RSS

名前を覚えるコツは、覚えるのではなく会話に名前を入れるだけ

人に好かれる一番簡単で、一番大切な方法は、相手の名前を覚え、相手に重要感を持たせることです。

自分の名前を覚えていてくれて、名前を呼んでくれることは、とても気分がいいものです。 つまらないお世辞を言われるよりも、とってもうれしいですし、コミュニケーション能力を高める効果があります。

なぜなら、「名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉」ですから。


パッとしない職場や趣味の集まりなどの雰囲気を明るくするには、人の名前を覚え、名前を呼びあうことです。 名前を覚えることは、職場においても、仲間内の集まりにおいても、基本中の基本なのです。

名前が覚えられないという人もいますが、それは、仕事の基礎、コミュニケーションの基礎ができていないことを告白しているようなものです。



相手の名前を覚えるコツをご紹介します。

  • おはようと一緒に名前を付ける
  • 別れるときに名前を呼ぶ
  • 名前を呼んで質問する
  • 名前がはっきり聞き取れない場合は、わかるまで聞く
  • 名前の漢字を聞く
  • 意識的に会話の中に、繰り返し相手の名前を入れる
  • 相手の顔や表情や姿など、イメージと名前を結び付ける


とにかく、名前を口に出すようにしましょう。

  • 「田中さん、おはようございます」
  • 「おはよう! 田中さん」
  • 「それでは、田中さん、お先に失礼します」
  • 「田中さん、今大丈夫ですか?」
  • 「え、田中さんらしいですね」


相手の名前を呼ばずにごまかしていませんか? これからは、そうゆうことはやめましょう。

とにかく、名前を口に出すようにするのです。 名前を呼んでもらうことはうれしいことなんです。
だから、遠慮せずにガンガン会話に名前を入れていいのです。


私は、下の名前を呼び捨てで呼ばれると、とてもうれしいです。 職場でも、田中さんや高橋さんなど、複数同じ名字の方がいるのであれば、積極的に下の名前で呼んであげましょう。


人の名前を覚える努力をするのではなく、名前を口に出すだけです。 名前を「覚えよう」とするのではなく、名前を「呼ぼう」と意識するようにしましょう。


参考: gogoGrandSmile: 名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉

名前とは、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉

自分の名前というものは、とても大事なものです。
人にとって最も心地よい音は、自分の名前なのです。


どんなにうるさい場所でも、自分の名前が呼ばれると、すぐに気づくことができます。

これを「カクテルパーティ効果」といいますが、音声情報を無意識に選択して聞き取る能力で、特に自分の名前に反応します。なぜなら、人は他人の名前には気にも留めませんが、自分の名前にはとても関心を持っているからです。

名前は、自分にとって最も快く、最も大切な響きを持つ言葉なのです。

自分の名前を呼んでもらうと気分が良くなるのは、自分の名前を聞いた時に、ある種の快感を脳が感じているからです。



逆に考えると、相手に対して名前を呼んであげることは、相手にとっても嬉しいことなのです。

  • 「おはよう!」 → 「渡辺さん、おはよう!」
  • 「すみません」 → 「佐藤さん、すみません」
  • 「はじめまして、よろしく!」 → 「高橋さん、はじめまして、よろしく!」


相手の名前を呼びかける行為は、親近感と信頼感を与えることができ、親密性が増すのです。 異性に対しても有効ですよね。



ここぞのところでも名前を入れてみましょう。会話でも、メールでも、LINEでもあらゆるコミュニケーションで有効です。

  • 「坂本さん、いかがでしょうか?」
  • 「ところで、野口さん、お忙しいところすみませんが」


名前を呼ばれると、心が動くことは事実です。尊重され、関わりを求められている感じがし、できる限り応じたい気持ちになるのです。



名前は、自分にとっても相手にとっても、最も快く、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れないようにしましょう。


