタ)


お父さんはカチンときています。 なぜなのか? 子どもはわかりません。父がどうしてそう思ったのか伝えてないからです。


「言う側」は、相手の気持ちを考えて発言し、「言われた側」は、自分の気持ちをきちんと相手に伝えるようにすると、少しずつ相手の気持ちやプライドが分かってきて、お互い、いい関係になれます。

しかし、「言われた側」は、感情が先行し、すぐ説明できません。

そんな場合には、時間がたってからでもよいので、第三者に、できれば相手より暗黙的に上の人に自分の気持ちを伝え、理解してもらいます。 そして「言う側」に対して、その第三者から気持ちを伝えてもらうのがよいです。


間接的でもいいので、自分の気持ちをウヤムヤにせず「I(アイ)メッセージ」をきちんと相手に伝えるのです。



子「お父さん、できるの?」(ちょっとおふざけ気味に)
父「。。。」(プライドがズタズタ)

父から母へ「内容はともかく、あの言い方とてもプライドが傷ついたよ」
母から子へ「お父さんとても悲しがっていたよ、お父さんは、とてもプライドが傷ついたみたいだよ」
子「そうだったんだ、ごめん」


ただでさえ、父は母に頭が上がらないんだから、少しは父親を持ち上げてあげましょう。 そうすれば、家庭円満、お小遣いアップ、ケーキやアイスのお土産率が増えるかもしれませんよ。

実は、父親というものは、とっても子どもに甘いんですから。



特に、目上の人に対しては、内容以前に言い方に気をつけましょう。ちょっと気をつけるだけで劇的にコミュニケーションがよくなります。


「やっておいてよ」(ぶっきらぼうに)
「やっておいてね」(お願いするように)


言い方をちょっと変えるだけで、相手が受ける印象や感情は全く異なります

何かを頼むということは、相手を動かす事が目的です。 より相手が気持ちよく動けるように誘導してあげることがお互いに幸せになれるのです。



  • 相手の受け取り方は自分とは違う
  • 相手の気持ちを想像する

これが、円滑で心地よいコミュニケーションを生み出すポイントです。

「世界がもし100人の村だったら」自分も村人の一員

「世界がもし100人の村だったら」という本をご存知でしょうか? この本は知らなくてもフレーズは聞いたことがあると思います。

この本は2001年に書かれたものですので少しデータは古いかもしれませんが、自分がどんなに幸せな国に生まれ、どんなに恵まれているのかを再認識できると思います。

何か感じることがあれば幸いです。



「世界がもし100人の村だったら」

  • 52人が女性です
  • 48人が男性です


  • 30人が子どもで
  • 70人が大人です
  • そのうち7人がお年寄りです


  • 90人が異性愛者で
  • 10人が同性愛者です


  • 70人が有色人種で
  • 30人が白人です


  • 61人がアジア人です
  • 13人がアフリカ人で
  • 13人が南北アメリカ人で
  • 12人がヨーロッパ人です
  • あとは南太平洋地域の人です


  • 33人がキリスト教
  • 19人がイスラム教
  • 13人がヒンドゥー教
  • 6人が仏教を信じています
  • 5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています
  • 24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているかあるいはなにも信じていません


  • 17人は中国語をしゃべり
  • 9人は英語を
  • 8人はヒンディー語とウルドゥー語を
  • 6人はスペイン語を
  • 6人はロシア語を
  • 4人はアラビア語をしゃべります
  • あとの半分はベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などをしゃべります



  • 20人は栄養がじゅうぶんではなく
  • 1人は死にそうなほどです
  • でも15人は太り過ぎです


  • すべての富のうち、6人が59%をもっていて、みんなアメリカ合衆国の人です
  • 74人が39%を
  • 20人が、たったの2%を分けあっています


  • すべてのエネルギーのうち、20人が80%を使い
  • 80人が20%を分けあっています


  • 75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがあります
  • でも、あとの25人はそうではありません
  • 17人は、きれいで安全な水を飲めません


