RSS

最悪の苦しみは、誰からも必要とされないこと

最悪の苦しみは、何だと思いますか? 死でしょうか?

マザー・テレサは「誰からも必要とされないこと」だと言っています。


マザー・テレサ(Mother Teresa:1910年~1997年)は、カトリック教会の聖人です。 「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名なんです。本名ではなかったんですね。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民は彼女を入れて、わずか7人しかいない)。(Wikipedia)



人は、必ず他の人と関わりを持ちます。その関わりがあるからこそ喜びや幸福を感じるのです。

マザー・テレサの言葉の英語の原文を見てみましょう。


I have come to realize more and more that the greatest disease and the greatest suffering is to be unwanted, unloved, uncared for, to be shunned by everybody, to be just nobody [to no one].

最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。


遊びでも、仕事でも、人に必要とされていると喜びを感じますよね。それは、「心地良い自分の居場所感」を得るということなのです。

  • 必要とされる
  • 受け入れられている
  • 居心地良い
  • ありのままでいい

愛されている」とまでいかなくても「受け入れられているか?」ということがポイントです。この「心地良い自分の居場所感」があると、仕事も遊びも学業も楽しく有意義に幸せに過ごせるのです。


しかし、残念ながら世の中すべてこのような環境ではありません。 「心地良い自分の居場所感」を得るには、自らの努力も必要なのです。


同じ仕事の中で変えられることを変えるという「ジョブ・クラフティング」という考えがあります。

ジョブ・クラフティング」とは、仕事の有意味感、満足感、自己効力感を得るため、やらされ感のある仕事などを働きがいのあるものに変容させることです。 それにより生産性が上がり、個人にとっても、企業にとってもハッピーになり、WinWinな取り組みとして期待されています。

コップに半分入っている水を「半分しか無い」 → 「半分も残っている」というように、同じものを別の視点で捉え、今の環境での視野を広げ、工夫しポジティブ要素を増やすことで、楽しめる環境に置き換えることなのです。

それにより、自然に受け入れられる人になってゆき、必要とされる人になり「心地良い自分の居場所感」を得られるのです。



もう2つほど、マザー・テレサの言葉をご紹介します。


The most terrible poverty is loneliness, and the feeling of being unloved.

最もひどい貧困とは、孤独であり、愛されていないという思いなのです。


We ourselves feel that what we are doing is just a drop in the ocean. But the ocean would be less because of that missing drop.

私たちがやっていることは大海の一滴にすぎないことは、私たち自身感じています。しかし、大海はその一滴分は少なくなっているのです。



小さいほんの僅かな変化から、必要とされる人になれる取り組みを初めてみましょう。多少の努力や苦しみがともなうかもしれませんが、それが結果的には、自分の幸せにつながるのです。

まずは、興味を持つこと、人の良いところを見るようにすることなど、将来の自分への貯蓄として簡単にできることを実践し、「心地良い自分の居場所感」というゴールに向き合うところから初めてみましょう。



最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。」(マザー・テレサ)

書評 『爽快イメージ成功法』 宮本晴記 同じならいい方へ考える

『爽快イメージ成功法』 宮本晴記


『爽快イメージ成功法』に面白いお話がありましたのでご紹介します。


道端で、一人の老婆がシクシク泣いていました。 そこへ五十過ぎの男性が通りかかりました。 「あらっお婆さん、こんなに晴れて気持ちいい天気に、なんで泣いてるんですか?」

「実は私には娘がいて、嫁に出した先が傘屋なんじゃ。こんなにいい天気だと傘が一本も売れんのんじゃ。店が潰れないかと心配で泣いとったんじゃよぉ」

「あぁそうですかぁ、雨が降るといいですねぇ」と言って、男性は通り過ぎました。

次の朝、朝から雨がシトシト降りでした。 男性が同じ道を通りかかると、昨日と同じ老婆がまた泣いてました。 「あらっお婆さん、昨日のお婆さんじゃないですか。

今日はまたなんで泣いてるんですか、雨が降ると何か都合の悪いことでもあるんですか?」 「実は、私には次女もいて、嫁に出した先がゲタ屋なんじゃ。こんなに雨が降ると足が濡れて一足も売れんのじや。店が潰れないかと心配で心配で、自然に涙が出てくるんじゃよぉ」