参考: すぐに親しくなるには、ため口と相手の名前を効果的に混ぜて会話する

時間があるからこそ、あえて忙しくする

「もうすぐ連休だから、その時やればいいや」と思っていても、いざ連休になるとテレビを見たり昼寝をしたりして、ダラダラしてしまうことが往々にしてあります。

「明日は、自分だけ休暇で、子どもも学校だし、妻(夫)も会社だし、一人で自由な時間を使えるな」と思っていたら、結局、ダラダラのらりくらり過ごしてしまい、普段のほうが効率良かったりします。


私は、何度も何度も、上記のような経験をしてます。おそらく皆さんもそうだと思います。

人間というものは、今ある時間に応じて過ごしてしまうものなのです。すでに「パーキンソンの法則」という法則まで確立しているのですから。


パーキンソンの法則」の第1法則で、仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。とありますので、あえて締切時間を決めて忙しくする必要があるのです。

どんなに大きな冷蔵庫を買っても、必ず満杯になるんです。
どんなにHDDの容量が大きくても、データでいっぱいになってしまうんです。
どんなに時間があっても、何かしらで時間は無くなってしまうんです。


休暇だからこそ、時間があるからこそ、しっかり計画を立てて、ノルマを決めて確実に消化していきましょう。


逆に考えてみましょう。

今日は水曜日だとします。土日に写真の整理をすると決めていたのですが、突然、友達に旅行に誘われてしまいました。結局土日は旅行に行くことになったので、水曜日と木曜日に写真の整理をしました。

時間が無くなったおかげで、写真整理を前倒しにできたわけです。もしも土日にやろうと思っていたら、土曜日には明日があると言い訳し、日曜日になってもダラダラ過ごしてしまっていたかもしれません。

忙しいほうが上手くいくこともあるのです。



以前ご紹介した記事も参考にしてください。



時間があるからこそ「あえて、忙しく」です。



やりたいことより、やる価値があることをやる

やりたいこと」は、人それぞれたくさんあると思います。

  • 夜更かし
  • 朝寝坊
  • ゲーム
  • 整形
  • オリンピックで金メダルをとる
  • 親孝行
  • 世界一周旅行
  • etc

これらは、やりたいことには違いないのですが、実際今やりたいことかどうかは別なのです。 つまり、将来いつかはやりたいと思っていても、いますぐ自分の時間を犠牲にしてまでやりたいとは思っていないということです。


「やりたいか」「やりたくないか」で物事を選択でき、それに従って生きていけるかというと、世の中そう甘くはありません。 食べていくためには、家族を養っていくためには、やりたくないこともやらなければならないのです。

そもそも、どんなにやりたいと思っていることでも、やりたくないことも少なからず含まれているものです。

「やりたいか」「やりたくないか」の問題ではなく、「やる価値があるか」「やる価値がないか」の問題にするべきなのです。


やりたいことをやるためには、やりたくはないけど「やる価値があること」をやる必要があるわけです。

「やりたいからやる」という本能的な考え方を脱し、「やる価値があるかないか」で物事を判断すると、一段上の考え方ができます。


目標を立てたり、やりたい事を考える時は、それが「やる価値があるかないか」を一度考えてみてください。そうすれば、なぜやるのかが明確になり、モチベーションも維持でき、より目的を果たす事ができるようになります。

無駄なこともやらなくなり、自分の人生にとって、より有意義な選択ができるようになります。


やる価値があることをやる」です。

書評 『伝え方が9割』 佐々木圭一

『伝え方が9割』佐々木 圭一


とても有名なベストセラーですが「大したことないかな」と思いきや、絶対読むべき本でした。
ブログを書く上で、メールやLINEを打つ上で、恋愛で、必ず得をする書籍です。


まずは、著者の佐々木圭一さんですが、ものすごい人なんです。 プレステや爽健美茶などのコピーライターであり、Mr.Childrenや郷ひろみ等の作詞家でもあり、数々の賞も獲得されてます。