  • 村人のうち、1人が大学の教育を受け
  • 2人がコンピューターをもっています
  • けれど、14人は文字が読めません



  • 銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭が転がっている人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です
  • 自分の車をもっている人は、豊かな7人のうちの1人です


  • もしあなたが、いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら、そうではない48人より恵まれています
  • もしもあなたが、空爆や襲撃や地雷による殺戮や武装集団のレイプや拉致におびえていなければ、そうではない20人より恵まれています



  • 1年の間に、村では1人が亡くなります
  • でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので
  • 来年、村人は101人になります



自分が、村人の一員だということを忘れないでください。

夢の設定は、脳の性質をうまく活用し、ワクワク感を持たせる

ゴールを設定する上で注意すべきことは、脳の性質をうまく活用することです。

  • 否定形はNG、肯定形で設定する
  • 「~しなければならい(have to)」ではなく「~したい(want to)
  • 「~したい」を「~だ」という進行形にする
  • 臨場感を高め、楽しくワクワクすること



「絶対にパンダを想像しないでください」

そう言われると、逆に「パンダ」をイメージしてしまうものです。 否定語を使っても否定してくれないのが脳の特徴です。

ゴール設定や目標設定の場合「間食をしないようにする」といった否定形を使った文では逆効果なのです。潜在意識の中では「しない」というものは無くなり、逆に「間食」という言葉を引き寄せてしまいます。


否定形を使わずに、肯定形で設定するのです。 ただし「運動しなければならない」といった後ろ向きの設定はいけません。

言葉通り、やる気が起きませんよね。自分のモチベーションがアップするようなゴール設定が必要です。

「運動してかっこよくなってモテたい」といった「want to」のゴール設定をします。「want to」なので、脳が無意識にゴールへの最短距離を選んでくれるようになります。


更に、すでに達成しているかのように現在形で設定すると、より脳をだませます。 「運動してかっこよくなってモテてている」

今まさにそうなりつつある自分をイメージできると、運動に関して考えるようになり、今まで見えなかったものが見えてきます

何気なく掃除をしていた週末が、運動を兼ねて掃除ができるようになり、掃除が楽しくなります。 後ろ向きな意識は一切なくなるのです。

ネットを見ていても、ついつい運動系のサイトを見てしまい、必要な知識や情報も収集するようになるのです。

ゴールへの関心が持続すると、見えていなかったものが自然に集まってくるように感じます。 これが「引き寄せの法則」の正体です。



ゴールの臨場感を強めていくと、五感を通じて入ってくる莫大な情報から必要なものだけを取捨選択してくれるようになります。

ゴールの臨場感を強めるということは、実際にその場に身を置いているかのような感覚のことです。 アスリートの人たちは、自分が1位でゴールする姿を試合前にイメージするといいます。

臨場感のあるイメージをするには、体感を伴わせるようにします。考えるだけでなく感じるのです。 映画「燃えよドラゴン」での言葉「Don’t think. Feel!」は、ブルース・リーの名言ですね。


そして現状よりもゴールのイメージの方が居心地の良い空間であることを脳にインプットします。

人は怠けものなので、現状がまあまあだと無意識にその場にとどまろうとします。 「現状よりもゴールがいいんだよ」と脳の教えてあげるのです。

臨場感が強まっていくにつれ、ゴールの方が自分にとって居心地のいい空間になり、脳が無意識に、ゴールと現状との乖離を埋めようとして、ゴールへと自動的に導いてくれるようになります。



最後に、やはりゴールは楽しくワクワクすることがいいですよね。「~しなければならない」から「~したい」に変えたことですでに楽しくなっていると思います。

ゴールは、義務でもなく、やりたくないことでもないのです。うまく言葉を工夫して、脳の無意識の部分にも夢への手助けをしてもらいましょう。



ワクワク感を目標にどう結びつけるかが、ゴール設定の肝です。