「ちょっとお婆さん、それ逆にしたらどうですか。晴れた日には、ゲタが売れて良かったと思いなさいよ。雨が降れば傘が売れて良かったと思えばいいじゃないですか」

「あぁ、そういう考え方もあるんじゃのう。これはこれは、どこのどなたか存じませんが、いい話をありがとうございました」 その後お婆さんは、心安らかに幸せな一生を終えることができました。 めでたしめでたし。


悪い方へ考える人は、悪い方へ悪い方へ考えます。どこか悪いところがないかと、悪いところ探しを始めます。 私の妻も小言は言いますが、滅多に褒めてくれません。言ってる方も聞いてる方も気分よくないですよね。



この話は、半分水が入ったコップの話と同じですね。

  • 「もう、半分しかない」
  • 「まだ、半分もある」

物理的には同じことを言っていますが、気持ちは全く違いますね。


同じならいい方へ考えた方が得なんです。 いい方へ考えれば、気分も体調も良くなるし、一日中笑って過ごせます


では、ついつい、悪い方へ考えてしまう悪い癖を直すにはどうしたらよいでしょうか?

それには、繰り返し実践するしかありません。マイナス言葉をプラス言葉に置き換える練習をし、無意識にそれができるように繰り返すのです。

ちょっと大変ですが、それができるようになれば、気持ちよくハッピーに人生過ごせるようになります。


「あー疲れたー」「忙しいー」っていつも言ってませんか?
お疲れ様、よく頑張ってる」に置き換えてしまいましょう。



さあ、「輝く言葉、わくわくする言葉」を使いまくりましょう!



『爽快イメージ成功法』 宮本晴記

書評 『爽快イメージ成功法』 宮本晴記

『爽快イメージ成功法』 宮本晴記


『爽快イメージ成功法』は、副題にもあるように「嫌な気分よさようなら、自分をコントロールする秘訣」が書かれた本です。

楽しみしみながら、必ず良くなるという強い信念を持って、成功をイメージし、うまく脳をだまし続けることが大事だと書かれています。

よくある成功法ですが、ちょこっと斜めから攻めている感じですね。ちまたにある成功法則との違いを感じながら読むとより良いと思います。



宮本晴記さん

  • 1949年兵庫県生れ
  • 東洋大学経済学部経済学科卒業
  • トイレットペーパーフォルダーの発明でテレビ東京に出演
  • アイディア賞受賞
  • 読売新聞社系列の読売エイジェンシー社内報の編集
  • 1982年2月、読売新聞社より優秀社員に贈られる読売マイスター賞受賞
  • 能力開発プログラム販売会社の専務に就任
  • 販売マニュアルを完成させ、世界一の販売実績を残す
  • 首都圏に賃貸マンション経営を数多く展開中のマンション投資家



それでは、一部エッセンスをご紹介します。


  • 目標を書いて、絵にして、口に出せば必ず成りたい自分になれる
  • 毎日気分爽快であり続ける」ことが、精神面での目標であり、あらゆる物事を考える時の基準

  • 気分が優れない時は、気分が良いイメージを頭の中に作り出す
  • 楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ
  • 脳は現実とイメージの区別がつかない


  • 何事も意志力だけで解決しようとしない
  • 想像力の力を借りれば楽に解決できる
  • 辛い時は頑張らずに「良かった良かった」とだますこと

  • 三日坊主にならず続けるコツは、「楽しみながら」を口に出すこと
  • 気が乗らない日は「楽しみながら、楽しみながら」と口にして乗り越える


  • 楽しいことを考えると神経伝達物質のドーパミンが脳内で放出され、やる気が起こる
  • 成功後のワクワクをイメージすることが、楽しく成功する秘訣

  • 何事も、どうせやるなら楽しくやらないと損
  • 最高に楽しくやるから、偉業を達成出来る
  • なぜなら「楽しいから人の何倍も努力する、努力するから成功する」の当たり前の法則