伝え方が9割』は、一言で言えば「言葉の公式集」です。

数学に公式があるように、伝え方にも言葉の選び方や順序の公式があるのです。 特に「強いコトバ」をつくる技術は即戦力になります。

エッセンスを列記しますが、本棚に置いておくべき本であり、決して、買って損はありません。



「イエス」に変える3つのステップ

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる


「お願い」は相手との共作なんです。 「ノー」を「イエス」に変える技術の答えは、相手の中にあります。


「イエス」に変える7つの切り口

  1. 相手の好きなこと
    「デートしてください」 → 「驚くほどうまいパスタどう?」

  2. 嫌いなこと回避
    「芝生にはいらないで」 → 「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます」

  3. 選択の自由
    「デートしてください」 → 「驚くほどうまいパスタの店と、石窯フォカッチャの店どちらがいい?」

  4. 認められたい欲
    「残業お願いできる?」 → 「君の企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」

  5. あなた限定
    「自治会のミーティングに来て」 → 「他の人が来なくても、斎藤さんだけは来てほしんです」

  6. チームワーク化
    「勉強しなさい」 → 「一緒に勉強しよう」

  7. 感謝
    「領収書をおとしてください」 → 「いつもありがとうございます。領収書をお願いできますか」


1つめの「相手の好きなこと」の切り口は、結構使えます。

飛行機から降りるときのアナウンスですが、「後方のお客さま、前のお客様が出られるまで、お席でお待ち下さい」といわれるのを「後方のお客様、お時間がかかってしまうので、ごゆっくり、お支度ください」に変えるのです。

気を使ってもらってサービスを受けた感じになり、マイナスの気持ちがプラスの気持ちに変化しますよね。


マックのポテトを注文したけど「4分ほどおまちいただけますか?」と言われるより「出来たてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか?」と言われたほうが「あ、出来たてが食べられる」と思い幸せですよね。

言い方一つでこれだけ変わってしまうのです。



「強いコトバ」をつくる5つの技術

  1. サプライズ法
    「そうだ 京都、行こう。」
    !など、適したサプライズワードをいれる

  2. ギャップ法
    「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。」
    正反対のワードを前半に入れる

  3. 赤裸裸法
    「くちびるが震えている。あなたが好き。」
    カラダの反応を想像し、赤裸々ワードを入れる

  4. リピート法
    「今日は暑い、暑い」
    繰り返し、聞き手の記憶にすり込む

  5. クライマックス法
    「ここだけの話ですが、私はカレーが好きです。」
    いきなり伝えたい話をせず、クライマックスワードから始める


ジェットコースターの原理と同じで、言葉に高低差をつけてあげれば、言葉にエネルギーが生まれるのです。


原則的に、人は長文を読みたくないものです。長文を読みたくさせるには、上記の強いコトバを使って文章にメリハリを付けるようにしましょう。 特にブログの記事のタイトルや導入部分に有効です。


『伝え方が9割』佐々木 圭一

おいしいものを食べるのではなく、おいしくものを食べる

おいしいものを食べる」と「おいしくものを食べる」は、とっても似ていますがまったく違うんです。

「おいしいものを食べる」は、外部に依存しますが、「おいしくものを食べる」は、自分自身の気持ちに依存します。



私たち日本人は、いつでも、どこでも、おいしくものが食べられる時代です。 しかし、特別においしいものを食べなくても、ふだん食べているものをおいしく食べることができれば、それはそれで幸せなことです。


スキーをしたあと、熱い温泉につかって疲れを癒やし、お風呂上がりに飲む冷えたお水は格別においしいですよね。単なる水ですが、とっても美味しく感じられるのです。

牛丼屋でも定食屋でも、好きな人といっしょに食べると、よりおいしく、より幸せに感じられます。

味わおう」と思って食べるだけでも、何も思わずに食べるよりは、より豊かに味を感じることができるのです。



「おいしいものを食べる」と「おいしくものを食べる」は、どちらも幸せになることには変わりないのですが、アプローチが異なります。

  • 「おいしいものを食べる」:外に求めるアプローチであり、現実を変える方法
  • 「おいしくものを食べる」:内に求めるアプローチであり、心を変える方法


現実を変えるためには、時間がかかることもあるし、不可能なこともあります。 「おいしくものを食べる」というように、今を幸せにする方法を選択することも重要なのです。


もっと楽しく幸せに生きられる方法があるにもかかわらず、なんとなく人生を過ごしていると、身近な幸せに気づくことができません。

おいしくものを食べる」というアプローチで、人生を骨の髄まで味わっていきましょう。

帰宅時間を自分で決められる仕事と決められない仕事がある事を知る

今の時代、共働きがあたりまえになってきましたね。

お父さんも残業で遅いですが、お母さんが夜遅く帰ってきて、それから子どものご飯を作る家庭が多くなってきたと思います。

夜遅くとは、夜8時や9時です。 子どもにとって夜9時からの夕ご飯は、かなり遅いですよね。


そんな母親を持つ子どもや夫からこんな声が聞こえてきます。

  • 「○○ちゃんのお母さんは早く帰ってこれるのに、なんで私のお母さんは遅いの?」
  • 「仕事と子どもとどっちが大事なんだ。決めた時間に帰ってこい」



時間の自由度の観点で、仕事は2種類に分類されます。

  • ある程度、自分で自由に時間を決められる仕事
  • 相手の都合で時間が決まってしまう仕事


例えば、 時間を自分で決められる仕事には、

  • ソフト開発(明日に仕事を回すことが可能)
  • 給食のおばちゃん(決まった時間に終わる)

給食のおばちゃんは、自分で自由に時間を決めることはできませんが、仕事時間が毎日決まっており、帰宅時間の予定を立てることができます。


相手の都合で時間が決まってしまう仕事には、

  • 救急医療(人の命に関わり、最優先事項)
  • 児童虐待予防訪問(訪問時間も相手次第、何かあったら対応が即必要)


ワークライフバランスをうまくコントロールできる仕事もあれば、どうしてもできない仕事もあるということです。

自分の仕事の尺度で物事を判断しがちですが、自分の仕事と同じだとは限らないのです。

共働きで、仕事と家事をうまくこなしてゆくには、子どもや夫に自分の仕事内容について十分理解してもらう必要があります

ただ、自分の仕事を正しく話すことはかなり難しいですよね。 なぜなら、その仕事に慣れてしまって当たり前だと思っていることや、愚痴に聞こえるようなことはなかなか話さないからです。

では、どうすれば良いのか? 簡単です。お友達と飲み会をしましょう。


仲の良いお友達に愚痴をこぼしたり、つらい仕事内容を聞いてもらうのです。

そして、そのお友達に、子どもや夫に対してお母さんがどれだけ大変な仕事なのか、なぜ時間をコントロールできないのか、わかりやすくさとしてもらうのです。

そのお友達は、自分と畑違いの仕事をしている方がよりよいです。自分で当たり前だと思っていることも、外からみると全く普通ではないことだったり、ものすごいスキルだったりするからです。



子どもや夫に、しっかりと仕事内容について理解してもらえれば、少しは協力してくれるようになるでしょう。

早く帰る日をあらかじめ決めておくのではなく、夫婦で夕方5時頃に連絡を取り合い、今日は早く帰れるのか遅くなるかを確認し、遅い場合は夫が早く帰るなど、より柔軟な対応で協力できるようになります。


見れば分かる理解もあります。それは病気のときです。
家族が高熱で寝込んだ時を思い出してみてください。普段と接し方が全く違うはずです。



相手を知ることによって相手の境遇や気持ちがわかり、より優しくなれるのです。

「どうしてできないの?、どうしてこのような行動をするの?」という疑問はなくなります。 行動や言動の根元を理解しているから「どうして、なんで」がわかり、気持ちを共感して寄り添えることができるのです。


相手を知ると、必ず気持ちは変わります。

それが、思いやりなんです。