  • 「それって楽しいですか?」と問われたら「ハイ、ストップ」と言いながら、手を一回叩き、楽天モードの切り替えを行う


  • 完璧さと適当を考える基準は「命に関わることか?」「人に迷惑がかかることか?」の2つのみ
  • この2つ以外は100%完璧さを求めない


  • 言葉に出せば、脳の自律神経系は私とあなたという人称の区別がつかない
  • 人の幸せを願って「幸せになりましょうね」と言っても、自分に「幸せになりましょうね」と言ってるのと同じこと
  • 幸せな言葉は、放った相手に行ったり、自分の方へ来たりして両方とも幸せになる
  • どちらが先かと言えば、行動を起こした分だけ自分の方が先に幸せになる


  • 鼻唄とは、気分のいい時に自然に出るもの
  • 鼻唄を歌えば脳もビックリして混乱し、「どってことない」と思えるようになる
  • 喧嘩して気分が悪くても、自分の脳をだまして気分悪くなるのを防ぐ

  • 繰り返しによって、脳はだまされる
  • 脳をだまし続けることが人生成功の秘訣
  • 現在の気分がどうあれ、脳をだまし続ければ、毎日気分よく過ごせる

  • 成功したところをイメージする
  • 必ず良くなるという強い思いは、強力なエネルギーとなり、信念が生まれる


『爽快イメージ成功法』 宮本晴記

目を大きく見開いて、瞳を輝かして聴く

アナウンサーの加藤綾子さんと水卜麻美さんが、なぜ人に好かれるのか? それを、若槻千夏さんが納得のいく答えを示しました。

それは、人の話を聞いているということだそうです。

「あの2人がずば抜けているところは、だいたいアナウンサーの人って次の進行を気にしたりして台本を見ちゃう。私がしゃべってるときとか。だけど、私の話すら一生懸命聞いてくれて、声を出さずに笑ってくれる。声を出しちゃうとほかの人の邪魔になるんですよ。声を抑えても、“あなたの話をこんな聞いてますよ”感をちゃんとあの2人は出してくれている」

「一方、次の台本を見たり、カンペをチェックしたりしている。そういう人って結局ランキングに入ってないなって気づいた」

『カトパンと水卜アナが好かれる理由…若槻千夏の分析にダウンタウン納得』


素晴らしい分析ですね。 ただ聞くのではなく、ちゃんと聴くことが大切です。


よくある2つの悪い聞き方があります。

相手の話を聞いてる間、自分がその会話とは関係ない何か別のことを考えている。 まったく、相手の話に注意を払わず、ただ音楽のように会話が流れている状況です。

もう一つは、 相手が話し終えようとしてるときに、自分が次に何を言おうか考えている。 自分が話したい事がある場合には、こうなりがちです。

このような聞き方では、もう面白いことがあっても何も話してくれなくなってしまいますね。


相手の言ってることを本当に理解しようと思って話を聞くことが大切です。 聴くという行為を何気なく行わず、以下の項目を意識してみましょう。

  • 体を相手に向ける
  • 相手と目を合わせる
  • 相手の話にうなずく
  • 共感の気持ちを表す
  • 口を挟まないで聞く
  • 話の内容に関心を持つ
  • 一生けん命集中して意識して聞く


一言で言うと「目を大きく見開いて、瞳を輝かして聴く」ということでしょうか。

書評 『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸

『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸


育児の専門家による本ですが、子どもの教育に対してかなり参考になりました。 残念ながら、この本はもう中古でしか手に入りません。

私が以前年間購読していた『AERA with Kids』という雑誌も、子どもの教育という意味では素晴らしい雑誌です。


著者 汐見稔幸さん

  • 白梅学園大学・短期大学学長
  • 東京大学名誉教授
  • 日本保育学会会長
  • 全国保育士養成協議会会長
  • 白梅学園大学名誉学長
  • 社会保障審議会児童部会保育専門委員会委員長
  • 一般社団法人家族・保育デザイン研究所代表理事
  • 専門は、教育学、教育人間学、保育学、育児学
  • 21世紀型の教育・保育を構想中
  • 保育についての自由な経験交流と学びの場である臨床育児・保育研究会を主催
  • 臨床育児・保育研究会 代表



それでは、小学生の学力を伸ばすにはどうすればよいか、いくつかご紹介します。


大人と同じような思考に入る手前に「11歳の壁」がある

  • 背の高い順などは頭の中で具体的にイメージしやすい
  • 徐々に、抽象的なもを「<」や「>」の不等号などような記号におきかえられるようにする
  • この思考は、学習過程での大事なテーマ
  • 日常会話の中でいろいろな抽象性の高い言葉を使って話をさせることが大切


友だちを自慢するわが子を抱きしめてほしい

  • まだできない我が子から「みかちゃんてすごいんだ。逆上がりを10回も連続でまわったんだよ」と聞かされたとき、「あなたは?」「なんであなたはできないの?」とつい聞いてないでしょうか?
  • クラスメートができたことを自分のことのように喜ぶことができるということは、共感力の高いとてもいい子なのです
  • 自分さえできればいい、人に勝つということなどより、共感する心をもつことのほうが大切
  • 「友だちのことをそんなに喜んで、あなたっていい子ね」と言って、心から喜んでほしい


リーダーシップも家庭で育てる

  • 後ろからついていくだけで組織全体のことを考えていない、というのではまずい
  • トップでなくてもある程度のリーダシップをとり、組織を動かしていく練習が必要
  • 旅行の計画をたててみて」と言って、練習や経験をさせることが必要
  • 親はアドバイスはしても、文句をつけてはいけない
  • 「楽しかったよ、ありがとう」と感謝し、さまざまな経験を積ませてあげる


しつけの中心は、身辺自立させること

  • 小学生のしつけで大事なのは身辺生活の自立
  • 家庭で、子どもをお客様扱いしない
  • 「勉強していればいいよ」では、生活の自立能力は育たない
  • こまかな身辺のことができないまま大人になると、整理整頓ができず、健康に気を配ることができず、勉強も仕事も、へたをすると結婚生活もうまくいかなくなる
  • 一緒に料理を作ったり、掃除は分担する
  • 身辺自立ができると、人間として信頼され、生きる力を得る
  • 勉強も生活も自分のことは自分で決める


言葉を使ってのコミュニケーション

  • 自分の本音を出し、相手の話に共感して受け止めることが当たり前のようにできれば「あの人といると楽しい」と思われる人間になれる
  • 相手の話をしっかり聞く
  • 相手のわかるように自分の考えを述べる
  • 意見が違っても頭ごなしに反論するのではなく、きちんと同じ土俵を作って上手に議論する
  • 子どもを子ども扱いせず、親子の会話を楽しむことで育まれる



とても内容が濃いので、ぜひ中古本で見つけたら読んでみることをお勧めします。


『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』 汐見稔幸

質問するだけで思い通り

質問のしかたによっては、相手を思い通りに動かしたり、自分を有利にすることができます。 いろいろな例をあげますので、コツを覚えてコミュニケーション力を高めましょう。



  • 相手の本音を聞きだしたい
    • 「私は、、、」「あなたは?、、、」
    • まず「自分のこと」を話してから質問することで、自己開示して相手に安心感を与える


  • 相手に気づきを与える
    • 「君の給料は誰からもらってるの?」
    • ヒントとなる質問をする


  • 会話内容を明確にする
    • 「いつ、どこで、それに気づいたの?」
    • 5W1Hを活用


  • 聞きにくいことを聞く
    • 「こんな話を耳にしたのですが、、、」
    • 第三者の話として聞いてみる


  • 相手に決断を迫る
    • 「AとBどちらがいいですか?」
    • 選択肢を少なくし、AかBしか選べなくさせる


  • 相手と早く打ち解けたい
    • 「へ~、そうなんだ」
    • 聞く姿勢に徹し、その人自身のことを話題にする


  • 話をうまく切り出したい
    • 「なるほど、〇〇ということですね?」
    • 相手の話をまず投げ返す


  • 相手を思い通りに誘導したい
    • 「現金とカード、お支払いはどちらにしますか?」
    • 前置きを省略して直接、結論を迫る


  • 話の主導権を取りたい -「仮に〇〇だとしたら、、、」
    • 仮の話を進めてみる


  • 議論を深めたい
    • 「そもそも〇〇とは何でしょうか?」
    • そもそも質問法で本質に踏み込む


  • 本題を切り出すタイミングをつかめない -「〇〇について、お聞きしてもよろしいでしょうか?」
    • 質問をしていいかどうかを質問する


  • 答えに困ったら
    • 「あなたはどうお考えですか?」
    • 意見を言うより、相手に話させる


  • 論理的に攻めたい
    • 「なぜ、〇〇なのですか?」
    • なぜ?を繰り返す質問をする


  • 人をうまく動かしたい
    • 「あなたはこの件をどうすればいいと思う?」
    • 相手に考えさせる問いかけをする


  • 代表して質問
    • 「〇〇の点は〇〇と考えてよろしいでしょうか?」
    • 確認型の質問なら自然にできる


  • 問題の解決法が見つからない
    • 「もし〇〇さんならどう考えたでしょうか?」
    • たとえば成功者や消費者など、立場を変えてみる



質問のしかたで、話の展開が大きく変わり、人間関係も変化してしまいます。うまい質問を心がけ、好印象を与えましょう。

うまい質問は、相手が「よくぞ聞いてくれた!」とうれしくなったり、相手の考えをよい方向に導き、なにかの「気づき」が得られる質問です。

逆に、下手な質問は、悪い印象を与え、相手をネガティブな気持ちにさせます。要点があいまいで、相手が答えにくく、沈黙してしまう質問です。


うまい質問には、コツがあります。

  • どんな立場の誰にどんな質問をするのか、相手の立場を考える
  • 質問する目的を明確にする
  • 相手が答えやすい質問をする
  • 適切なタイミングを見計らって質問する


相手を尊重し、対等に認め合った関係性で、自分の意見や要望を伝えましょう。 相手を否定的にとらえたり、見下していては、対等な関係性とは言えません。

上から目線になるのではなく、相手の立場に立つことが大切なのです。

間接褒めは、絶大な効果がある

人に直接褒められるといい気分で、嬉しくなりますよね。

しかし、自分がいないところで、自分に対して褒めている話をたまたま聞いたとしたらどうでしょう。 より嬉しいのではないでしょうか。これが間接褒め効果です。


人は、直接言われたこと以上に小耳にはさんだことを信じる傾向があります。

誰かが自分のことを褒めているのを偶然耳にすると、褒め言葉の効果は何倍になるのです。逆に、批判的な言葉も何倍ものインパクトがあるので、くれぐれも注意をしてください。


間接褒めは、子どもに対しては、より絶大な効果を発揮します。

口調は、ささやくように、でも子どもにしっかり聞こえるように言います。 ただし、子どもに気づいていないふりをしましょう。たまたま話が聞こえたと子どもに信じさせることが肝心です。

  • 「今日、自分で食べたあと、ちゃんと洗ってたんだよ。びっくりだよ」
  • 「今日ね、あの子は私に言われなくても犬にエサをやったのよ!」
  • 「このまえ、食事に行ったとき、ちゃんとごちそうさまでしたって会計のとき言ったんだよ」


自分が良く言われているのを耳にすると、子どもの瞳と顔がぱっと輝きます。こっそり覗いてみてください。

子どもを褒める話をするときは、同じ内容の話を複数の人に話すと更に効果的です。 子どもは、何度も褒めているのを聞くと、本当に心からそう思っていると思い、とても嬉しくなるのです。

褒めることで、子どもは良いことを重ねてゆき、素晴らしい思いやりのある子どもに育つのです。


ぜひ、試してみてください。



以前ご紹介した記事も参考にしてみてください。

「間接褒めで、第三者を感謝させることで、好循環が生まれる」